スポーツ用サポーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スポーツ用サポーター(スポーツようサポーター)はスポーツの際に着用されるサポーターで、特定の体の部分を保護するという機能、テーピング効果をもたらす機能、体の局部が露出するのを防止する機能があると考えられる。

特定の体の部分を保護する機能[編集]

特定の体の部分を保護する機能は、冷えや衝撃からの保護が考えられる。

関節部の保護[編集]

まず、関節部を冷えや衝撃から保護する場合がある。これは、の保護、の保護、手首の保護、ももの保護、の保護、足首の保護、の保護、手のひらの保護、ふくらはぎの保護である。これらは、サポーターを関節部につけることによって、冷えやすい関節部を覆い熱の放出を防止することができ、あるいは関節部を覆うことで球技などにおけるボールなどの衝撃体からの衝撃を吸収され怪我を緩和することができる。あるいは、既に怪我をしている場合に、関節を固定したり包帯テーピングの代わりに傷害部を圧迫・固定することに用いることもできる。

この場合のサポーターの材質としては、ナイロンアクリルポリウレタンである場合が多く、伸縮性に富む素材が用いられる。

つま先部の保護[編集]

あるいは、足裏のつま先部を衝撃から保護する場合がある。剣道競技に多く用いられ、この場合の材質としてはコットンレーヨンといった柔らかい素材が用いられる。

睾丸部の保護[編集]

次に、男性の睾丸を衝撃から保護する場合がある。この場合のサポーターは、特にアンダーサポーター、局部保護サポーターと呼ばれる。

これには、各種競技に用途が限定された場合(相撲用、ベースボール、武道格闘技)と用途の限定されない場合(一般競技用)がある。

一般競技用[編集]

一般競技用サポーターは、腰ベルト部分が太く7センチ前後とられズレ落ちにくく設計され、股間を大きく覆うように三角形に膨らみを持たせた形態の布が股下に伸び、その布が、左右の腰の横の部分から伸びた2本のベルト状の伸縮素材が、お尻の部分を両側から持ち上げるような形で、股間の布部分とつながれている。

一般競技用場合の布質は、熱を蓄積しやすい睾丸・陰茎部分を、不快な蒸れから守るために、熱を放出しやすいコットン素材が用いられている点が、関節を冷えから保護する場合のサポーターと対照的であり、特徴的である。

相撲用[編集]

相撲用サポーターは、一般用サポーターに近い形をしているものの、少し形態を異にする。このサポーターは、腰ベルトや前部分の股間の布は一般競技用と共通するが、一般競技用の後ろ側の2本のベルトでなく、一本のある程度の太さを持ったベルトが尻の谷を辿るように、ベルトの背中部分とつながれている。この場合の布質も、一般競技用と同様、熱を蓄積しやすい睾丸・陰茎部分を、不快な蒸れから守るために、熱を放出しやすいコットン素材が用いられている。これは、体の局部が露出するのを防止する機能も持っている。[1]

野球用・武道・格闘技用[編集]

野球用・武道・格闘技用サポーターでは、高速なボールや、打撃などによる強い衝撃が睾丸に加えられる可能性があるため、睾丸部分を特に硬質ポリエチレン性のファウルカップと呼ばれるカップをつける場合がある。このカップは、前面から見ると逆二等辺三角形で、睾丸にあたる部分が丸みを帯びた膨らみがもたれ、その上部に陰茎を収納する余裕を持たせた程度の平面部がある。なお、このカップには、熱を放出するために数箇所の空気孔が設けられ、睾丸・陰茎の蒸れを防いでいる。このカップは、一般競技用に似た形のアンダーサポーターに、装着することで用いられる。

この場合のアンダーサポーターは、カップの重さを支えるためにベルトが10センチ程度と太めになっている。カップはアンダーサポーターのベルト部分に直接ボタンで装着する場合と、ナイロンネットを素材とするアンダーサポーターの股間部分の内側にカップを収納する場合がある。

肌の保護[編集]

さらに、衝撃ではなく、相撲のまわしが硬い場合に、直接肌に触れることで肌に擦過傷をもたらすことを防ぐ目的で、肌の保護をするという場合がある。

これは、硬いまわしが会陰部や臀部・睾丸・陰茎の肌に擦れる痛みが生じることがないように、まわしが肌と触れる部分がちょうどサポーターで覆われるような形態となっている。このような機能からも、素材はコットンが用いられている。

テーピング効果をもたらす機能[編集]

傷害を負った部分を覆うことで衝撃から保護するという機能のほかに、特に筋肉・靭帯・腱などの可動部を伸縮性のある素材で、固定することで、その部分が適切な範囲で動くことが出来るようにすることで、包帯の代用をするものである。

このように固定させつつも動きを許すことで、怪我の予防や、リハビリをすることを可能とする。あるいは、強くサポーターを装着することで、応急措置をも可能とする。

体の局部が露出するのを防止する機能[編集]

スポーツ用の下着に相当する。性的羞恥心を気にせずにスポーツが出来るようにする機能がある。ただし、衣装によってはどうしてもこれが露出してしまい、この理由で性的羞恥心を生じてしまう場合は着用しない場合がある。

水泳競技用[編集]

これは主に水泳競技や体育授業スクール水着)、水遊び時など水着着用時のサポーターが持つ機能である。「水着用インナー」や「スイムインナー」などメーカーによって様々な呼び方がある。

小学校高学年頃(女子に関しては3歳頃-小学校中学年頃も[2]。)以降向けの場合、身体に水着だけを装着していた場合、水着の種類や体格などによっては水着が脱げたり、股下丈の短い・無い水着着用の場合は股部がずれて陰部が見えたり、男性サーフ型を着用場合は姿勢などによって陰部が見える場合がありうる。水着着用者の陰部が見えることにより、水着着用者自身が性的羞恥心を覚えるのは勿論、時にはそれを見た者に精神的不快を生じさせたりする場合もあり、不適当である。このようなことを防止するために、水着着用者がサポータを水着の下に着けることで、陰部の露出を防止することができる。 あるいは、たとえ、水着が脱げなかったとしても、陰部を目立たなくするという機能ももっている。特に競泳では、水流に対して低抵抗素材が用いられるために、水着は薄手で身体への密着性を持つ素材が多い。また、低抵抗を目指す場合、水着の部分を可能な限り少なくするというべきだとの考え方から、腰の部分を可能な限り細くし、股間部分の布面積を可能な限り少なくする設計を持つ場合がある。このような場合、男女の陰部・女性のヒップのふくらみや凹凸が間接的に透けて見えてしまうために、陰部を露出したのと同じ程度に、競技者自身が性的羞恥心を覚える場合がある。これを防止するために、競技者がサポーターを水着の下に着けることで、男女の陰部・女性のヒップのふくらみや凹凸が目立つ度合いを少なくすることが出来る。これは、競技以外で水着着用時でも水着の種類や体格によっては男女の陰部・女性のヒップのふくらみや凹凸が間接的に透けて見えてしまうために、サポーターを水着の下に着けることで、男女の陰部・女性のヒップを目立たなくすることが出来る。また、女性の場合は胸ポチにならないようにする目的もある。 このようなサポーターは、男女で水着の形態が異なるのに対応して、サポーターも男女で形態を異にしている。

水着の種類によってはサポーターが水着に縫い付けられている場合もある。

日本マスターズ水泳協会の国内規定では4-1でこれの着用は認められているが、国際水泳連盟主催・公認大会の競泳大会では2010年のルール改正で着用できなくなった[3]

乳幼児用サポーター[編集]

0-3歳頃の乳幼児男女には、乳幼児用の水泳用アンダーサポーター[4]が用いられ、突然の排便や冷え対策の為に着用される。素材は綿ナイロンが用いられている。

男性用サポーター[編集]

小学校高学年頃以降に着用する男性用の水泳用アンダーサポーターは、男性用であってもスポーツパンティー・スポーツショーツ(メーカーによって呼び方が異なり、メーカーによっては他の呼び方をする場合もある)と呼ばれる場合もあるように、外観は女性用下着であるショーツに似た形態をしている。主に白色または黒色で一部は柄物[5]もあり、素材はポリエステルポリウレタン・ナイロンが用いられている。伸縮性があるために、脱げにくく、あるいは陰部を押さえつけることができ、膨らみを目立たなくすることが出来る。

男性用水泳アンダーサポーターは、水着の形態にも対応して、腰の部分を細くし股繰りを上部に切り込んだハイカットの形態やボクサーブリーフのような形状のものなどが設計されている[5][6]

サイズ展開はウエストサイズで区分されている。

女性用サポーター[編集]

小学校高学年頃以降に着用する(3歳頃-小学校中学年頃も着用する場合がある[2])女性用の水泳用アンダーサポーターは、上半身用と下半身用のセパレート・タイプと全身用のボディスーツ・タイプがある。

上半身用[編集]

バストパッド(メーカーによっては他の呼び方をする場合もある)とも呼ばれるように、胸を覆う形態である。素材はポリエステルが用いられる。ブラジャーの形態と、パッドを女性用水着の内側に縫い付けたり差し込んで装着する場合がある。このようにパッドを水着の内側に装着することで、胸ポチにならないようにすることができる。なお、パッドには厚さ等に関係なく、乳房が水着の伸縮力に押しつぶされないよう形状を整える効果があるため、水泳競技の際には乳房による水流抵抗を増加させてしまうこととなる。そのため、競技の際にパッドを着用することは一般的には行われていない。

なお、このバストパッドのサイズは、S・M・Lのようなサイズ形式で示されることが多く、下着のブラジャーのサイズの様にアンダーバスト(65, 70, …)とカップの大きさ(A, B, …)で厳密に示されてはいない。但し、一部のバストアップ機能を強化したパッドの場合には、乳房とカップの大きさがマッチしなければ本来のバストアップ効果を得られないため、カップの大きさによりサイズが表示されている。

この他バストパッドの他にヌーブラ・ビーチやニプレスを着用する場合もある。

下半身用[編集]

スポーツアンダーショーツと呼ばれるように、女性用下着のショーツと似た形態である。スイムショーツやスイムパンティー、スイムガードル(メーカーによって呼び方が異なり、メーカーによっては他の呼び方をする場合もある)と呼ぶ場合もある。色は主にベージュや黒色で、一部メーカーは柄物[5]などもある。これは下着のショーツに近いことから、デザイン性を考慮したと共に、白であると汚れが目立ってしまうということを考慮されているものである。男性とは異なり、女性は陰部から下り物経血などが排出されることがあり、陰部に密着させるサポーターは汚れやすいといえる。仮に白であれば、粘性の高い下り物・経血などがサポーターに付着すると、洗浄しても落ちにくくなってしまう。

また、このようなデリケートな陰部に密着させることから、素材はポリエステル・ナイロンのみならず、コットンも用いられている。つまり、陰部に密着する部分をコットンにすることで、デリケートな陰部に不快を生じさせないようにし、あるいは陰部から排出される粘性の高い下り物・経血などがポリエステルに付着するのを防止することができる。女性用のサポーターは男性用と異なって伸縮性のあるポリプロピレンを用いていない。仮に伸縮性素材を用いれば、陰部が圧迫され、陰部の膨らみが強調され食い込みが生じやすくなり、陰部にも不快を生じさせ、ヒップの膨らみも強調される。そこで、伸縮素材ではなく、かつ撥水性のあるに留まるポリエステルを用いている。

なお、女性用アンダーショーツも、男性用と同様、水着の形態にも対応して、腰の部分を細くし股繰りを上部に切り込んだハイカットの形態やボーイレッグTバック(Tバックの場合はヒップの膨らみを抑えられない)のような形状のものなどが設計されている[5][7]

サイズ展開はジュニアショーツや婦人用ショーツと同様にヒップサイズで区分(3歳頃-小学校中学年頃向けは女児用と同じく身長で区分[2])されている。

相撲用サポーター[編集]

また、前述のように相撲用サポーターは、睾丸を衝撃から保護する機能を有しているが、同時に陰部の露出も防いでいる機能をも有すると考えられる。

相撲競技の際には、まわししか身に着けない場合がある。相撲は相手方のまわしをつかんで相手方の姿勢を崩そうとすることがあるために、まわしの着け方が不十分であると外れてしまう場合がある。まわしがはずれてしまうと、陰部が露出してしまう。これでは、競技者自身のプライバシーや、それを見た者に精神的不快を生じさせたりする場合もあり、善良の風俗が害されてしまう。

そこで、まわしの下に相撲用サポーターを着けることで、たとえまわしが外れても陰部が露出することがないようにすることができる。

水泳や相撲以外[編集]

水着以外でも、ユニフォームトレーニングウェア体操着レオタードなどで用いられる場合が多い。この場合は、単に水泳競技用サポーターを転用するのではなく、一般競技用のアンダーショーツサポーターがある。

男性用サポーター[編集]

これは睾丸を衝撃から防止するアンダーサポーターの形態とは異なり水泳用のスポーツショーツの形態と同じであるが、素材は水泳用の素材とは異なりコットン・レーヨン・ポリエステルが用いられている。

陸上用ランニングパンツは、足を動かしやすいように足繰り部分がかなり広く開けられている。このために、ランニングパンツの下に穿く下着の形態によっては、陰部がはみ出し外部に露出したりする可能性がある。あるいは、ランニングパンツの下に穿いている下着を見られる可能性もある。これでは、競技者自身の性的羞恥心や、それを見た者に精神的不快を生じさせたりする場合もあり、善良の風俗が害されてしまう。

そこで、ランニングパンツの下にアンダーサポーターを穿くことで、陰部や下着の露出を防ぐことが出来る。これらは、コットン・レーヨン・ポリエステルの素材が用いられている。熱を蓄積しやすい睾丸・陰茎部分を、不快な蒸れから守るために、熱を放出しやすく透過性を持たせ、また汗が乾きやすい素材を用いている。

女性用サポーター[編集]

上半身用[編集]

レオタードにはファンデーショントップ、それ以外はスポーツブラジャースポーツブラ)が用いられることが多い。陸上用などのランニングシャツは脇繰り部分が広く開けられている。このために、ランニングシャツの下に着けるブラジャーの形態によっては、ブラジャーがずり落ちたりして乳房や乳首が露出されてしまう可能性がある。たとえ、そのようなことがなかったとしても、胸ポチになったり、下着が露出または衣装から透き出てしまう可能性がある。これでは、競技者自身の性的羞恥心や、それを見た者に精神的不快を生じさせたりする場合もあり、善良の風俗が害されてしまう。

そこで、ランニングシャツの下に、ずり落ちにくいスポーツブラジャーを着けることで、乳房や乳首の露出を防ぐことができる。あるいは、女性の嗜好に沿ったデザインを反映した下着としてのブラジャーが見られるよりも、そのような嗜好やデザイン性を排除されたサポーターとしてのスポーツブラジャーを着ける方が、性的羞恥心や精神的感情・善良の風俗を害する度合いが低いといえる。

このようなスポーツブラジャーは、サポーターと同様にスポーツ用に製品化されており、その素材はコットン・ポリエステルの素材が用いられている。コットンは、デリケートな乳房部や乳首に接触する部分に用いられ、ポリエステルはそれ以外の部分に用いられている。乳房部の谷間や、乳房部とその下の谷のアンダーバストの部分には女性は特に汗をためやすい。この部分に熱を調整しやすく乾きやすい素材を用いて、通気性を良くし、メッシュを施すなどして競技者を不快に感じさせないように設計されている。メーカーによっては思春期の女性に適用したジュニア用のスポーツブラ[8]・体育ブラ[9]もある。

下半身用[編集]

レオタードはレオタードショーツを穿くが、それ以外の女性用ショーツサポーターはあまり一般的ではない。これは、男性が陰部がはみ出し外部に露出してしまう可能性が高いのに対し、女性器は、たとえランニングパンツの股繰り部分が広く開けられていても、はみ出したり露出しにくいことが原因として考えられる。また、女性用陸上ショーツサポーターをスポーツ用に製品化するよりも、それに代替されるような機能を有する下着としてのショーツが優れていることも考えられる。たとえ、スポーツ用に陸上用ショーツサポーターを製品化しても熱を調整しやすく汗の乾きやすい素材であるからには、通常の下着としてのショーツやサニタリーショーツ月経(生理)時に使う専用のショーツ)に近い形態となると考えられることから無意味であると考えられるからである。

競技内容・競技者の年齢によるサポーターの必要性の違い[編集]

以上のような機能からみると、競技者にサポーターが必要ない場合がありうる。特定の体の部分を保護するという機能や、テーピング効果をもたらす機能は、競技者の年齢にかかわらず必要不必要が判断されることになろう。なぜなら、年齢にかかわらず、体の部分を保護する必要性があることには変わりは無いし、年齢が低ければ低いほど身体は脆弱でありその分保護の必要性は高まるからである。

しかし、サポーターの持つ体の局部が露出するのを防止する機能は、衣服の種類や競技者の年齢・体格などによっては不必要な場合がありうる。例えば、水着の場合、0-3歳頃はサポーターが着用されるが、3歳頃から小学校高学年頃までだと、女性上半身用サポーターは女子の乳房が一定以上発達しておらず、胸当て裏布のみで胸ポチが見えることを防ぐことができるため不要となり、男性用サポーター・女性用下半身サポーターは男女の陰部・女子のヒップが発達していないことから股布のみで間接的に陰部を防ぐことができ、股部がずれて陰部の露出の可能性が低いために不要となる(女子はこの間でもサポーターを着用する場合がある[2])。小学校高学年頃以降になると女子の乳房が一定以上発達し、男女とも陰部・女子のヒップも発達し始めることから着用し始める[10]者が多くなる。ただし、水着の種類によっては女子の乳房・女子のヒップ・男女の陰部が一定以上発達してもサポーターが不要な場合もあり、国際水泳連盟主催・公認大会の競泳大会など水泳競技によってはサポーターの着用が禁止されている場合もある。

もっとも、競技が相撲であれば、たとえ思春期前の場合であってもサポーターによって露出を保護する必要性もあろう。なぜなら、相撲競技の際にまわしがとれてしまえば、たとえ陰部が未発達であっても、それらは露出してしまうのであり、児童のプライバシーや善良の風俗が害される可能性があるからである。

脚注[編集]

  1. ^ D&M相撲用サポーター
  2. ^ a b c d LOVE ACTION MARKET・キッズ用・水着素材のインナーショーツのようにメーカーによっては小学校中学年頃以下の女子でも対応している場合がある
  3. ^ 日本マスターズ水泳協会・水着の取り扱いについて
  4. ^ フットマークアンダーパンツ(ベビー水着の下にはくタイプ)
  5. ^ a b c d 三愛三愛水着楽園/ショーツ・パッド)など
  6. ^ フットマーク男性水着用インナー
  7. ^ フットマーク女性水着用インナー
  8. ^ ワコールフェアリーティアラ・スポーツインナー)の場合STEP1(思春期初来から初経の1年以上前)に対応したスポーツブラジャーが無い(STEP1は運動時、バストが激しく揺れる心配が無く、ブラジャーがずり落ちたりして乳房や乳首が露出されてしまう可能性も少ない関係で、運動時でも通常のSTEP1のブラジャーの着用で問題が無い為)。
  9. ^ グンゼピエクレール・体育ブラ )など
  10. ^ フットマーク【スイムサポーター 男子用】水着の下に着用するインナー。アンダーヘアーなどが気になる高学年からお使いいただけるS-5L展開。【女子スクール水着用 スイムガードル】アンダーヘアや体形が気になってくる高学年女子からお使いいただけます。