ジョルジュ・サンピエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・サンピエール
Georges St-Pierre.jpg
基本情報
本名 ジョルジュ・サン=ピエール
(Georges St-Pierre)
通称 GSP
ラッシュ (Rush)
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 1981年5月19日(33歳)
出身地 ケベック州サンティジドール
所属 TKOマネージメント
BTTカナダ
トリスタージム/ジャクソンズMMA
身長 180cm
体重 77kg
リーチ 193cm
階級 ウェルター級
スタイル 空手レスリングブラジリアン柔術
テンプレートを表示
2007年

ジョルジュ・サンピエールGeorges St-Pierre、男性、1981年5月19日 - )は、カナダ総合格闘家フランス系カナダ人。ケベック州サンティジドール出身。トリスタージム/ジャクソンズMMA所属。第6、8代UFC世界ウェルター級王者。極真空手三段。士道館空手黒帯。ブラジリアン柔術黒帯。英語読みでジョージ・セントピエールとも。

名前の頭文字をとって「GSP」とも呼ばれる。爆発的な攻撃力から「ラッシュ」の異名を持つ。総合格闘技のパウンド・フォー・パウンド最強の候補として名前が挙がっている。

来歴[編集]

治安の悪い街サンティジドールに生まれ、幼い頃はイジメに遭ったり、小遣いや服を盗まれたりした。護身のために7歳の時に極真空手を学び始めた[1]。空手の先生が死去した後、ブラジリアン柔術ボクシングレスリングなど様々な格闘技を学んだ。プロ総合格闘家になる前は、モントリオールのクラブで門番の仕事をしていた。

2002年1月25日、プロデビュー戦となったUCC 7アイヴァン・メンジバーと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2002年6月15日、UCC 10のウェルター級タイトルマッチでジャスティン・ブルックマンと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め王座を獲得した。

2002年10月11日、UCC 11のウェルター級タイトルマッチでトラヴィス・ガルブレイスと対戦。サイドポジションから相手の後頭部をマットに叩き付け肘打ちでTKO勝ち。初防衛に成功した。

UFC[編集]

2004年1月31日、UFC初参戦となったUFC 46カロ・パリジャンと対戦し、判定勝ち。

2004年10月22日、UFC 50の世界ウェルター級王座決定戦でマット・ヒューズと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け。キャリア8戦目で初黒星を喫した。

2005年4月16日、UFC 52ジェイソン・"メイヘム"・ミラーに判定勝ち。8月20日のUFC 54ではフランク・トリッグにチョークスリーパーで一本勝ち、11月19日のUFC 56ではショーン・シャークからパウンドでTKO勝ちを収めた。

2006年3月4日のUFC 58ではUFC世界ウェルター級王座挑戦者決定戦でBJ・ペンと対戦。激闘の末に2-1の判定で下し、マット・ヒューズとのタイトルマッチでの再戦が決定。

2006年11月18日、UFC 65のUFC世界ウェルター級タイトルマッチにて、王者マット・ヒューズのタックルを完封して打撃で圧倒し、最後は左ハイキックからパウンドを打ち込みTKO勝ち。リベンジに成功すると共に第6代UFC世界ウェルター級王者となった。

2007年4月7日、UFC 69で初防衛戦としてマット・セラと対戦し、TKO負けにより王座陥落。この試合は後にUFC史上最大の番狂わせの一つと言われた[2]

2007年8月25日のUFC 74ではジョシュ・コスチェックと対戦し、判定勝ち。

2007年12月29日のUFC 79ではUFC世界ウェルター級暫定王者決定戦でマット・ヒューズラバーマッチを行なう。序盤にクリンチワークからの大外刈りでヒューズからテイクダウンを取り主導権を握ると、終始一方的に攻め、ヒューズにほとんど何もさせないまま、最後は腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2008年4月19日、GSPの故郷モントリオールで開催されたUFC 83のUFCウェルター級王座統一戦でマット・セラと再戦し、グラウンドでのボディへの膝蹴りによりTKO勝ち。リベンジで王座統一を果たし第8代UFC世界ウェルター級王者となった。続く8月9日のUFC 87ではジョン・フィッチを終始圧倒し続けて5R判定勝ちで初防衛に成功。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

夏から秋にかけてブラジルのグレイシー・バッハ本部に出稽古に行きブラジリアン柔術黒帯を授与された[3]

2009年1月31日、UFC 94の2度目の防衛戦で、ライト級王者BJ・ペンと再戦。「世紀の一戦」「MMAのパウンド・フォー・パウンド最強王者決定戦」と評されたこの試合で得意のテイクダウン技術で優位なポジショニングを取り、パウンドの連打によりダメージを蓄積させ、4R終了時にコーナーストップでTKO勝ち。2度目の王座防衛に成功した。7月11日にはUFC 100チアゴ・アウベスと対戦、テイクダウンを奪い続けての判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

2010年3月27日、UFC 111の4度目の防衛戦でダン・ハーディーと対戦し、3-0の判定勝ちで4度目の防衛に成功した[4]

2010年9月から放送されたリアリティ番組The Ultimate Fighter 12でコーチを務め、相手チームのコーチであったジョシュ・コスチェックと因縁を作った。12月11日、地元・カナダで開催されたUFC 124の5度目の防衛戦でコスチェックと3年3か月ぶりに再戦し、3-0の判定勝ちで5度目の防衛に成功した[5]。この試合はファイト・オブ・ザ・ナイトに選出された。

2011年4月30日、GSPの地元モントリオールにて、UFC史上最大のイベントUFC129(5万5000人来場)で元Strikeforceミドル級王者ジェイク・シールズと対戦。3-0の判定勝ちを収めた。6度目の王座防衛に成功し、マット・ヒューズの持っていた最多防衛記録を更新した。

2012年2月4日のUFC 143ニック・ディアスとタイトルマッチを行う予定であったが、2011年12月7日、右膝の前十字靭帯を負傷し、欠場することが発表された[6]。10月29日のUFC 137でも試合をする予定であったが、同じく膝の怪我で欠場している[7]

2012年11月17日、母国カナダにて開催されたUFC 154で暫定王者カーロス・コンディットと王座統一戦を行う。怪我明けの1年7ヶ月ぶりの試合であったが、判定勝ちで王座統一に成功。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後にはアンデウソン・シウバとのスーパーファイトについて聞かれたが「まず休んでから考えて、正しい判断をしたい」と慎重な姿勢を示した[8]

2013年3月16日、母国カナダにて開催されたUFC 158で以前から度々挑発されてきたウェルター級ランキング3位のニック・ディアスと王座を賭けて対戦。判定勝ちを収め8度目の王座防衛に成功した。

2013年11月16日、UFC 167でウェルター級ランキング1位のジョニー・ヘンドリックスと対戦し、僅差の判定勝ちを収め9度目の王座防衛に成功。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後のマイクアピールでは「今までありがとう」と引退を示唆するような発言をした。

2013年12月13日、記者会見を開き、ウェルター級王座の返上と休養を表明。「いつか必ず戻ってくる」と語った[9]。後に休養の理由の一つに強迫性障害であった事を挙げている[10]

2014年3月28日、復帰に向けてトレーニングをしていた最中に今度は左膝の前十字靭帯を負傷した事を発表[11]

ファイトスタイル[編集]

Rush(ラッシュ)の異名通りの爆発的な攻撃力に加えて、テイクダウン寝技打撃、全てにおいて優れており、あらゆる局面において強さをみせる。またそれらの技術を総合仕様に上手くアレンジして利用する柔軟性も彼の持ち味であり、ダナ・ホワイトに「総合格闘技の歴史を10年早めた」と言わしめた[12]。また、極真空手出身でありながら、北京オリンピック2012年夏季のロンドンオリンピックにレスリングでの出場を目指そうとするほど優れたテイクダウン技術を持っている。

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
25 8 5 12 0 0 0
2 1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ジョニー・ヘンドリックス 5分5R終了 判定2-1 UFC 167: St-Pierre vs. Hendricks
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2013年11月16日
ニック・ディアス 5分5R終了 判定3-0 UFC 158: St-Pierre vs. Diaz
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2013年03月16日
カーロス・コンディット 5分5R終了 判定3-0 UFC 154: St-Pierre vs. Condit
【UFC世界ウェルター級王座統一戦】
2012年11月17日
ジェイク・シールズ 5分5R終了 判定3-0 UFC 129: St-Pierre vs. Shields
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2011年4月30日
ジョシュ・コスチェック 5分5R終了 判定3-0 UFC 124: St-Pierre vs. Koscheck 2
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2010年12月11日
ダン・ハーディー 5分5R終了 判定3-0 UFC 111: St-Pierre vs. Hardy
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2010年3月27日
チアゴ・アウベス 5分5R終了 判定3-0 UFC 100
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2009年7月11日
BJ・ペン 4R終了時 TKO(コーナーストップ) UFC 94: St-Pierre vs. Penn 2
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2009年1月31日
ジョン・フィッチ 5分5R終了 判定3-0 UFC 87: Seek and Destroy
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2008年8月9日
マット・セラ 2R 4:45 TKO(ボディへの膝蹴り) UFC 83: Serra vs. St-Pierre 2
【UFC世界ウェルター級王座統一戦】
2008年4月19日
マット・ヒューズ 2R 4:54 腕ひしぎ十字固め UFC 79: Nemesis
【UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦】
2007年12月29日
ジョシュ・コスチェック 5分3R終了 判定3-0 UFC 74: Respect 2007年8月25日
× マット・セラ 1R 3:25 TKO(右フック→パウンド) UFC 69: Shootout
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2007年4月7日
マット・ヒューズ 2R 1:25 TKO(左ハイキック→パウンド) UFC 65: Bad Intentions
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2006年11月18日
BJ・ペン 5分3R終了 判定2-1 UFC 58: USA vs. Canada 2006年3月4日
ショーン・シャーク 2R 2:53 TKO(パウンド) UFC 56: Full Force 2005年11月19日
フランク・トリッグ 1R 4:09 チョークスリーパー UFC 54: Boiling Point 2005年8月20日
ジェイソン・"メイヘム"・ミラー 5分3R終了 判定3-0 UFC 52: Couture vs. Liddell 2 2005年4月16日
デイブ・ストラッサー 1R 1:52 チキンウィングアームロック TKO 19: Rage 2005年1月29日
× マット・ヒューズ 1R 4:59 腕ひしぎ十字固め UFC 50: The War of '04
【UFC世界ウェルター級王座決定戦】
2004年10月22日
ジェイ・ヒエロン 1R 1:42 TKO(パウンド) UFC 48: Payback 2004年6月19日
カロ・パリジャン 5分3R終了 判定3-0 UFC 46: Supernatural 2004年1月31日
ピート・スプラット 1R 3:40 チョークスリーパー TKO 14: Road Warriors 2003年11月29日
トーマス・デニー 2R 4:45 TKO(カット) UCC 12: Adrenaline 2003年1月25日
トラヴィス・ガルブレイス 1R 2:03 TKO(肘打ち) UCC 11: The Next Level
【UCCウェルター級タイトルマッチ】
2002年10月11日
ジャスティン・ブルックマン 1R 3:23 腕ひしぎ十字固め UCC 10: Battle for the Belts 2002
【UCCウェルター級タイトルマッチ】
2002年6月15日
アイヴァン・メンジバー 1R 4:50 TKO(パウンド) UCC 7: Bad Boyz 2002年1月25日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× レオナルド・サントス 腕ひしぎ十字固め ADCC 2005
【77kg未満級 2回戦】
2005年5月28日
オットー・オルソン ポイント ADCC 2005
【77kg未満級 1回戦】
2005年5月28日

獲得タイトル[編集]

  • UCCウェルター級王座(2002年)
  • 第6代UFC世界ウェルター級王座(2006年)
  • UFC世界ウェルター級暫定王座(2007年)
  • 第8代UFC世界ウェルター級王座(2008年)

出演[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 湯浅亮「ジョルジュ・サンピエール オクタゴンで五味を待つ」 『ゴング格闘技』、日本スポーツ出版社、2007年4月号、p.47
  2. ^ UFC 83公式サイト・冒頭部のナレーション
  3. ^ 最近のニュースをまとめて! ブラジリアン柔術ニュースブログ ブラジルブログ 2008年10月26日
  4. ^ 【UFC111】GSP、強すぎるが故に消化不良?王座防衛 MMAPLANET 2010年3月28日
  5. ^ 【UFC124】GSPが防衛成功、敗者いたわる余裕も MMAPLANET 2010年12月12日
  6. ^ GSP blown acl will be out for 10 mos. Now Condit vs Diaz for the interim welterweight title on Feb 4th in Las Vegas!! ダナ・ホワイトtwitter 2011年12月7日
  7. ^ UFC champ St-Pierre out of UFC 137 with injury, Diaz vs. Penn named new headliner MMA junkie.com 2011年10月18日
  8. ^ サンピエールV8!復帰戦を飾る/UFC nikkansports.com 2012年11月18日
  9. ^ It’s official: Georges St-Pierre vacating UFC welterweight title MMA JUNKIE 2013年12月13日
  10. ^ Revealed! Georges St-Pierre says battle with obsessive compulsive disorder (OCD) reason behind UFC leave MMA MANIA 2014年2月26日
  11. ^ Georges St-Pierre announces ACL tear, potential UFC return date delayed MMA JUNKIE 2014年3月27日
  12. ^ kamipro誌内でサンピエールを紹介する時に必ずと言っていいほどこのエピソードが紹介される
  13. ^ 「俺は宇宙人に記憶を消されている」GSPの未知との遭遇■MMA Unleashed Dropkick 2013年6月23日
  14. ^ GSP voted CDN athlete of the year Sportsnet.ca 2008年12月22日
  15. ^ The Sunday Morning Rumor Mill MiddleEasy.com 2011年5月22日
  16. ^ Is Georges St-Pierre scared of being abducted by aliens? Florian says yes! UNDER GROUND 2012年5月7日
  17. ^ Quote of the Day: Georges St. Pierre Loves Dinosaurs More Than Sports Bloody Elbow 2010年10月19日
  18. ^ Silva fight will happen on my terms, not his MMA Fighting 2012年11月26日
  19. ^ Georges St-Pierre on UFC's lack of drug testing support: 'It bothered me enormously' MMAFighting 2014年1月14日

映像資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マット・ヒューズ
第6代UFC世界ウェルター級王者

2006年11月18日 - 2007年4月7日

次王者
マット・セラ
前王者
王座新設
UFC世界ウェルター級暫定王者

2007年12月29日 - 2008年4月19日

次王者
王座廃止
前王者
マット・セラ
第8代UFC世界ウェルター級王者

2008年4月19日 - 2013年12月13日(返上)

次王者
ジョニー・ヘンドリックス