アンソニー・ジョンソン (格闘家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・ジョンソン
基本情報
本名 アンソニー・ケウォア・ジョンソン
(Anthony Kewoa Johnson)
通称 ランブル (Rumble)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1984年3月6日(30歳)
出身地 ジョージア州ダブリン
所属 アメリカン・キックボクシング・アカデミー
→インペリアル・アスレチックス
ブラックジリアンズ
身長 188cm
体重 93kg
リーチ 198cm
階級 ウェルター級ミドル級
ライトヘビー級ヘビー級
スタイル レスリング
テンプレートを表示

アンソニー・ジョンソンAnthony Johnson、男性、1984年3月6日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家ジョージア州ダブリン出身。ブラックジリアンズ所属。

カン・リーの下でトレーニングを行っていた[1]。 通常体重は100kgを超え、試合には30kg近く減量して臨んでいた事もあった。恐るべきスピードとパワーを誇る[2]

来歴[編集]

ジュニアカレッジ時代はレスリングで全米王者となった。20歳の時、友人の勧めで総合格闘技を始めた[2]

2006年8月18日、Pangea Fightsでプロデビューを果たした。

UFC[編集]

2007年6月12日、UFC Fight Night: Stout vs. FisherにてUFCデビュー。チャド・レイナーにKO勝利を飾る。9月22日、UFC 76リッチ・クレメンティに一本負けし、初黒星を喫した。この試合は、ジョンソンが契約体重オーバーとなり、キャッチウェイトバウトとなった。

2008年4月2日、UFC Fight Night: Florian vs. Lauzonにおいてトム・スピアーにKO勝ち。続く7月19日のUFC Fight Night: Silva vs. Irvinでは対戦相手ケヴィン・バーンズの指が目に入り続行不可能となり、テクニカルノックアウトが宣告され敗れた[3]。リプレイでは目潰しの酷さから会場に悲鳴が上がり、目突きという公式に反則とされている行為ながらも、反則をした側が勝者となり、された側が敗者となる判定は物議を醸した。そして、再戦となった12月13日のThe Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir Finaleでは左ハイキックでKO勝ちし、リベンジを果たすのと同時にノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[4]

2009年2月7日、UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephensルイージ・フィオラヴァンティにパウンドによるTKO勝利を収めた[5]

2009年10月24日、UFC 104吉田善行と対戦し、開始41秒右ストレートでTKO勝ち[6]。この試合は当初ウェルター級契約であったが、6ポンドの計量オーバーとなり、吉田の合意により176ポンドのキャッチウェイトバウトとなった[7]

2009年11月21日、UFC 106ジョシュ・コスチェックと対戦し、チョークスリーパーで一本負け[8]。敗れはしたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年10月1日、UFC Live: Cruz vs. Johnsonチャーリー・ブレネマンと対戦し、左ハイキックでKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年1月14日、UFC142ヴィトー・ベウフォートと対戦し、リアネイキドチョークで一本負け[9]。この試合は当初ミドル級契約であったが、11ポンドの計量オーバーとなり、ベウフォートの合意により197ポンドのキャッチウェイトバウトとなった[10][11]。翌日、度重なる計量オーバーを重く見たUFCよりリリースが発表された[12]

UFCリリース後[編集]

2012年5月-11月、UFCリリース後も計量オーバーを度々起こし、「体重無視男」などとと揶揄されるもTFCやWSOFで4連勝を収めた[13]

2013年3月23日、ヘビー級転向初戦となったWSOF 2でアンドレイ・アルロフスキーと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

UFC復帰[編集]

WSOF等での活躍をUFCから評価され、ライトヘビー級でUFCに復帰。

2014年4月26日、UFC 172フィル・デイヴィスと対戦し、判定勝ち。

2014年7月26日、UFC on FOX 12でアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラと対戦。パンチでダウンを奪い、試合開始後44秒でKO勝ち。

2014年9月5日、2012年に自身の子供の母親にドメスティック・バイオレンスを振るったとして容疑を受ける。UFCはこれを受けてジョンソンに無期限出場停止処分を科した[14]。ジョンソンは自身のFacebookで「そんなクソッタレな嘘を吐くような卑しくてふざけた奴等は馬鹿げている」とこの報道を否定した[15]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 12 0 6 0 0 0
4 1 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ 1R 0:44 KO(右アッパー) UFC on FOX 12 2014年7月26日
フィル・デイヴィス 5分3R終了 判定3-0 UFC 172: Jones vs. Teixeira 2014年4月26日
マイク・カイル 1R 2:03 KO(右フック→パウンド) WSOF 8: Gaethje vs. Patishnock 2013年1月18日
アンドレイ・アルロフスキー 5分3R終了 判定3-0 WSOF 2: Arlovski vs. Johnson 2013年3月23日
DJ・リンダーマン 1R 3:58 KO(右ストレート) WSOF 1: Arlovski vs. Cole 2012年11月3日
ジェイク・ロショルト 2R 4:22 TKO(ハイキック) Xtreme Fight Night 9 2012年9月21日
エステヴェス・ジョーンズ 2R 0:51 TKO(パウンド) Titan Fighting Championship 24 2012年8月24日
デイブ・ブランチ 5分3R終了 判定3-0 Titan Fighting Championship 22 2012年5月25日
× ヴィトー・ベウフォート 1R 4:49 リアネイキドチョーク UFC 142: Aldo vs. Mendes 2012年1月14日
チャーリー・ブレネマン 1R 2:49 KO(左ハイキック) UFC Live: Cruz vs. Johnson 2011年10月1日
ダン・ハーディー 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis 2011年3月26日
× ジョシュ・コスチェック 2R 4:47 チョークスリーパー UFC 106: Ortiz vs. Griffin 2 2009年11月21日
吉田善行 1R 0:41 TKO(右ストレート) UFC 104: Machida vs. Shogun 2009年10月24日
ルイージ・フィオラヴァンティ 1R 4:39 TKO(右フック→パウンド) UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens 2009年2月7日
ケヴィン・バーンズ 3R 0:28 KO(左ハイキック) The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir Finale 2008年12月13日
× ケヴィン・バーンズ 3R 3:35 TKO(右目の負傷) UFC Fight Night: Silva vs. Irvin 2008年7月19日
トム・スピアー 1R 0:51 KO(パウンド) UFC Fight Night: Florian vs. Lauzon 2008年4月2日
× リッチ・クレメンティ 2R 3:05 チョークスリーパー UFC 76: Knockout 2007年9月22日
チャド・レイナー 1R 0:13 KO(スタンドパンチ連打) UFC Fight Night: Stout vs. Fisher 2007年6月12日
リッチ・モスコヴィッツ 5分2R終了 判定3-0 Rocky Mountain Nationals: Demolition
【決勝】
2006年9月16日
キース・ウィルソン 5分2R終了 判定2-1 Rocky Mountain Nationals: Demolition
【1回戦】
2006年9月16日
ジョナサン・ロメロ 1R 1:09 TKO(パンチ連打) Pangea Fights 2: Live MMA 2006年8月18日

獲得タイトル[編集]

  • Rocky Mountain Nationals 優勝(2006年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]