UFC 100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 100
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2009年7月11日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全11試合
入場者数 11,000人
イベント時系列
The Ultimate Fighter: United States vs. United Kingdom Finale UFC 100 UFC 101: Declaration

UFC 100(ユーエフシー・ワンハンドレッド)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」のPPV大会の一つ。2009年7月11日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

大会では、ジョルジュ・サンピエールチアゴ・アウベスのウェルター級タイトルマッチと、ブロック・レスナーフランク・ミアのヘビー級王座統一戦が行われた。

大会概要[編集]

ヘビー級タイトルマッチではレスナーがミアを破り王座の初防衛に成功し、ウェルター級タイトルマッチではサンピエールがアウベスを判定で下し3度目の王座防衛に成功した。TUFシーズン9のコーチ対決となった第8試合では、ダン・ヘンダーソンマイケル・ビスピンをKOで下した。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シャノン・グジャーティ vs. アメリカ合衆国の旗 マット・グライス ×
1R 2:36 フロントチョーク
第2試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トム・ローラー vs. アメリカ合衆国の旗 CB・ダラウェイ ×
1R 0:55 フロントチョーク
第3試合 ウェルター級 5分3R
韓国の旗 キム・ドンヒョン vs. カナダの旗 TJ・グラント ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-26)
第4試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジョーンズ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイク・オブライエン ×
2R 2:43 フロントチョーク
第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー vs. アメリカ合衆国の旗 マック・ダンジグ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーク・コールマン vs. アメリカ合衆国の旗 ステファン・ボナー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

メインカード[編集]

第7試合 ミドル級 5分3R
日本の旗 秋山成勲 vs. アメリカ合衆国の旗 アラン・ベルチャー ×
3R終了 判定2-1(30-27、28-29、29-28)
第8試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘンダーソン vs. イギリスの旗 マイケル・ビスピン ×
2R 3:20 KO(右フック)
第9試合 UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
カナダの旗 ジョルジュ・サンピエール vs. ブラジルの旗 チアゴ・アウベス ×
5R終了 判定3-0(50-45、50-44、50-45)
サンピエールが3度目の王座防衛に成功した。
第10試合 メインイベント UFC世界ヘビー級王座統一戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ブロック・レスナー vs. アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア ×
2R 1:48 TKO(レフェリーストップ:パウンド
レスナーがヘビー級王座を統一するとともに、同王座の初防衛に成功した。
第11試合 スウィングバウト ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・フィッチ vs. ブラジルの旗 パウロ・チアゴ ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: 秋山成勲 vs. アラン・ベルチャー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ダン・ヘンダーソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: トム・ローラー
各選手にはボーナスとして100,000ドルが支給された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]