UFC 15

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 15: Collision Course
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 SEG
開催年月日 1997年10月17日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピ州ベイセントルイス
会場 カジノマジック・ベイセントルイス
試合数 全7試合
イベント時系列
UFC 14: Showdown UFC 15: Collision Course UFC Japan: Ultimate Japan

UFC 15: Collision Course(ユーエフシー・フィフティーン:コリジョン・コース)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。1997年10月17日ミシシッピ州ベイセントルイスのカジノマジック・ベイセントルイスで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントのヘビー級タイトルマッチでは、モーリス・スミスタンク・アボットを降し、UFC世界ヘビー級王座を防衛した。同日開催されたヘビー級トーナメントでは、マーク・ケアーがグレッグ・ストット、ドゥエイン・ケイソンを破り優勝を果たした。

ルール改正[編集]

本大会より頭突き・後頭部への打撃・倒れた相手への蹴り・小さな関節(手指・足指等)を取る行為・髪を引っ張る行為のいずれもが禁止となった。

試合結果[編集]

第1試合 UFC 15ヘビー級トーナメント リザーブマッチ 10分1R
アメリカ合衆国の旗 アレックス・ハンター vs. アメリカ合衆国の旗 ハリー・モスコヴィッツ ×
1R終了 判定2-1
第2試合 UFC 15ヘビー級トーナメント リザーブマッチ 10分1R
アメリカ合衆国の旗 ドゥエイン・ケイソン vs. アメリカ合衆国の旗 ヒューストン・ドアー ×
1R 3:43 TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ
第3試合 UFC 15ヘビー級トーナメント 1回戦 15分1R
アメリカ合衆国の旗 マーク・ケアー vs. アメリカ合衆国の旗 グレッグ・ストット ×
1R 0:17 KO(右膝蹴り)
ケアーが決勝進出。
第4試合 UFC 15ヘビー級トーナメント 1回戦 15分1R
アメリカ合衆国の旗 デイブ・ベネトゥー vs. ブラジルの旗 カーロス・バヘット ×
1R終了 判定3-0
ベネトゥーの負傷棄権によりリザーバーのケイソンが決勝進出。
第5試合 スーパーファイト 15分1R
アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア vs. ブラジルの旗 ビクトー・ベウフォート ×
1R 8:16 TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ
第6試合 UFC 15ヘビー級トーナメント 決勝戦 15分1R
アメリカ合衆国の旗 マーク・ケアー vs. アメリカ合衆国の旗 ドゥエイン・ケイソン ×
1R 0:53 チョークスリーパー
ケアーがUFC 15ヘビー級トーナメント優勝。
第7試合 メインイベント UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 21分1R
アメリカ合衆国の旗 モーリス・スミス vs. アメリカ合衆国の旗 タンク・アボット ×
1R 8:08 ギブアップ(ローキック)
スミスがUFC世界ヘビー級王座の初防衛に成功。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]