UFC 69

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 69: Shootout
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2007年4月7日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ヒューストン
会場 トヨタセンター
開始時刻 午後9時(CT
試合数 全9試合
入場者数 15,269人[1]
入場収益 2,817,200USドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Stevenson vs. Guillard UFC 69: Shootout UFC 70: Nations Collide

UFC 69: Shootout(ユーエフシー・シックスティナイン:シュートアウト)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2007年4月7日テキサス州ヒューストントヨタセンターで開催された[2]

本大会はUFC初のテキサス州興行であり、メインイベントではジョルジュ・サンピエールマット・セラのウェルター級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

メインイベントのウェルター級タイトルマッチでは、The Ultimate Fighterシーズン4ウェルター級トーナメントを勝ち残り王座挑戦権を獲得したベテランのマット・セラが下馬評を覆し、王者ジョルジュ・サンピエールをTKOで下し第7代世界ウェルター級王者となった。また、日本の岡見勇信は地元出身のマイク・スウィックを判定で破り、UFC4連勝を果たした。試合間のインターバル中に元PRIDEヘビー級王者アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがオクタゴンに登場し、UFC参戦を正式に表明した[3]

カード変更[編集]

当初ロジャー・ウエルタと対戦予定であったアルヴィン・ロビンソンが欠場し、替わってレオナルド・ガルシアが出場した[4]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ルーク・クモ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・ヘインズ ×
2R 2:45 KO(右フック)
第2試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーカス・デイヴィス vs. アメリカ合衆国の旗 ピート・スプラット ×
2R 2:57 アキレス腱固め
第3試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 ターレス・レイチ vs. アメリカ合衆国の旗 ピート・セル ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第4試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ヒース・ヒーリング vs. アメリカ合衆国の旗 ブラッド・アイムス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード[編集]

第5試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケンドール・グローブ vs. アメリカ合衆国の旗 アラン・ベルチャー ×
2R 4:22 ダースチョーク
第6試合 ミドル級 5分3R
日本の旗 岡見勇信 vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・スウィック ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第7試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロジャー・ウエルタ vs. アメリカ合衆国の旗 レオナルド・ガルシア ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コスチェック vs. アメリカ合衆国の旗 ディエゴ・サンチェス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第9試合 メインイベント UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 マット・セラ vs. カナダの旗 ジョルジュ・サンピエール ×
1R 3:25 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
セラが第7代UFC世界ウェルター級王者となる。

脚注[編集]

  1. ^ a b LIVE GATE INFO FOR UFC 70, UFC 69, & UFN 9 MMAWEEKLY 2007年5月7日
  2. ^ UFC® 69: SHOOTOUT UFC公式サイト 2010年11月14日閲覧
  3. ^ ノゲイラ、UFCと契約。試合は未定。DSE榊原代表は困惑 バウトレビュー 2007年4月9日
  4. ^ Reign of Terror: Serra Stuns GSP SHERDOG 2007年4月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]