UFC 149

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 149: Faber vs. Barao
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2012年7月21日
開催地 カナダの旗 カナダ
アルバータ州カルガリー
会場 スコシアバンク・サドルドーム
試合数 全11試合
放送局 WOWOW
入場者数 16,089人
入場収益 410万ドル[1]
PPV購入数 23万件[2]
イベント時系列
UFC on Fuel TV 4: Munoz vs. Weidman UFC 149: Faber vs. Barao UFC on FOX 4: Shogun vs. Vera

UFC 149: Faber vs. Barao(ユーエフシー・ワンフォーティナイン:フェイバー・バーサス・バラオン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2012年7月21日カナダアルバータ州カルガリースコシアバンク・サドルドームで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではTUF 15のコーチ対決となるドミニク・クルーズユライア・フェイバーのUFC世界バンタム級タイトルマッチが予定されていたが、クルーズが怪我で欠場となりユライア・フェイバーとヘナン・バラオンによるUFC世界バンタム級暫定王座決定戦に変更となった。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
フィンランドの旗 アントン・クイヴァネン vs. カナダの旗 ミッチ・クラーク ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第2試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 アントニオ・カルバーリョ vs. アメリカ合衆国の旗 ダニエル・ピネダ ×
1R 1:11 KO(右ストレート→パウンド)

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・キャラウェイ vs. カナダの旗 ミッチ・ゲイグノン ×
3R 1:39 リアネイキドチョーク
第4試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 ライアン・ジモー vs. オーストラリアの旗 アンソニー・ペロシュ ×
1R 0:07 KO(右ストレート)
第5試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランシスコ・リベラ vs. カナダの旗 ローランド・デローム ×
1R 4:19 KO(左フック→パウンド)
※リベラの薬物検査失格によりノーコンテスト[3]
第6試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・リング vs. アメリカ合衆国の旗 コート・マッギー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)

メインカード[編集]

第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・リドル vs. カナダの旗 クリス・クレメンツ ×
3R 2:02 肩固め
※リドルの薬物検査失格によりノーコンテスト[3]
第8試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェームス・ヘッド vs. アメリカ合衆国の旗 ブライアン・エバーソール ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
フランスの旗 シーク・コンゴ vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・ジョーダン ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-27、30-27)
第10試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティム・ボッシュ vs. キューバの旗 ヘクター・ロンバード ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第11試合 UFC世界バンタム級暫定王座決定戦 5分5R
ブラジルの旗 ヘナン・バラオン vs. アメリカ合衆国の旗 ユライア・フェイバー ×
5R終了 判定3-0(49-46、50-45、49-46)
※バラオンが王座獲得。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトブライアン・キャラウェイ vs. ミッチ・ゲイグノン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ライアン・ジモー
サブミッション・オブ・ザ・ナイトマット・リドル
各選手にはボーナスとして65,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]