UFC 124

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 124: St-Pierre vs. Koscheck 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2010年12月11日
開催地 カナダの旗 カナダ
ケベック州モントリオール
会場 ベル・センター
試合数 全11試合
入場者数 23,152人[1]
入場収益 4,586,000USドル[1]
イベント時系列
The Ultimate Fighter 12 Finale UFC 124: St-Pierre vs. Koscheck 2 UFC 125: Resolution

UFC 124: St-Pierre vs. Koscheck 2(ユーエフシー・ワントゥエンティフォー:サンピエール・バーサス・コスチェック・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2010年12月11日カナダケベック州モントリオールベル・センターで開催された。

UFC 83UFC 97UFC 113UFC 115に続く5度目のカナダでの開催大会となった。

大会概要[編集]

大会サブタイトル「St-Pierre vs. Koscheck 2」の通り、メインイベントではUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者ジョルジュ・サンピエールと挑戦者ジョシュ・コスチェックの3年3か月ぶりの再戦が行われた。両者はリアリティ番組「The Ultimate Fighter」のシーズン12でコーチをしており因縁が生まれていたが、サンピエールがコスチュックにフルマークの判定勝ちを収め、6度目の王座防衛に成功した[2]

第9試合ではジム・ミラーチャールズ・オリベイラが対戦し、ミラーが膝十字固めで一本勝ち[3]。オリベイラはキャリア15戦目での初黒星となった。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 ジョン・マクデッシ vs. アメリカ合衆国の旗 パット・オーディンウッド ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
第2試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ヒカルド・アルメイダ vs. カナダの旗 TJ・グラント ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第3試合 ウェルター級 5分3R
カナダの旗 ショーン・ピアソン vs. アメリカ合衆国の旗 マット・リドル ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第4試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 ハファエル・ナタル vs. カナダの旗 ジェシー・ボングフェルト △
3R終了 判定1-0(28-28、28-28、29-28)
第5試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 マーク・ボーチェック vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ヘイズレット ×
1R 2:33 三角絞め
第6試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダン・ミラー vs. カナダの旗 ジョー・ドークセン ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)

メインカード[編集]

第7試合 ウェルター級 5分3R
ブラジルの旗 チアゴ・アウベス vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・ハワード ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マック・ダンジグ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョー・スティーブンソン ×
1R 1:54 KO(左フック)
第9試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー vs. ブラジルの旗 チャールズ・オリベイラ ×
1R 1:59 膝十字固め
第10試合 ヘビー級 5分3R
オランダの旗 ステファン・ストルーフェ vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・マッコークル ×
1R 3:55 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
第11試合 メインイベント UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
カナダの旗 ジョルジュ・サンピエール vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コスチェック ×
5R終了 判定3-0(50-45、50-45、50-45)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト:ジョルジュ・サンピエール vs. ジョシュ・コスチェック
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト:マック・ダンジグ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト:マーク・ボーチェック / ジム・ミラー
各選手にはボーナスとして100,000ドルが支給された(サブミッション・オブ・ザ・ナイトのボーチェックとミラーは50,000ドルずつ)[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]