UFC 115

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 115: Liddell vs. Franklin
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファLLC
開催年月日 2010年6月12日
開催地 カナダの旗 カナダ
ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
会場 GMプレイス
試合数 全11試合
入場者数 17,669人
入場収益 4,221,787ドル
イベント時系列
UFC 114: Rampage vs. Evans UFC 115: Liddell vs. Franklin The Ultimate Fighter: Team Liddell vs. Team Ortiz Finale

UFC 115: Liddell vs. Franklin(ユーエフシー・ワンフィフティーン:リデル・バーサス・フランクリン)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2010年6月12日カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバーGMプレイスで開催された[1]

2010年5月8日に開催されたUFC 113から1か月という短いスパンでの4度目のカナダでの開催大会となった。

大会メインイベントでは、TUFシーズン11のコーチ対決となる、チャック・リデルリッチ・フランクリンによるライトヘビー級戦が行われた。

大会概要[編集]

TUFシーズン11終盤でティト・オーティズに替わってコーチに就任したフランクリンがメインイベントのコーチ対決を制した[2]

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・パイル vs. アメリカ合衆国の旗 ジェシー・レノックス ×
3R 4:44 三角絞め
第2試合 ウェルター級 5分3R
カナダの旗 クロード・パトリック vs. ブラジルの旗 ヒカルド・フンシ ×
2R 1:48 ギロチンチョーク
第3試合 ウェルター級 5分3R
イギリスの旗 ジェームス・ウィルクス vs. ドイツの旗 ペーター・ソボッタ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-28、30-27)
第4試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 マリオ・ミランダ vs. カナダの旗 デビッド・ロワゾー ×
2R 4:07 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ワイマン vs. アメリカ合衆国の旗 マック・ダンジグ ×
1R 1:45 ギロチンチョーク
第6試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エヴァン・ダナム vs. アメリカ合衆国の旗 タイソン・グリフィン ×
3R終了 判定2-1(30-27、28-29、29-28)

メインカード[編集]

第7試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カーロス・コンディット vs. カナダの旗 ローリー・マクドナルド ×
3R 4:53 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
第8試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ベン・ロズウェル vs. オランダの旗 ギルバート・アイブル ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
第9試合 ウェルター級 5分3R
デンマークの旗 マルティン・カンプマン vs. ブラジルの旗 パウロ・チアゴ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 ヘビー級 5分3R
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. アメリカ合衆国の旗 パトリック・バリー ×
3R 4:30 チョークスリーパー
第11試合 メインイベント ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リッチ・フランクリン vs. アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル ×
1R 4:55 KO(右フック)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: カーロス・コンディット vs. ローリー・マクドナルド
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: リッチ・フランクリン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ミルコ・クロコップ
各選手にはボーナスとして85,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]