UFC 131

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 131: dos Santos vs. Carwin
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2011年6月11日
開催地 カナダの旗 カナダ
ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
会場 ロジャース・アリーナ
試合数 全12試合
入場者数 14,685人
入場収益 280万ドル[1]
PPV購入数 62万5,000件[2]
イベント時系列
The Ultimate Fighter 13 Finale UFC 131: dos Santos vs. Carwin UFC Live: Kongo vs. Barry

UFC 131: dos Santos vs. Carwin(ユーエフシー・ワンサーティワン:ドス・サントス・バーサス・カーウィン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2011年6月11日カナダブリティッシュコロンビア州バンクーバーロジャース・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

当初はメインイベントとしてThe Ultimate Fighterシーズン13のコーチ対決となるジュニオール・ドス・サントスブロック・レスナーが予定されていたが、レスナーが憩室炎を再発したため欠場となり、ドス・サントスの対戦相手はシェイン・カーウィンに変更となった[3]

NHLのスタンレー杯決勝の時期と重なったため、公開計量では地元のバンクーバー・カナックスと対戦中のボストン・ブルーインズのユニフォーム姿で現れたケニー・フロリアンに大ブーイングが起こる一幕もあった[4]

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダレン・エルキンス vs. 日本の旗 小見川道大 ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第2試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョーイ・ベルトラン vs. アメリカ合衆国の旗 アーロン・ロサ ×
3R 1:26 TKO(パウンド)
第3試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ポイエー vs. イギリスの旗 ジェイソン・ヤング ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第4試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・リング vs. アメリカ合衆国の旗 ジェームス・ヘッド ×
3R 3:33 リアネイキドチョーク
第5試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ポーランドの旗 クシシュトフ・ソシンスキー vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・マッセンジオ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-26、30-27)

Spike中継カード[編集]

第6試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・ウェイドマン vs. カナダの旗 ジェシー・ボンフェルツ ×
1R 4:54 ギロチンチョーク
第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 サム・スタウト vs. バハマの旗 イーブス・エドワーズ ×
1R 3:52 KO(左フック)

メインカード[編集]

第8試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・セラーニ vs. ブラジルの旗 ヴァグネル・ロハ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デイブ・ハーマン vs. ノルウェーの旗 ユノラフ・エイネモ ×
2R 3:19 TKO(パウンド)
第10試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーク・ムニョス vs. ブラジルの旗 デミアン・マイア ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第11試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケニー・フロリアン vs. ブラジルの旗 ディエゴ・ヌネス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第12試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ジュニオール・ドス・サントス vs. アメリカ合衆国の旗 シェイン・カーウィン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトデイブ・ハーマン vs. ユノラフ・エイネモ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトサム・スタウト
サブミッション・オブ・ザ・ナイトクリス・ウェイドマン
各選手にはボーナスとして70,000ドルが支給された[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]