UFC 129

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 129: St-Pierre vs. Shields
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2011年4月30日
開催地 カナダの旗 カナダ
トロント
会場 ロジャース・センター
試合数 全12試合
イベント時系列
UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis UFC 129: St-Pierre vs. Shields UFC 130: Rampage vs. Hamill
UFC129の会場の様子

UFC 129: St-Pierre vs. Shields(ユーエフシー・ワントゥエンティナイン: サンピエール・バーサス・シールズ)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」の大会の一つ。2011年4月30日カナダトロントロジャース・センターで開催された。

UFC史上最大規模の大会となった[1]

大会概要[編集]

カナダでの開催ということでカナダ出身の選手が多く出場した。 メインイベントではカナダ出身のUFC世界ウェルター級王者ジョルジュ・サンピエールStrikeforce世界ミドル級王者ジェイク・シールズとのタイトルマッチが開催された。また、カナダ出身のマーク・ホーミニックとUFC世界フェザー級王者ジョゼ・アルドのタイトルマッチが開催された。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 フェザー級 5分3R
× カナダの旗 イーブス・ジャボウィン vs. アメリカ合衆国の旗 パブロ・ガーザ
1R 4:01 フライング・トライアングル
第2試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 ジョン・マクデッシ vs. アメリカ合衆国の旗 カイル・ワトソン ×
3R 4:45 TKO(左スピニングバックハンドブロー
第3試合 ミドル級 5分3R
× カナダの旗 ジェイソン・マクドナルド vs. アメリカ合衆国の旗 ライアン・ジェンセン
1R 1:37 三角絞め
第4試合 バンタム級 5分3R
カナダの旗 アイヴァン・メンジバー vs. アメリカ合衆国の旗 チャーリー・バレンシア ×
1R 1:30 TKO(肘打ち→パウンド)
第5試合 ウェルター級 5分3R
カナダの旗 クロード・パトリック vs. アメリカ合衆国の旗 ダニエル・ロバーツ ×
3R終了 判定3-0
第6試合 ウェルター級 5分3R
× カナダの旗 ショーン・ピアソン vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイク・エレンバーガー
1R 2:42 TKO(左フック)
第7試合 ウェルター級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ネイサン・ディアス vs. カナダの旗 ローリー・マクドナルド
3R終了 判定3-0

メインカード[編集]

第8試合 ライト級 5分3R
× カナダの旗 マーク・ボーチェック vs. アメリカ合衆国の旗 ベン・ヘンダーソン
3R終了 判定3-0
第9試合 ライトヘビー級 5分3R
ベラルーシの旗 ウラジミール・マティシェンコ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ブリッツ ×
1R 0:21 TKO(左フック→パウンド)
第10試合 ライトヘビー級 5分3R
× アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア vs. ブラジルの旗 リョート・マチダ
2R 1:05 TKO(右前蹴り→パウンド)
第11試合 UFC世界フェザー級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 ジョゼ・アルド(王者) vs. カナダの旗 マーク・ホーミニック(挑戦者) ×
5R終了 判定3-0
※アルドが初防衛に成功。
第12試合 メインイベント UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
カナダの旗 ジョルジュ・サンピエール(王者) vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイク・シールズ(挑戦者) ×
5R終了 判定3-0
※サンピエールが6度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトジョゼ・アルド vs. マーク・ホーミニック
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトリョート・マチダ
サブミッション・オブ・ザ・ナイトパブロ・ガーザ
各選手にはボーナスとして129,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]