リョート・マチダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リョート・マチダ
Lyoto Machida.jpg
基本情報
本名 リョート・カルヴァーリョ・マチダ
(Lyoto Carvalho Machida)
通称 ザ・ドラゴン (The Dragon)
猪木の秘蔵っ子
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1978年5月30日(36歳)
出身地 バイーア州サルヴァドール
所属 チーム・イノキ
ブラック・ハウス
身長 185cm
体重 84kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
スタイル 空手相撲ブラジリアン柔術
テーマ曲 KARATE by Pregador Luo
テンプレートを表示
Lyoto Machida by Marcos Joel Reis.jpg

リョート・マチダLyoto Machida、男性、1978年5月30日 - )は、ブラジル総合格闘家日系2世バイーア州サルヴァドール出身。ブラック・ハウス所属。松濤館流空手黒帯、ブラジリアン柔術黒帯。元UFC世界ライトヘビー級王者。日本でのリングネームはLYOTO

伝統派空手のファイトスタイルを貫く異色の総合格闘家。

実兄は2006年に日本空手協会の世界大会で準優勝したシンゾー・マチダである。

来歴[編集]

父親が日本人(戦後ブラジルへ移民した日本人・町田嘉三(日本空手協会七段で松濤館流師範))で母親がユダヤ系ブラジル人(ユダヤ人とブラジル人のハーフ[1])のハーフ。4人兄弟の三男(1人の養子を入れると5人兄弟だが、大学卒業と同時にその養子は親元に戻る)として生まれる。全員が空手の選手という格闘ファミリーに生まれ育った。幼少時にリョートと次男のシンゾーは小児結核にかかり、1年間ずっと薬を飲むような生活をしていた。

アマゾン川河口の町パラー州ベレンに空手道場を開いた父の下で4歳より稽古し、10代から相撲ブラジリアン柔術も習得、またムエタイレスリングの手ほどきも受けていた。空手では2度のブラジル王者、南アメリカ選手権での準優勝などの実績を持つ[2](父はインタビューで「LYOTOは4度ブラジル王者になっている」と発言している)ほか、様々な格闘技大会で優勝を重ねていた。

アントニオ猪木の実兄がサンパウロ市に開設した空手道場の師範を父が1年ほど務めた縁から2000年に猪木にスカウトされ、アメリカ新日本プロレス道場で総合格闘技のトレーニングを積む。

2003年5月2日、新日本プロレスが開催した総合格闘技大会「アルティメット・クラッシュ」でプロデビュー。謙吾と対戦し、3-0の判定勝ち。試合後、リングサイドで観戦していたアントニオ猪木から祝福を受けるとともに、拳骨で制裁を受けた。9月13日にはアントニオ猪木が主催した興行であるJungle Fight 1にてステファン・ボナーと総合格闘技ルールで対戦し、TKO勝ち。12月31日のINOKI BOM-BA-YE 2003ではそれまで総合格闘技無敗であったリッチ・フランクリンに打撃の連打でTKO勝ちを収めた。

2004年3月14日、K-1 BEAST 2004にてマイケル・マクドナルドと総合格闘技ルールで対戦し、前腕チョークで一本勝ち。続く5月22日のK-1 ROMANEXではサム・グレコと総合格闘技ルールで対戦し、2-1の判定勝ち。

2005年3月26日、HERO'Sに参戦し、BJ・ペンと闘い3-0で判定勝ち。本来、自身より20kg前後も軽いBJとの異質な試合であった。

2006年4月29日、Jungle Fight 6にてディミトリー・ヴァンダレイと対戦し、TKO勝ち。

2006年5月26日、グラップリング大会L.A.SUB-X第1回大会でハファエル・ロバト・ジュニアと対戦。1, 2Rで決着が付かなかったため2度延長ラウンドを行ないテイクダウンポイント1点を奪い、ポイント1-0で判定勝ち。

2006年7月22日、WFAにて-93kg契約でヴァーノン・"タイガー"・ホワイトと対戦、3-0の判定勝ち。ほどなくWFAがUFCに買収されたため、そのままUFCへ移籍することとなる。ダナ・ホワイトは「クイントン・ジャクソンとリョート・マチダを獲得するためだけにWFAを買収した」と発言している。

UFC[編集]

2007年2月3日、UFC初参戦となったUFC 67でサム・ホーガーと対戦し、3-0の判定勝ち。それまで無差別的な試合を多く重ねてきたが、本人がかねてから希望していたライトヘビー級(約93kg)での参戦であり、かつては100kgオーバーでポッチャリした身体をしていたがそれまでよりも引き締まった体型を披露した。4月21日のUFC 70で8勝無敗であったデビッド・ヒースと対戦し、3-0の判定勝ち。計量では90.3kgを計測した。9月22日のUFC 76中村和裕と対戦し、3-0の判定勝ち[3]。12月29日のUFC 79ではソクジュと対戦し、2Rに肩固めで一本勝ちを収めた[4]

2008年5月24日、UFC 84ティト・オーティズと対戦し、レスラーのティトから一度もテイクダウンされず、1Rには逆にテイクダウンを奪った。3Rには膝蹴りでダウンを奪って三角絞めであわやという場面を見せるも、3-0の判定勝ちを収めた。[5]

2009年1月31日、UFC 94で13戦無敗同士であったチアゴ・シウバと対戦し、1R終了間際にスクートからの飛び込みパウンドでKO勝ち[6]。一度もスタンドでパンチを受けることなく試合を終えた。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年5月23日、UFC 98でUFC世界ライトヘビー級王者ラシャド・エヴァンスに挑戦。総合格闘技無敗同士の対戦となったこの王座戦で2Rに左フックで失神KO勝ちを収め[7]、UFC世界ライトヘビー級王座を獲得すると同時に2試合連続のノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後のインタビューでは「Karate is back!!(空手が復活したぜ!)」と雄叫びをあげて、自身のバックボーンである空手への誇りを言葉にした。

2009年10月24日、UFC 104での初防衛戦でマウリシオ・ショーグンと対戦し、判定勝ちで王座初防衛に成功したものの、判定は3者とも48-47という小差であり[8]、判定は物議を醸した。

2010年5月8日、UFC 113マウリシオ・ショーグンと再戦。右クロスカウンターを浴びてダウンし、マウントパンチで1RKO負け[9]。UFC世界ライトヘビー級王座から陥落すると共に自身の総合格闘技連勝記録は16でストップした。

2010年11月20日、UFC 123のメインイベントでクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンと対戦し、1-2の僅差の判定負けを喫した[10]

2011年12月10日、UFC 140ジョン・ジョーンズの持つUFCライトヘビー級王座に挑戦。ジョーンズに有効打を当てるものの、2Rにスタンドのギロチンチョークで絞め落とされ一本負け。王座奪還に失敗した。

2012年8月4日、UFC on FOX 4にてライアン・ベイダーと対戦し、2Rに跳び込んできたベイダーにカウンターの右フックを当てて失神KO勝ち。

2013年2月23日、UFC 157にてダン・ヘンダーソンと対戦し、僅差の判定勝ち。

2013年8月3日、母国ブラジルで開催されたUFC 163にてフィル・デイヴィスと対戦し、判定負け。接戦であったため、ブラジル人で埋め尽くされた会場からはブーイングが沸き起こった。海外のMMAメディアサイトの採点では13人中13人の記者がマチダの勝利と付けており、試合を数値・データ化した表でもマチダ有利という結果になった[11][12]。UFC代表のダナ・ホワイトは「私は30-27でマチダの勝ちに付けた。でもジャッジに勝敗を委ねるとこういうことになる!」とTwitterにて発言した[13]。マチダ本人も納得がいかない様子で、試合後のマイクインタビューでは判定に対する不満を露わにした。

2013年10月26日、ミドル級に転向してUFC Fight Night: Machida vs. Munozマーク・ムニョスと対戦。左ハイキックでKO勝ちを収め、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年7月5日、UFC 175でミドル級王者クリス・ワイドマンと対戦するも、判定負けで王座奪取には失敗した。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

ファイトスタイル[編集]

日本空手協会松濤館流だけあって、構えは半身で、拳をやや上段に構える伝統派空手のスタイルである。空手の「突き」を彷彿とさせる、反動や予備動作のない真っ直ぐ伸びるパンチが特徴で、ヒットアンドアウェイが多い。スタンドの状態における間合いは遠く、優れた距離感覚で相手の打撃を回避し、テイクダウンを防いでいる。またカウンターにも優れている。打撃から間髪入れず小外刈り大内刈りといった投げにつなげる伝統派空手由来の技術にも長けており、ダイナミックではないが、いかに相手の攻撃を受けずに合理的に相手を攻略する様を体現したその動きは武術的である。[要出典]

人物・エピソード[編集]

  • 趣味は瞑想
  • 和名は町田龍太
  • 父の町田嘉三から受け継ぎ、LYOTOを含む息子達は飲尿療法を取り入れている。
  • 同じチームのアンデウソン・シウバとは、親友として戦わないことを明言している。
  • 町田道場へ練習に来た石井慧の顎をハイキックで外したことがある[14]
  • 礼儀正しく、リングインの際には常にお辞儀をする。
  • 日本的な謙譲を美徳としている節があり、「私はUFCファイターの中で最も弱者であるが、身に付けた技術により勝利している」「UFC王者になったが、エヴァンスとの試合はどちらが勝ってもおかしくなく、運が良かったため勝利できた」と発言している。王者になる前のインタビューで「様々な選手に対戦を避けられていることに対してどう思うか?」と質問された際にも、自身の評価が高くないとの自己評価から「私が強いから避けたわけではなく、彼らは自分よりランクが上だと思われている相手と試合をしたいと思っているだけで、私だから避けるわけではないと思う」と発言している。
  • 父はリョートを評して「リョートは臆病。だから人一倍練習する。MMAは喧嘩だから、臆病な方が適性があると思う」と発言している。また、次男シンゾーと三男リョートに対して「シンゾーは日本的な硬い筋肉。リョートはブラジル的な柔らかい筋肉だ」と比較している。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 8 2 11 0 0 0
5 1 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× クリス・ワイドマン 5分5R終了 判定0-3 UFC 175: Weidman vs. Machida
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2014年7月5日
ゲガール・ムサシ 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Machida vs. Mousasi 2014年2月15日
マーク・ムニョス 1R 3:10 KO(左ハイキック) UFC Fight Night: Machida vs. Munoz 2013年10月26日
× フィル・デイヴィス 5分3R終了 判定0-3 UFC 163: Aldo vs. Korean Zombie 2013年8月3日
ダン・ヘンダーソン 5分3R終了 判定2-1 UFC 157: Rousey vs. Carmouche 2013年2月23日
ライアン・ベイダー 2R 1:32 KO(右フック→パウンド) UFC on FOX 4 2012年8月4日
× ジョン・ジョーンズ 2R 4:26 ギロチンチョーク UFC 140: Jones vs. Machida
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年12月10日
ランディ・クートゥア 2R 1:05 KO(前蹴り) UFC 129: St-Pierre vs. Shields 2011年4月30日
× クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン 5分3R終了 判定1-2 UFC 123: Rampage vs. Machida 2010年11月20日
× マウリシオ・ショーグン 1R 3:35 KO(マウントパンチ) UFC 113: Machida vs. Shogun 2
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年5月8日
マウリシオ・ショーグン 5分5R終了 判定3-0 UFC 104: Machida vs. Shogun
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2009年10月24日
ラシャド・エヴァンス 2R 3:57 KO(左フック) UFC 98: Evans vs. Machida
【UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2009年5月23日
チアゴ・シウバ 1R 4:59 KO(パウンド) UFC 94: St-Pierre vs. Penn 2 2009年1月31日
ティト・オーティズ 5分3R終了 判定3-0 UFC 84: Ill Will 2008年5月24日
ソクジュ 2R 4:20 肩固め UFC 79: Nemesis 2007年12月29日
中村和裕 5分3R終了 判定3-0 UFC 76: Knockout 2007年9月22日
デビッド・ヒース 5分3R終了 判定3-0 UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
サム・ホーガー 5分3R終了 判定3-0 UFC 67: All or Nothing 2007年2月3日
ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 5分3R終了 判定3-0 WFA: King of the Streets 2006年7月22日
ディミトリー・ヴァンダレイ 3R 3:24 TKO(疲労) Jungle Fight 6 2006年4月29日
BJ・ペン 5分3R終了 判定3-0 HERO'S 2005年3月26日
サム・グレコ 5分3R終了 判定2-1 K-1 ROMANEX 2004年5月22日
マイケル・マクドナルド 1R 2:30 前腕チョーク K-1 BEAST 2004 〜新潟初上陸〜 2004年3月14日
リッチ・フランクリン 2R 1:03 KO(左ストレート) INOKI BOM-BA-YE 2003 2003年12月31日
ステファン・ボナー 1R 4:21 TKO(カット) Jungle Fight 1 2003年9月13日
謙吾 5分3R終了 判定3-0 新日本プロレス ULTIMATE CRUSH 2003年5月2日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ハファエル・ロバト・ジュニア 延長2R終了 ポイント1-0 L.A.SUB-X 2006年5月26日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 町田嘉三が2006年のインタビューラジオにより発言。ニコニコ動画にて視聴可能。NHKドキュメント「20年目の乗船名簿」では、イスラエル系ブラジル人の奥さんと表現された。
  2. ^ UFC 選手データ
  3. ^ リデル、ショーグン衝撃の敗戦!中村、小見川も出場 『UFC76』全試合結果! MMAPLANET(livedoorスポーツ) 2007年9月23日
  4. ^ 【UFC79】リョート、ソクジュ下し無敗レコード更新 MMAPLANET 2007年12月30日
  5. ^ BJ・ペン"最強対決"制す!シウバは衝撃のKO勝利/UFC84 MMAPLANET(livedoorスポーツ) 2008年5月25日
  6. ^ 【UFC94】リョート、無敗対決制し王座挑戦に前進! MMAPLANET 2009年2月1日
  7. ^ 【UFC98】無敗対決はリョートに軍配、王座奪取に成功 MMAPLANET 2009年5月24日
  8. ^ 【UFC104】リョートが防衛成功、判定にはブーイングも MMAPLANET 2009年10月25日
  9. ^ 【UFC113】リョートを撃破、ショーグンが完全なる王座戴冠 MMAPLANET 2010年5月9日
  10. ^ 【UFC123】驚きを隠せないジャクソン、リマッチを約束 MMAPLANET 2010年11月21日
  11. ^ リョートvsデイビス 採点・メディア採点 MMA Decisions 2013年8月3日
  12. ^ リョートvsデイビス Total Performance rating他 FightMetric 2013年8月3日
  13. ^ Wow!!! I had Machida winning all 3 rds but that's what happens when u leave it up to the judges! @danawhiteさんのツイート 2013年8月3日
  14. ^ Ishii still targetting UFC, despite dislocated jaw from Machida Fighters ONLY 2009年5月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ラシャド・エヴァンス
第10代UFC世界ライトヘビー級王者

2009年5月23日 - 2010年5月8日

次王者
マウリシオ・ショーグン