UFC 75

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC 75: Champion vs. Champion
イベント詳細
シリーズ UFCPPVCATV
主催 ズッファLLC
開催年月日 2007年9月8日
開催地 イギリスの旗 イギリスロンドン
会場 The O2
試合数 全9試合
放送局 Spike TV
入場者数 16,235人[1]
入場収益 約270万ドル
イベント時系列
UFC 74: Respect UFC 75: Champion vs. Champion UFC 76: Knockout

UFC 75: Champion vs. Champion(ユーエフシー・セブンティファイブ:チャンピオン・バーサス・チャンピオン)は、アメリカ合衆国総合格闘技イベント「UFC」のPPV大会の一つ。2007年9月8日イギリスロンドンにあるThe O2で開催された。

大会はSpike TVにより北米・英国に無料放送され、それ以外の地域へはPPVによる配信となった。

大会概要[編集]

UFC世界ライトヘビー級王者クイントン・"ランペイジ"・ジャクソンPRIDEミドル級・ウェルター級2冠王者ダン・ヘンダーソンによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチでは、ジャクソンがヘンダーソンを判定で降し、ライトヘビー級王座の初防衛に成功するとともに、UFC・PRIDE両団体の統一ライトヘビー級王者となった。

5か月振りの復帰戦となったミルコ・クロコップは、シーク・コンゴ相手に終始劣勢に立たされ、復帰戦を飾ることはできなかった。ライトヘビー級無敗対決となったマイケル・ビスピンマット・ハミルの一戦は、ハミルが全体的に攻勢に出ながらも、スプリットデシジョンによりビスピンの勝利となった。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
フランスの旗 ジェス・リアウディン vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・トレス ×
1R 4:10 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第2試合 ライト級 5分3R
ドイツの旗 デニス・シヴァー vs. 日本の旗 小谷直之 ×
2R 2:04 KO(左フック)
第3試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 チアゴ・シウバ vs. ポーランドの旗 トマシュ・ドルヴァル ×
2R 4:23 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ)
第4試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 グレイゾン・チバウ vs. イギリスの旗 テリー・エティム ×
3R終了 判定3-0

メインカード[編集]

第5試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ヒューストン・アレクサンダー vs. イタリアの旗 アレッシオ・サカラ ×
1R 1:01 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マーカス・デイヴィス vs. イギリスの旗 ポール・テイラー ×
1R 4:14 腕ひしぎ十字固め
第7試合 ヘビー級 5分3R
フランスの旗 シーク・コンゴ vs. クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第8試合 セミファイナル ライトヘビー級 5分3R
イギリスの旗 マイケル・ビスピン vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ハミル ×
3R終了 判定2-1(29-28、29-28、27-30)
第9試合 メインイベント UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 クイントン・ジャクソン vs. アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘンダーソン ×
5R終了 判定3-0(48-47、49-46、49-46)
ジャクソンがライトヘビー級王座の初防衛に成功し、UFC・PRIDE両団体の統一ライトヘビー級王者となった。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: マーカス・デイヴィス vs. ポール・テイラー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ヒューストン・アレクサンダー
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: マーカス・デイヴィス
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された。

脚注[編集]

  1. ^ Questionable verdict By Kevin Iole, Yahoo! Sports 2007年9月9日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]