ガブリエル・ゴンザーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・ゴンザーガ
GabrielGonzaga2.png
基本情報
本名 ガブリエウ・ゴンザーガ=ノゲイラ
(Gabriel Gonzaga-Noguiera)
通称 ナパォン (Napão)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1979年5月18日(35歳)
出身地 リオデジャネイロ州
所属 マカコ・ゴールド・チーム
シュートボクセ・アカデミー
→マルコ・アーヴァン柔術
→チーム・リンク
身長 188cm
体重 110kg
リーチ 193cm
階級 ヘビー級
スタイル ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

ガブリエル・"ナパォン"・ゴンザーガGabriel "Napão" Gonzaga、男性、1979年5月18日 - )は、ブラジル総合格闘家柔術家リオデジャネイロ州出身。チーム・リンク所属。ブラジリアン柔術黒帯。

ニックネームは「ナパォン」。ポルトガル語で「大きな鼻」の意であり、何が起きるのか嗅ぎ分けることができる第六感を持っているという意味を持つ[1]

来歴[編集]

父は獣医、母は弁護士という裕福な家庭に生まれ育つ[2]

14歳からワンダー・ブラガの下でブラジリアン柔術を始め、15歳でブラジル選手権でタイトルを獲得。以来、ムンジアル、コパドムンドなど名だたるブラジリアン柔術の大会で活躍。

2003年9月13日、ブラジルで行われたJungle Fight 1ファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、3RでTKO負け。

2005年5月、アブダビコンバット99kg以上級に出場。2回戦でリコ・ロドリゲス、準決勝でマーシオ・"ペジパーノ"・クルーズに勝利するも、決勝でジェフ・モンソンに敗退し、準優勝。

UFC[編集]

2005年11月19日、UFC初参戦となったUFC 56でケビン・ジョーダンと対戦し、右スーパーマンパンチでKO勝ちを収めた。

2007年4月21日、UFC 70ミルコ・クロコップと対戦。スタンドでもグラウンドでもほとんど何もさせず、最後はミルコのお株を奪う頭部への右ハイキックで失神KO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した。

2007年8月25日、UFC 74のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ランディ・クートゥアと対戦。ハイキックでクートゥアの腕を骨折させるも、3RにマウントパンチによるTKOで敗れ、王座獲得に失敗。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2008年1月19日、UFC 80ファブリシオ・ヴェウドゥムと再戦するも、パウンドで2RTKO負け。その後はジャスティン・マッコーリー、ジョシュ・ヘンドリックスに連勝した[3]

2009年3月7日、UFC 96で初参戦のシェイン・カーウィンと対戦し、右ストレートでKO負けを喫した[4]

2010年3月21日、UFC on Versus: Vera vs. Jonesジュニオール・ドス・サントスにKOで敗れた[5]

2010年10月23日、UFC 121ブレンダン・ショーブと対戦し、0-3の判定負けを喫した[6]。この試合の後、UFCをリリースされた。

UFC復帰[編集]

2012年1月14日、UFC 142で怪我で欠場したロブ・ブロートンの代役としてエドゥナルド・オリヴェイラと対戦し、1Rにリアネイキドチョークで一本勝ち[7]

2013年4月13日、The Ultimate Fighter 17 Finaleトラヴィス・ブラウンと対戦。ブラウンに組み付いて金網に押し込んだ所に肘打ちの連打を受けてKO負けとなった。しかし、リプレイ映像を見るとブラウンの放った肘打ちが数発ゴンザガの後頭部に入っており、その後頭部への肘打ちのタイミングでゴンザガが崩れ、失神したため、選手やファンの間でブラウンの反則ではないかという議論が巻き起こった。ゴンザガ陣営はFacebookで、「あれが反則の肘打ちだったのは事実です。私は完全に反則だったと思っています。負けたことではなく反則が受け入れられない。」と語り、コミッションに提訴したが却下され判定は覆らなかった[8]

2013年7月7日のUFC 162ではデイブ・ハーマンと対戦。ハーマンのローキックに対するカウンターとして放った右フックでダウンを奪い、パウンドでKO勝ちを収めた。

2014年1月25日、UFC on FOX 10スティーペ・ミオシッチと対戦。終始スタンドの打撃で劣勢となり、判定負け。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
24 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 7 9 0 0 0 0
8 6 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× スタイプ・ミオシッチ 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 10 2014年1月25日
ショーン・ジョーダン 1R 1:33 KO(右ストレート→パウンド) UFC 166: Velasquez vs. Dos Santos 3 2013年10月19日
デイブ・ハーマン 1R 0:17 KO(右フック→パウンド) UFC 162: Silva vs. Weidman 2013年7月7日
× トラヴィス・ブラウン 1R 1:11 KO(肘打ち) The Ultimate Fighter 17 Finale 2013年4月13日
ベン・ロズウェル 2R 1:01 ギロチンチョーク UFC on FX 7 2013年1月19日
エドゥナルド・オリヴェイラ 1R 3:22 リアネイキドチョーク UFC 142: Aldo vs. Mendes 2012年1月14日
パーカー・ポーター 3R 1:50 肩固め Reality Fighting - Gonzaga vs. Porter
【RFヘビー級タイトルマッチ】
2011年10月8日
× ブレンダン・ショーブ 5分3R終了 判定0-3 UFC 121: Lesnar vs. Velasquez 2010年10月23日
× ジュニオール・ドス・サントス 1R 3:53 KO(左フック→パウンド) UFC on Versus: Vera vs. Jones 2010年3月21日
クリス・トゥクシェラー 1R 2:27 TKO(パウンド) UFC 102: Couture vs. Nogueira 2009年8月29日
× シェイン・カーウィン 1R 1:09 KO(右ストレート) UFC 96: Jackson vs. Jardine 2009年3月7日
ジョシュ・ヘンドリックス 1R 1:01 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 91: Couture vs. Lesnar 2008年11月15日
ジャスティン・マッコーリー 1R 1:57 V1アームロック UFC 86: Jackson vs. Griffin 2008年7月5日
× ファブリシオ・ヴェウドゥム 2R 4:33 TKO(パウンド) UFC 80: Rapid Fire 2008年1月19日
× ランディ・クートゥア 3R 1:37 TKO(マウントパンチ) UFC 74: Respect
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2007年8月25日
ミルコ・クロコップ 1R 4:51 KO(右ハイキック) UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
カーメロ・マレロ 1R 3:22 腕ひしぎ十字固め UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 2006年12月30日
ファビアーノ・シェルナー 2R 0:24 TKO(パウンド) UFC 60: Hughes vs. Gracie 2006年5月27日
ケビン・ジョーダン 3R 4:39 KO(右スーパーマンパンチ) UFC 56: Full Force 2005年11月19日
ウォルター・ファリアス 2R 肩固め 修斗ブラジル: Ginasio Municipal de Cutia 2004年10月23日
チャーリー・ブラウン 3R ギブアップ Jungle Fight 2 2004年5月15日
× ファブリシオ・ヴェウドゥム 3R 2:11 TKO(パンチ連打) Jungle Fight 1 2003年9月13日
ブランドン・リー・ヒンクル 1R 3:54 三角絞め Meca World Vale Tudo 9 2003年8月1日
シセロ・コスタ 1R ギブアップ(パンチ連打) Brazilian Gladiators 2 2003年4月2日

獲得タイトル[編集]

  • 2000年、ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯スペルペサード級(-97kg) 3位
  • 2002年、ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯アブソルート級(無差別級) 3位
  • 2003年、ブラジリアン柔術ワールドカップ(コパドムンド) 黒帯スペルペサード級 準優勝、黒帯アブソルート級 準優勝
  • 2004年、ブラジリアン柔術ワールドカップ(コパドムンド) 黒帯ペサディシモ級(+97kg) 準優勝、黒帯アブソルート級 3位
  • 2005年、第6回アブダビコンバット 99kg以上級 準優勝
  • 2006年、ブラジリアン柔術ワールドカップ(コパドムンド) 黒帯ペサディシモ級 準優勝
  • 2006年、ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯ペサディシモ級 優勝
  • Reality Fightingヘビー級王座

脚注[編集]

  1. ^ Gonzaga sniffs out his biggest opportunity Yahoo! Sports 2007年8月19日
  2. ^ ガブリエル・ゴンザーガ「本当に、凄くランディーのベルトがほしい」『格闘技通信』、2007年7月23日号
  3. ^ 【UFC91】ゴンザガ、ヘンドリックスを61秒TKO葬 MMAPLANET 2008年11月16日
  4. ^ 【UFC96】ナパォン、カーウィンに69秒KO負け MMAPLANET 2009年3月8日
  5. ^ 【UFC LIVE】シガノ、ナパォン撃破で王座挑戦に前進 MMAPLANET 2010年3月22日
  6. ^ 【UFC121】シャウブ、フルマークでゴンザガに判定勝ち MMAPLANET 2010年10月24日
  7. ^ 【UFC142】ナパォン、2年5ヵ月ぶり勝利に歓喜 MMAPLANET 2012年1月15日
  8. ^ Gabriel Gonzaga's camp plans to appeal TUF 17 Finale loss due to illegal elbows MMAjunkie.com 2013年4月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]