リック・ストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リック・ストーリー
基本情報
本名 リック・トーマス・ストーリー
(Rick Thomas Story)[1]
通称 ザ・ホラー (The Horror)[2]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[3]
生年月日 1984年8月28日(30歳)[3]
出身地 ワシントン州タコマ[2]
所属 ブレイブ・リージョン
身長 177cm[2]
体重 77kg[2]
リーチ 180cm
階級 ウェルター級
スタイル レスリング
テンプレートを表示

リック・"ザ・ホラー"・ストーリーRick "The Horror" Story、男性、1984年8月28日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家ワシントン州タコマ出身。ブレイブ・リージョン所属。

来歴[編集]

ワシントン州タコマに生まれる。3歳のころ両親が離婚し、7歳までは母親と姉と共に暮らしていたが、祖父の死をきっかけにスパナウェイで祖母と暮らすようになった。5年生の時にアメリカンフットボール野球を始め、中学ではさらにレスリングも始めた。高校入学後は陸上の棒高跳びで校内記録を作る活躍を見せる。高校卒業後はパシフィックルーテラン大学に進学、フットボールとレスリングを続けた。その後レスリングチームの廃部に伴い南オレゴン大学に移る。当時のストーリーは学費のために国家警備隊に所属していた。4年時にはレスリングで32勝7敗の成績を収め、国内2位となった。リックは同時期に通っていた国家警備隊幹部候補生学校を修了し、2006年11月に士官としての資格を得た。また南オレゴン大学を卒業した(主専攻は健康教育学、副専攻は軍事学[4]。プロになって以後も士官職に就いている[2]

MMA[編集]

リックが最初にMMAに興味を持ったのは少年時代のときであり、「(12歳のときに)初めてUFCビデオを見て、それに魅せられた」と語っている[5]。大学2年生の2004年に練習を始め[2]、パット・ホワイトがトレーナーを務めるブレイブハート・ファイト・クラブ(現ブレイブ・リージョン)に通い、マイク・ピアースらとトレーニングを積んだ。プロ転向以前はアマチュア5戦5勝の戦績を収めた。2007年秋にプロに転向すると、1年間で7勝2敗の成績を残した。

UFC[編集]

2009年にUFCと契約。最初はUFC 94に出場予定であったカロ・パリジャンが欠場した際の代役であった(最終的にパリジャンは出場)[6]。初戦となったUFC 99(6月13日)でのジョン・ハザウェイ戦は判定負けを喫するものの[7]、2戦目となった9月19日のUFC 103でのブライアン・フォスター戦では2ラウンドに肩固めで一本勝ちを収め、UFC初勝利を飾った[8]。リックは同大会のファイト・オブ・ザ・ザ・ナイトとサブミッション・オブ・ザ・ナイトを獲得したほか[9]、この試合は2009年のUFCベストバウトの第7位にランクインした。

2010年は1月11日に「UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz」でジェシー・レノックスに[10]、4月10日にはUFC 112でニック・オシプチャックに[11]それぞれ判定勝ちを収めた。その後8月7日のUFC 117ではダスティン・ヘイズレットにTKO勝ちを収め、UFCでの連勝を4に伸ばした[12]。12月4日、TUF 12 Finaleジョニー・ヘンドリックスに判定勝ちを収め、2010年はUFC戦績を4戦4勝とした[13]

2011年、5月28日のUFC 130においてチャンピオンシップ経験者のチアゴ・アウベスと対戦、3-0の判定で勝利を収めた。その1か月後のUFC Live: Kongo vs. Barryでは欠場したアンソニー・ジョンソンに替わってネイサン・マーコートとの対戦が決定していたが、マーコートの欠場が直前に決定し、緊急の代役チャーリー・ブレネマンとの対戦となった[14]。試合は1、2ラウンドにブレネマンにトップキープを許し、3ラウンドにマウントを奪うなど追い上げを見せるも三者28-29のスコアで判定負けとなった[15]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
24 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 4 3 9 0 0 0
8 0 1 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ケルヴィン・ガステラム 5分3R終了 判定1-2 UFC 171: Hendricks vs. Lawler 2014年3月15日
ブライアン・エバーソール 5分3R終了 判定3-0 UFC 167: St-Pierre vs. Hendricks 2013年11月16日
× マイク・パイル 5分3R終了 判定1-2 UFC 160: Velasquez vs. Bigfoot 2 2013年5月25日
クィン・モルハーン 1R 3:05 TKO(左フック→パウンド) UFC 158: St-Pierre vs. Diaz 2013年3月16日
× デミアン・マイア 1R 2:30 ネッククランク UFC 153: Silva vs. Bonnar 2012年10月13日
ブロック・ジャーディン 5分3R終了 判定3-0 UFC on FX 4 2012年6月22日
× マルティン・カンプマン 5分3R終了 判定0-3 UFC 139: Shogun vs. Henderson 2011年11月20日
× チャーリー・ブレネマン 5分3R終了 判定0-3 UFC Live: Kongo vs. Barry 2011年6月26日
チアゴ・アウベス 5分3R終了 判定3-0 UFC 130: Rampage vs. Hamill 2011年5月28日
ジョニー・ヘンドリックス 5分3R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Team GSP vs. Team Koscheck Finale 2010年12月4日
ダスティン・ヘイズレット 2R 1:15 TKO(パウンド) UFC 117: Silva vs. Sonnen 2010年8月7日
ニック・オシプチャック 5分3R終了 判定2-1 UFC 112: Invincible 2010年4月10日
ジェシー・レノックス 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz 2010年1月11日
ブライアン・フォスター 2R 1:09 肩固め UFC 103: Franklin vs. Belfort 2009年9月19日
× ジョン・ハザウェイ 5分3R終了 判定0-3 UFC 99: The Comeback 2009年6月13日
ブランドン・メレンデス 1R 2:17 裸絞め Elite Warriors Championship: Vancouver Cage Fights 2008年9月6日
ウェスリー・ウェルチ 1R KO(パンチ連打) Carnage at the Creek 3 2008年8月22日
ジェイク・エレンバーガー 5分3R終了 判定3-0 SportFight 23: Heated Rivals 2008年6月20日
ライアン・ヒーリー 5分5R終了 判定3-0 Elite Warriors Championship: May Massacre 2008年5月10日
ジェームス・ドッジ 1R 3:37 裸絞め Elite Warriors Championship 4: Welterweight War 2008年2月23日
ジェイク・ポール 2R 1:49 TKO(パンチ連打) Elite Warriors Championship 3: Capitol Invasion 2008年1月12日
× ネイサン・コイ 5分3R終了 判定0-3 SportFight 21: Seasons Beatings 2007年12月22日
ジュリオ・パウリーノ 3R終了 判定 Alaska Fighting Championship 41: Thankful Throwdowns 2007年11月15日
× マリオ・ミランダ 5分3R終了 判定0-3 Conquest of the Cage 2007年11月6日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]