五味隆典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五味 隆典
Takanori Gomi.jpg
基本情報
本名 五味 隆典
通称 天下無双の火の玉ボーイ
The Fireball Kid
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1978年9月22日(35歳)
出身地 神奈川県愛甲郡愛川町
所属 K'z FACTORY
→木口道場レスリング教室
→久我山ラスカルジム
身長 173cm
体重 70kg
リーチ 178cm
階級 ライト級
スタイル レスリングボクシング
テーマ曲 SCARY -Delete streamin' freq. from fear side-
THE MAD CAPSULE MARKETS
テンプレートを表示
帯谷信弘と酒を飲む五味。

五味 隆典(ごみ たかのり、男性、1978年9月22日 - )は、日本総合格闘家神奈川県愛甲郡愛川町出身。久我山ラスカルジム主宰。初代PRIDEライト級王者。

KO勝利(本人曰く『スカ勝ち』)にこだわるアグレッシブな試合が持ち味。 2006年7月22日に東京都杉並区久我山に自身のジム「久我山ラスカルジム」を開き、以降はこのジム所属扱いとなっている。

来歴[編集]

中学時代は野球部でピッチャーをしていた。野球をやめた後にTVでボクシングを見て、直感的に格闘技が自分の進むべき道だと確信したという。高校入学直後に相模原ヨネクラボクシングジムに入門し、格闘技の道に進み始める[1]

16歳の時、木口道場レスリング教室に入門。木口宣昭会長のもとレスリングを学び、総合格闘技を始めた。高校を1年で中退し、五味に警察官になって欲しかった父親との仲が悪くなり、縁を切られた。

1998年11月、修斗にてプロデビュー、以降連勝を続けた。2001年8月26日にはウェルター級王座決定戦を三島☆ド根性ノ助と行う予定であったが、三島の左脇腹の負傷により試合は中止となった[2]。12月16日には佐藤ルミナに勝利し第5代修斗ウェルター級王座を獲得した。

2002年レオナルド・サントスクリス・ブレナンに判定勝ちし、12月14日には前年に中止となった三島戦を迎える。2Rにフックでダウンを奪い、その後タックルにきた三島に打撃を浴びせTKO勝ちを収め、初防衛に成功した。

2003年8月10日にヨアキム・ハンセンに敗れ、デビュー以来の連勝は13でストップ、ウェルター級王座からも陥落した。10月10日、ハワイで開催されたRumble on the Rock 4でBJ・ペンと対戦。何度もバックマウントを取られパンチを浴び、最後はチョークスリーパーで一本負け。

その打撃技術の高さから、修斗時代はK-1参戦が噂されていた五味だったが、総合格闘技の道を選びPRIDE武士道に参戦した。

PRIDE[編集]

2004年2月15日のPRIDE 武士道 -其の弐-で初参戦し、シュートボクセ・アカデミーのジャドソン・コスタにマウントパンチでKO勝ち。その後、それまで総合では無敗だったハウフ・グレイシーに試合開始6秒でKO勝ちするなど、海外選手を相手に6連続1ラウンドでのKOまたは一本勝ちを記録し名実ともにPRIDE軽量級のエースとなった。

2005年9月25日に開催されたPRIDEライト級トーナメントに出場。1回戦で川尻達也と対戦し、1ラウンドに裸絞めで一本勝ち。準決勝ではルイス・アゼレードに僅差の判定勝ち。大晦日の決勝戦では、修斗時代の先輩でもある桜井"マッハ"速人と対戦、1ラウンドにパンチラッシュでKO勝利しPRIDE10連勝を飾るとともにトーナメント優勝を果たした。

2006年3月31日、初代PRIDEライト級王者に認定された。しかし、王者としての初戦となった2006年4月2日のPRIDE 武士道 -其の拾-で、ZST GP王者のマーカス・アウレリオ肩固めで一本負け(ノンタイトル戦であったため、王座の移動は無し)。8月26日のPRIDE 武士道 -其の十二-では、修斗欧州ミドル級王者のデビッド・バロンに一本勝ちを収めた。11月5日のPRIDE 武士道 -其の十三-でアウレリオとの再戦がライト級タイトルマッチとして組まれた。試合は両者共に前に踏み出せずに膠着が続いたものの、判定2-1で勝利。王座の防衛に成功した。その後12月31日のPRIDE 男祭り 2006にて、アウレリオを破った石田光洋と対戦することが決まり、試合前から舌戦を繰り広げていたが、結果は五味の1ラウンドKO勝ち。

2007年2月24日、PRIDE.33で王者として初のアメリカ進出。試合前からジョルジュ・サンピエールUFC王者と戦いたいとコメントをしていたが、五味の希望は叶わず、ニック・ディアスと対戦。1Rにフックでダウンを奪い優位に立ったが、2Rにフットチョークでタップアウト負けとなった。その後、ディアスの薬物使用(マリファナ)が発覚し、ネバダ州アスレチック・コミッションの決定により4月9日付けで無効試合となった[3]

3月21日、第13回全日本コンバットレスリング選手権の73kg級で優勝を果たした。その後はPRIDEの消滅もあり、2007年は試合はすることは無かった。12月29日にラスベガスで行われたUFC 79に来場したが、最終的に参戦には至らなかった。

戦極[編集]

2008年1月31日、新団体「戦極」への参戦が発表された。エースとしての扱いを受け、3月5日の旗揚げ戦・戦極 〜第一陣〜ドゥエイン・ラドウィックと対戦。1Rに左フックでダウンを奪い、出血によるドクターストップでTKO勝ち。続く8月24日の戦極 〜第四陣〜ではDEEPライト級王者ハン・スーファンに判定勝利を収めるも、11月1日の戦極 〜第六陣〜では無名のセルゲイ・ゴリアエフに1-2の判定で敗れ、2年半振りの敗戦を喫した。試合後、同大会で五味への挑戦権を賭けたライト級グランプリの優勝を決めた北岡悟との対戦が2009年1月4日に行われることが決定した。

2008年11月30日、全日本コンバットレスリング・オープン選手権73kg級に出場。決勝で永田克彦と対戦し、ポイント1-0で判定勝ちを収め、優勝を果たした。

2009年1月4日、戦極の乱2009の戦極ライト級チャンピオンシップで北岡悟と対戦し、アキレス腱固めで一本負けを喫し、王座獲得に失敗した。

2009年5月10日、5年9か月ぶりに修斗に参戦。世界ウェルター級王者の中蔵隆志と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。試合後、リング上で「帰ってきたぜ!」と絶叫した[4]

2009年8月1日に開催予定であったAffliction: Trilogyでハファエロ・オリヴェイラと対戦予定であったが、大会が中止となった。

2009年10月30日、10年ぶりの開催となったVALE TUDO JAPAN 09のメインイベントでKOTCライト級王者トニー・ハービーと対戦し、3Rまでは優勢に試合を進めるも4Rから失速し、判定勝ちとなった。試合前には「いい勝ち方をしてリング上で言いたいことがある」と発言していたが[5]、試合後のリング上で「大晦日に魔裟斗選手と…無理だよ。やめる!」と大晦日での引退を公表している魔裟斗との対戦を考えていたものの、納得した勝ち方ができなかったことで尻すぼみの発言となった[6]

UFC[編集]

2010年1月にUFCと契約したことを発表[7]。UFCデビュー戦となった3月31日のUFC Fight Night: Florian vs. Gomiのメインイベントではケニー・フロリアンにチョークスリーパーで敗れ、黒星デビューとなった[8]

2010年8月1日、UFC on Versus: Jones vs. Matyushenkoではタイソン・グリフィンに開始1分余りで右フックによるKO勝ちを収め、UFC初勝利を挙げるとともにノックアウト・オブ・ザ・ナイトを獲得した[9][10]。試合後に十八番の駆け上りを金網で実現するも、金網を上ったことを注意された[11]

2011年1月1日、UFC 125クレイ・グイダと対戦するも2R終盤にギロチンチョークで一本負けを喫し、UFCでの戦績を1勝2敗とした[12]

2011年9月24日、UFC 135ネイト・ディアスと対戦。得意なはずのスタンドの打撃で全く対抗できず一方的に打ち負け、テイクダウンで逃れようとするが腕ひしぎ十字固めで一本負け。UFC2連敗になり、戦績は1勝3敗となった[13]

2012年2月26日、日本で開催されたUFC 144光岡映二と対戦し、2RTKO勝ち。1Rに光岡のフックでダウンを喫し三角絞めを極められるが、ラウンド終了間際だったためゴングに救われる。2Rには光岡のテイクダウンを切った後のパウンドでTKO勝ちを収めた[14]。UFC2勝目を挙げた。当初はジョージ・ソテロポロスとの対戦が予定されていたが、ソテロポロスが怪我で欠場となり、対戦相手がUFC初参戦の光岡に変更された。試合後のマイクアピールでは「火の玉が帰ってきたぜ!」と叫んだ。

2012年11月10日、UFC on Fuel TV 6マック・ダンジグと対戦し、僅差の判定勝ち。一進一退の攻防が評価され、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年3月3日、日本開催となったUFC on Fuel TV 8ディエゴ・サンチェスと対戦。計量でサンチェスが契約体重オーバーとなり計量をパスできず、罰則としてサンチェスが五味にファイトマネーの20%を支払う事で試合が成立した。試合では僅差の判定負け。僅差の判定であったためこの試合は五味の勝利と見る見解が多く、会場ではサンチェス勝利となった瞬間にブーイングが起こった。海外のMMAサイトの採点結果では12人中12人の記者が五味勝利としており、手数や有効打など五味の方が上回っていたという集計が出ている[15][16]。UFC代表のダナ・ホワイトは「なぜあれでサンチェスの勝ちになるんだ?実に馬鹿げてる。」と発言[17]。試合中に五味は右手甲の中手骨を粉砕骨折したため、再起戦は遠のいた[18]

2014年4月26日、UFC 172でアイザック・ヴァリーフラッグと対戦し、判定勝ち。約1年1ヶ月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。また、この試合で自身二度目のファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
45 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
35 13 6 16 0 0 1
9 0 6 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
アイザック・ヴァリーフラッグ 5分3R終了 判定3-0 UFC 172: Jones vs. Teixeira 2014年4月26日
× ディエゴ・サンチェス 5分3R終了 判定1-2 UFC on Fuel TV 8 2013年3月3日
マック・ダンジグ 5分3R終了 判定2-1 UFC on Fuel TV 6 2012年11月10日
光岡映二 2R 2:21 TKO(パウンド) UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
× ネイト・ディアス 1R 4:27 腕ひしぎ十字固め UFC 135: Jones vs. Rampage 2011年9月24日
× クレイ・グイダ 2R 4:27 ギロチンチョーク UFC 125: Resolution 2011年1月1日
タイソン・グリフィン 1R 1:04 KO(右フック) UFC on Versus: Jones vs. Matyushenko 2010年8月1日
× ケニー・フロリアン 3R 2:52 チョークスリーパー UFC Fight Night: Florian vs. Gomi 2010年3月31日
トニー・ハービー 5分5R終了 判定3-0 VALE TUDO JAPAN 09 2009年10月30日
中蔵隆志 2R 4:42 TKO(パウンド) 修斗 "修斗伝承 ROAD TO 20th ANNIVERSARY FINAL" 2009年5月10日
× 北岡悟 1R 1:41 アキレス腱固め 戦極の乱2009
【戦極ライト級チャンピオンシップ】
2009年1月4日
× セルゲイ・ゴリアエフ 5分3R終了 判定1-2 戦極 〜第六陣〜 2008年11月1日
ハン・スーファン 5分3R終了 判定3-0 戦極 〜第四陣〜 2008年8月24日
ドゥエイン・ラドウィック 1R 2:28 TKO(ドクターストップ) 戦極 〜第一陣〜 2008年3月5日
ニック・ディアス 無効試合(禁止薬物の使用) PRIDE.33 "THE SECOND COMING" 2007年2月24日
石田光洋 1R 1:14 KO(左ストレート→パウンド) PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU- 2006年12月31日
マーカス・アウレリオ 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の十三-
【PRIDEライト級タイトルマッチ】
2006年11月5日
デビッド・バロン 1R 7:10 チョークスリーパー PRIDE 武士道 -其の十二- 2006年8月26日
× マーカス・アウレリオ 1R 4:34 肩固め PRIDE 武士道 -其の拾- 2006年4月2日
桜井"マッハ"速人 1R 3:56 KO(スタンドパンチ連打) PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-
【ライト級トーナメント 決勝】
2005年12月31日
ルイス・アゼレード 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント 準決勝】
2005年9月25日
川尻達也 1R 7:42 チョークスリーパー PRIDE 武士道 -其の九-
【ライト級トーナメント 1回戦】
2005年9月25日
ジーン・シウバ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の八- 2005年7月17日
ルイス・アゼレード 1R 3:46 KO(右フック) PRIDE 武士道 -其の七- 2005年5月22日
ジェンス・パルヴァー 1R 6:21 KO(左アッパー) PRIDE 男祭り 2004 -SADAME- 2004年12月31日
チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 1R 5:52 チキンウィングアームロック PRIDE 武士道 -其の伍- 2004年10月14日
ファビオ・メロ 1R 8:07 TKO(パウンド) PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
ハウフ・グレイシー 1R 0:06 TKO(グラウンドの膝蹴り) PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
ジャドソン・コスタ 1R 4:55 TKO(マウントパンチ) PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
× BJ・ペン 3R 2:35 チョークスリーパー Rumble on the Rock 4 2003年10月10日
× ヨアキム・ハンセン 5分3R終了 判定0-2 修斗
【修斗世界ウェルター級チャンピオンシップ】
2003年8月10日
ニック・アートル 1R 4:59 腕ひしぎ十字固め 修斗 2003年2月23日
三島☆ド根性ノ助 2R 0:52 TKO(パウンド) 修斗
【修斗ウェルター級チャンピオンシップ】
2002年12月14日
クリス・ブレナン 5分3R終了 判定3-0 修斗 2002年9月16日
レオナルド・サントス 5分3R終了 判定2-0 修斗 2002年6月29日
佐藤ルミナ 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP -THE FINAL ACT-
【修斗ウェルター級王座決定戦】
2001年12月16日
ライアン・ボウ 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 2000年11月12日
ポール・ロドリゲス 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 2000年7月16日
アンデウソン・パヴァオン 5分3R終了 判定3-0 修斗 R.E.A.D. 2000年4月2日
ジョニー・エドゥアウド 3R 1:43 スリーパーホールド VALE TUDE JAPAN '99 1999年12月11日
桑原卓也 5分3R終了 判定3-0 IV 修斗 the Renaxis 1999 1999年9月5日
ステファン・パーリング 1R 3:06 スリーパーホールド SuperBrawl 12 1999年6月1日
桑原卓也 5分3R終了 判定3-0 II 修斗 the Renaxis 1999 1999年3月28日
高田和道 2R 3:42 TKO(パンチ連打) 修斗 the Renaxis 1999 "Devilock Fighters" 1999年1月15日
鶴屋浩 5分2R終了 判定3-0 修斗 Las Grandes Viajes 6 1998年11月27日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
中倉三四郎 延長戦 ポイント2-0 ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 決勝】
2011年2月27日
松本光史 ポイント6-0 ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 準決勝】
2011年2月27日
山田哲也 ポイント7-0 ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 2回戦】
2011年2月27日
山本龍之介 ポイント2-(-1) ADCC ASIA TRIAL 2011
【77kg未満級 1回戦】
2011年2月27日
× シェーン・ローラー 1R 5:30 チョークスリーパー Grapplers Quest at UFC Fan Expo Vegas 2010 2010年5月29日
宇野薫 5分3R終了 判定59-56 G.C.M The CONTENDERS 6 2001年10月8日
星野勇二 5分2R終了 判定40-37 G.C.M The CONTENDERS「Millennium-1」 2001年6月10日
× マット・セラ チョークスリーパー ADCC 2001
【77kg未満級 1回戦】
2001年4月11日
× 三宅靖志 5分2R終了 判定27-28 G.C.M.「CONTENDERS II」 1999年10月17日

アマチュア総合格闘技[編集]

  • 5戦4勝1敗

獲得タイトル[編集]

  • 第5代修斗ウェルター級世界王座(2001年)
  • PRIDE GP 2005 ライト級トーナメント 優勝(2005年)
  • 初代PRIDEライト級王座(2006年)
  • コンバットレスリング 69kg級 3位(1998年)
  • コンバットレスリング 69kg級 優勝(2001年)
  • コンバットレスリング 74kg級 優勝(2002年)
  • コンバットレスリング 74kg級 優勝(2003年)
  • コンバットレスリング 73kg級 優勝(2007年)
  • ADCC ASIA TRIAL 2011 77kg未満級 優勝(2011年)

人物[編集]

  • 火の玉のようなファイトスタイル、破天荒な性格から男性ファンが非常に多く、各界著名人にもファンが多い。
  • 人志松本のすべらない話』(2009年12月26日放送分)にゲスト出演。千原ジュニア松本人志が五味の大ファンであり声をかけたとみられる(千原からの指名で雑誌での対談もしている)。千原のマネージャーネタをうけ、自らのマネージャーネタを披露した。
  • マネージャー(マネジメント全般)は中学からの親友・市川広樹。『Abaddon』でも実名で登場しており、二人の信頼関係がうかがえる。
  • THE MAD CAPSULE MARKETSの大ファン。トランクスにロゴを入れ、PRIDE時代の入場曲に「SCARY -Delete streamin' freq. from fear side-」を使用していた(2010年8月1日のUFC on Versus: Jones vs. Matyushenkoタイソン・グリフィン戦から「SCARY -Delete streamin' freq. from fear side-」に戻している)。
  • 矢沢永吉マニー・パッキャオを尊敬している。
  • トレーディングカードゲーム「ディメンション・ゼロ」のイメージキャラクターを務めた事があり、本人出演(本人がCM台本を読んだ)のCMもある。
  • 大の酒好きであり、吉祥寺ハーモニカ横丁でよく飲んでいる(本人のブログより)。親交のある須藤元気は五味に夜の六本木に呼び出され、一晩で20万円分の酒を飲み明かしたエピソードを語っている[19]

Abaddon[編集]

  • 週刊ヤングマガジンで連載。新宿スワンの著者である和久井健が五味を主人公に描く。和久井が五味の大ファンであることから実現。
  • 2010年3月15日発売号より前半連載開始(8回)。2010年7月23日第1巻(単行本)が発売。
  • 2010年12月6日発売号より2週のみ連載復活。以降不定期で更新予定。

スカ勝ち[編集]

修斗時代には判定勝利も多かった五味だが、PRIDE武士道においてはKO率8割を誇り、しかもその全てが1Rで決着するというストライカーであった。五味自身、KO勝利を「スカ勝ち」と呼び非常にこだわっており、2004年12月31日のPRIDE 男祭り 2004では勝利後にリング上で「大晦日に判定?駄目だよ、KOじゃなきゃ!」と発言している[20]

入場テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ UFC選手データ UFC
  2. ^ 三島負傷欠場、五味とのタイトルマッチ中止に/修斗8.26大阪 BoutReview 2001年8月15日
  3. ^ NSAC Changes Diaz Win to No-Decision SHERDOG 2007年4月10日
  4. ^ 五味、中蔵をKO。リオン防衛。廣田は石田を撃破 BoutReview 2009年5月11日
  5. ^ 【バーリトゥードジャパン】10・30五味隆典がサプライズ予告!?「勝ってリング上で言いたいことがある」 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月29日
  6. ^ 【バーリトゥードジャパン】大晦日に魔裟斗とやる!五味隆典のビッグサプライズ 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年10月30日
  7. ^ [UFC] 五味がUFCと契約。ダナ・ホワイトとツーショット BoutReview 2010年1月3日
  8. ^ 【UFN21】五味、UFCデビュー戦はケンフロの前に散る MMAPLANET 2010年4月1日
  9. ^ 【UFC】火の玉ボーイ健在!五味がタイ・グリからKO勝ち MMAPLANET 2010年8月2日
  10. ^ UFC on Versus 2 fighter bonuses: Gomi, Oliveira, Stann, Massenzio get $40K awards MMAjunkie.com 2010年8月1日
  11. ^ 【UFC VERSUS】五味初勝利も「金網に昇って怒られた」 MMAPLANET 2010年8月3日
  12. ^ 【UFC125】五味が一本負け、グイダのギロチンに沈む MMAPLANET 2011年1月2日
  13. ^ 【UFC135】崖っぷちの五味、ネイトの前になす術なし MMAPLANET 2011年9月25日
  14. ^ 【UFC144】五味、光岡を逆転TKO、「帰ってきたゼぇ」 MMAPLANET 2012年2月26日
  15. ^ 五味vsサンチェス 採点・メディアスコア MMADecisions.com 2013年3月3日
  16. ^ 五味vsサンチェス RESULTS & STATS FIGHTMETRIC 2013年3月3日
  17. ^ 五味敗戦ホワイト社長判定に不満/UFC nikkansports.com 2013年3月4日
  18. ^ 粉砕骨折 五味隆典オフィシャルブログ 2013年3月4日
  19. ^ 五味隆典選手と須藤元気さんが「UFC Undisputed 2010」で直接対決! 果たして軍配は……? 4Gamer.net 2010年8月30日
  20. ^ PRIDE 男祭り 2004 第9試合 スポーツナビ 2004年12月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
宇野薫
第5代修斗世界ウェルター級王者

2001年12月16日 - 2003年8月10日

次王者
ヨアキム・ハンセン
前優勝者
N/A
PRIDE GP 2005ライト級トーナメント優勝

2005年12月31日

次優勝者
N/A
前王者
王座新設
初代PRIDEライト級王者

2006年3月31日 - 現在

次王者
N/A