BJ・ペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BJ・ペン
B.J. Penn.jpg
基本情報
本名 ジェイ・ディー・ペン
(Jay Dee Penn)[1]
通称 ザ・プロディジー (The Prodigy)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1978年12月13日(35歳)[2]
出身地 ハワイ州カイルア[2]
所属 ノヴァウニオン
→BJ・ペンズMMA
身長 175cm
体重 77kg
リーチ 178cm
階級 ウェルター級ライト級
フェザー級
スタイル ブラジリアン柔術ボクシング
テーマ曲 Hawaii '78" into "E Ala E
イズラエル・カマカヴィヴォオレ
テンプレートを表示

ジェイ・ディー・"BJ"・ペン[3]Jay Dee "B.J." Penn、男性、1978年12月13日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家柔術家ハワイ州カイルア出身。BJ・ペンズMMA主宰。ブラジリアン柔術黒帯。第3代UFC世界ライト級王者、第4代UFC世界ウェルター級王者。

ブラジル人以外の柔術家では史上初のムンジアル黒帯の優勝者。名ボクシングトレーナーのフレディ・ローチから絶賛されるほど優れたボクシング技術も持つ。また、UFCでライト級とウェルター級の2階級制覇を達成しただけでなく、ミドル級ライトヘビー級でも強豪と互角以上に渡り合った。

総合格闘家のリーガン・ペンは実弟。

来歴[編集]

少年時代はハワイ島でケンカにあけくれる毎日を送っていた。17歳の頃、近所にできた柔術道場を見学に行くが、そこで年下の少年にあっさり締め落とされ、「この技術を覚えたら島で無敵になれる」と入門を決意した。

ブラジリアン柔術の修行でアメリカ本土へ渡り、ハウフ・グレイシーに弟子入り。ノヴァウニオンに移籍し、2000年に総帥アンドレ・ペデネイラスから黒帯を授与される。後の2000年7月にはブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル)黒帯ペナ(-67kg)級で優勝、ブラジル人以外の選手として初めてアダルト黒帯の部を制する。

2001年5月4日のUFC 31総合格闘技デビュー。ジョーイ・ギルバートに1RでパウンドによるTKO勝ちを収めた。

2001年11月2日、UFC 34宇野薫と対戦。開始11秒でパンチの連打によるKO勝ち。

2002年1月11日、UFC 35のUFC世界ライト級タイトルマッチでジェンス・パルヴァーと対戦。腕ひしぎ十字固めを極めパルヴァーがタップアウトするシーンもあったが、ラウンド終了と同時だったため無効に。結果は0-2の判定負け。

2002年9月27日、UFC 39においてライト級王座決定トーナメントに出場、マット・セラと対戦し3-0の判定勝ちで決勝進出を決める。

2003年2月28日、UFC 41の決勝戦で宇野薫と再戦し、引き分け。王者は誕生しなかったが、再戦は行われなかった。

2003年10月10日、地元ハワイのRumble on the Rock 4において五味隆典と対戦。3Rにチョークスリーパーによる一本勝ち。五味は「試合したら怖いと思うのはBJくらい」と語っている[4]

その後、ウェルター級に階級を上げ、2004年1月31日、UFC 46マット・ヒューズにチョークスリーパーで1R一本勝ち。第4代UFC世界ウェルター級王者となるが、直後にK-1FEG)と契約したことで、2004年5月にUFC世界ウェルター級王座を剥奪される。

2004年5月22日、K-1 ROMANEXドゥエイン・ラドウィックと対戦。開始直後にテイクダウンに成功すると、パウンドからの肩固めで一本勝ち。

2005年3月26日、HERO'S旗揚げ戦において無差別級契約でLYOTOと対戦。マスト方式の判定0-3で敗れたものの、15kg以上の体重差があるにもかかわらず互角に渡り合う[5]

UFC復帰[編集]

2006年3月4日、UFC 58においてUFC復帰を果たすが、ジョルジュ・サンピエールに1-2の僅差の判定負け。序盤は打撃で優位に進め、テイクダウンは許すものの、グラウンドでも相手をうまくコントロールしており、ダメージの差を見るならBJの勝利ではないかという意見もあった。

2006年9月、アローヘッド・ポンド・オブ・アナハイムで公開計量を終え、マット・ヒューズ(左)と

2006年9月23日、UFC 63マット・ヒューズの持つウェルター級王座に挑む。打撃や変形三角絞めなどで序盤は圧倒しながらも試合中にアバラを痛め失速、3RにパウンドによるTKO負けを喫した。以後は再びライト級へ転向。

2007年The Ultimate Fighter 5のコーチを務め、2007年6月23日のフィナーレでは同じくコーチを務めたジェンス・パルヴァーと対戦、チョークスリーパーで一本勝ちし、5年半ぶりにリベンジを果たした。

2008年1月19日、UFC 80ジョー・スティーブンソンとUFC世界ライト級王座決定戦で対戦。スタンドでもグラウンドでも一方的に殴り続け、1Rに右肘打ちでカットさせ流血させると、最後はチョークスリーパーで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。この勝利で第3代UFC世界ライト級王者となり、ランディ・クートゥアに続く2階級制覇を達成した。当初は暫定王座決定戦として予定されていたが、王者ショーン・シャークUFC 73において行った薬物使用でタイトルを正式に剥奪されたため、正王者の決定戦にスライドする形となった。試合後、観戦していたシャークに対戦を呼びかけ、シャークもオクタゴンへ上がり対戦を受諾した。

2008年5月24日、UFC 84でショーン・シャークとUFC世界ライト級タイトルマッチで対戦。スタンドの攻防で優位に立ち、ラウンド終了間際に勢いをつけての膝蹴りでダウンを奪うとパウンドを連打。3R終了時のTKO勝ちにより王座の初防衛に成功した。試合後のマイクでは「Do you want GSP?」と観客を煽り、ジョルジュ・サンピエールとの再戦をにおわせた。

2009年1月31日、ライト級王座を保持したままUFC 94でUFC世界ウェルター級タイトルマッチでジョルジュ・サンピエールと再戦。戦前、世界中で「現代MMA最高の一戦」と銘打たれた試合であったが、終始ポジショニングで優位に立たれ、パウンドによるダメージの蓄積で4R終了時にコーナーストップによるTKO負け。リベンジを兼ねたウェルター級王座奪還には至らなかった。試合後、「GSPがインターバルにワセリンを背中に塗っていた」としてネバダ州アスレチック・コミッションに提訴したが敗訴に終わった[6]。(後に同コミッションは外用物質の使用を禁止条項に加え、それは俗に「BJペン・ルール」と称される[7]。)

2009年8月8日、UFC 101のライト級王座防衛戦でケニー・フロリアンと対戦。4Rにチョークスリーパーで一本勝ちし、2度目の王座防衛に成功。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年12月12日、UFC 107のライト級王座防衛戦でディエゴ・サンチェスと対戦。相手に一度のテイクダウンも許さず、終始打撃で圧倒。最終ラウンドに右ハイキックで額をカットさせてドクターストップによるTKO勝ちを収め、3度目の防衛に成功した。

2010年4月10日、アブダビで開催されたUFC 112のライト級王座防衛戦でフランク・エドガーと対戦。5Rを戦い0-3の判定負けにより防衛に失敗、2年余りに渡って保持していたライト級王座を失った[8]。非常に判定の難しい試合内容であり、手数ではエドガー、有効打ではBJと意見の分かれる判定となったため、すぐに再戦が組まれることとなった。

2010年8月28日、UFC 118のメインイベントでエドガーとの再戦となるライト級タイトルマッチに挑むが、全ラウンドを通じて手数とテイクダウンの数で上回られ、0-3の判定で敗れ2連敗を喫した[9]

2010年11月21日、UFC 123マット・ヒューズと対戦。右ストレートからのパウンドで21秒KO勝ちを収めた。2009年のジョルジュ・サンピエール戦以来のウェルター級での試合であり、ヒューズとのラバーマッチでもあった[10]

2011年2月27日、UFC 127のメインイベントでジョン・フィッチと対戦し、0-1の判定ドローとなった[11]

2011年10月29日、UFC 137のメインイベントでニック・ディアスと対戦し、0-3の判定負け。試合後には「ニック・ディアスには脱帽だよ。彼は男だ。みんなが俺をこの場所で見るのはこれが最後だ。俺はトップレベルでのパフォーマンスをしたいんだ。娘もいるし、もう一人生まれてくる予定なんだ。こんな顔で家に帰りたくはないんだ。」と引退を表明した[12]

2012年12月8日、引退宣言を撤回しUFC on FOX 5ローリー・マクドナルド戦に臨むも、2Rにはボディーブローを浴びせられKO寸前にまで追い詰められる程圧倒され、大差の判定負けを喫す。

2014年7月6日、TUF 19フランク・エドガーと共にコーチを務め、2014年7月6日のThe Ultimate Fighter 19 Finaleでエドガーとコーチ対決として3度目の対戦。試合では終始圧倒され、3RTKO負け。試合後には「俺は今夜ケージに戻ってくるべきではなかった。ダナ・ホワイトはもう終わりだと言っていたけど、同意しなければならない」と語り、2度目の引退を宣言した[13]

人物[編集]

  • 2004年にUFCを離脱してFEGと契約してからUFCに復帰するまでの間は無差別級世界最強を目指して階級を上げていた。ミドル級ホドリゴ・グレイシーに寝技で完封勝ちし、ライトヘビー級で無敗を誇るLYOTOと無差別級契約で対戦して15kg以上の体重差をモノともせずに互角に渡り合う活躍を見せ、さらにはヘビー級藤田和之との対戦を要求するなど、階級を上げても恐れ知らずな姿勢は変わらなかった。2007年にジョー・ローガン司会のInside the UFCに出演の際は「将来的にはヘビーまで上げて戦ってもいい」と無差別志向が未だに強いことを語っている。
  • 青木真也は「BJ・ペンが一番ですよ、正直。全階級を通じてパウンド・フォー・パウンドだとボクは思ってますからね」と語っている[14]
  • 山本"KID"徳郁と親交が深い。一緒に練習した際にKIDは「BJは強い。特に寝技のスパーリングでは一回も勝てなかった」と苦笑交じりに語っている[15]
  • ボクシング史上に残る名トレーナーであるフレディ・ローチから「私がこれまで見たMMAファイターの中でもBJ・ペンはベストストライカーだ。」と絶賛されるほどである[16]。専門家から見てもペンがストライカーとしてもグラップラーとしても超一流のコンプリート・ファイターであることが現れている。
  • 2005年5月7日、Rumble on the Rock 7の大会終了後にパーティが行われていたワイキキナイトクラブの外で警察官に暴行を働いたとして逮捕された[17][18]。ペンの弁護士によると、ペンは彼の兄弟を騒ぎから救おうとしていて、群衆に入るために誰かを彼の側の方に押しやったところ、それがたまたま警官だったとのこと[19]。ペンは2007年8月に告訴に対する申し立てをせず、2007年12月11日に1年の執行猶予を受けた[20]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
16 7 6 3 0 2 0
10 3 0 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× フランク・エドガー 3R 4:16 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 19 Finale 2014年7月6日
× ローリー・マクドナルド 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 5 2012年12月8日
× ニック・ディアス 5分3R終了 判定0-3 UFC 137: Penn vs. Diaz 2011年10月29日
ジョン・フィッチ 5分3R終了 判定0-1 UFC 127: Penn vs. Fitch 2011年2月27日
マット・ヒューズ 1R 0:21 KO(右ストレート→パウンド) UFC 123: Rampage vs. Machida 2010年11月21日
× フランク・エドガー 5分5R終了 判定0-3 UFC 118: Edgar vs. Penn 2
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年8月28日
× フランク・エドガー 5分5R終了 判定0-3 UFC 112: Invincible
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年4月10日
ディエゴ・サンチェス 5R 2:37 TKO(ドクターストップ) UFC 107: Penn vs. Sanchez
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2009年12月12日
ケニー・フロリアン 4R 3:45 チョークスリーパー UFC 101: Declaration
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2009年8月8日
× ジョルジュ・サンピエール 4R終了時 TKO(コーナーストップ) UFC 94: St-Pierre vs. Penn 2
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2009年1月31日
ショーン・シャーク 3R終了時 TKO(パウンド) UFC 84: Ill Will
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2008年5月24日
ジョー・スティーブンソン 2R 4:02 チョークスリーパー UFC 80: Rapid Fire
【UFC世界ライト級王座決定戦】
2008年1月19日
ジェンス・パルヴァー 2R 3:12 チョークスリーパー The Ultimate Fighter 5 Finale 2007年6月23日
× マット・ヒューズ 3R 3:53 TKO(パウンド) UFC 63: Hughes vs. Penn
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2006年9月23日
× ジョルジュ・サンピエール 5分3R終了 判定1-2 UFC 58: USA vs. Canada 2006年3月4日
ヘンゾ・グレイシー 5分3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2005 in HAWAII 2005年7月29日
× LYOTO 5分3R終了 判定0-3 HERO'S 2005年3月26日
ホドリゴ・グレイシー 5分3R終了 判定3-0 Rumble on the Rock 6 2004年11月20日
ドゥエイン・ラドウィック 1R 1:45 肩固め K-1 ROMANEX 2004年5月22日
マット・ヒューズ 1R 4:39 チョークスリーパー UFC 46: Supernatural
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2004年1月31日
五味隆典 3R 2:38 チョークスリーパー Rumble on the Rock 4 2003年10月10日
宇野薫 5分5R終了 判定1-1 UFC 41: Onslaught
【UFC世界ライト級王座決定戦】
2003年2月28日
マット・セラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 39: The Warriors Return 2002年9月27日
ポール・クレイトン 2R 3:23 TKO(マウントパンチ) UFC 37: High Impact 2002年5月10日
× ジェンス・パルヴァー 5分5R終了 判定0-2 UFC 35: Throwdown
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2002年1月11日
宇野薫 1R 0:11 KO(スタンドパンチ連打) UFC 34: High Voltage 2001年11月2日
ディン・トーマス 1R 2:42 TKO(パウンド) UFC 32: Showdown in the Meadowlands 2001年6月29日
ジョーイ・ギルバート 1R 4:57 TKO(パウンド) UFC 31: Locked and Loaded 2001年5月4日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ UFC 94試合結果 ネバダ州アスレチック・コミッション 2010年4月11日閲覧
  2. ^ a b BJ・ペン UFC公式サイト
  3. ^ 彼の親族にはJayという名前の男性が何人かいて、その中で彼が最年少であったためBaby Jay = BJというあだ名がついた。
  4. ^ Sports Graphic Number 703号 2008年5月22日
  5. ^ 2005年3月26日HERO'S第6試合 HERO'S公式サイト 大会結果詳細
  6. ^ B.J. Penn's Camp Files Formal Complaint Over Vaseline on St. Pierre's Back Between Rounds CAGE POTATO 2009年2月1日
  7. ^ http://www.mmaweekly.com/absolutenm/templates/dailynews.asp?articleid=9411
  8. ^ 【UFC112】BJ王座陥落もエドガーのゲームプランは―― MMAPLANET 2010年4月11日
  9. ^ 【UFC118】エドガーがBJのリベンジ許さず、王座初防衛 MMAPLANET 2010年8月29日
  10. ^ 【UFC123】ランペイジ判定に驚く、BJはヒューズに完勝 MMAPLANET 2010年11月21日
  11. ^ 【UFC127】BJ-フィッチ戦は決め手なくドローに MMAPLANET 2011年2月27日
  12. ^ 格闘技界に衝撃! ミルコ、BJペンのレジェンドが引退表明=UFC結果 スポーツナビ 2011年10月30日
  13. ^ Frankie Edgar retires B.J. Penn with third round TKO FOX Sports 2014年7月6日
  14. ^ 「最先端のMMAが見せられると思います」青木真也インタビュー DREAM公式サイト 2008年12月18日
  15. ^ 「“神の子”ついに始動! この男がDREAMをおもしろくする!!」山本“KID”徳郁インタビュー kamipro Special 2008 JUNE
  16. ^ http://mmamania.com/2008/12/20/ufc-quick-quote-bj-penn-is-the-best-striker-in-mma/
  17. ^ http://www.boutreview.com/data/news05/050507rotr-topics.html
  18. ^ http://the.honoluluadvertiser.com/article/2005/May/09/ln/ln05p.html
  19. ^ http://www.khnl.com/Global/story.asp?S=3322005
  20. ^ http://the.honoluluadvertiser.com/article/2007/Dec/11/br/br5236910784.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
マット・ヒューズ
第4代UFC世界ウェルター級王者

2004年1月31日 - 2004年5月17日(剥奪)

次王者
マット・ヒューズ
空位
前タイトル保持者
ショーン・シャーク
第3代UFC世界ライト級王者

2008年1月19日 - 2010年4月10日

次王者
フランク・エドガー