ワイキキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワイキキビーチ

ワイキキハワイ語:Waikīkī英語:Waikiki)は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ホノルル市内の地名。

概要[編集]

場所はオアフ島南部に位置し、一般的には、南はママラ湾に面したフォート・デルッシー・ビーチ、ワイキキ・ビーチ、クヒオ・ビーチ、カピオラニ・ビーチ・パーク、サン・スーシ・ビーチなどのビーチエリア、西と北はアラ・ワイ運河に挟まれ、東はダイヤモンドヘッドふもとのカイマナ・ビーチまでの地域を指す。

歴史[編集]

19世紀まで[編集]

ワイキキビーチの空撮
ダイアモンドヘッド

「ワイキキ」はハワイ語で「水が涌くところ」の意味で、元々は湿地帯であり、ハワイが独立国であった19世紀末までは、ハワイ王朝の王族の保養地であった。

それまで土地所有の概念がなかったハワイであるが、1846年には、土地の所有権を定める条例、「グレート・マヘレ(Great Mahele、土地改革)」が施行され、ワイキキにおいても大部分の土地が瞬く間に白人の所有となった[1]

1900年代–1930年代[編集]

ハワイ港、そしてホノルル市のダウンタウンから至近の距離であったこともあり、1898年にハワイがアメリカの自治領として併合された3年後の1901年に、「モアナホテル」がワイキキ初の大型ホテルとして開業した(木造4階建・75室)。

以来、1910年代から1920年代にかけて、「ロイヤル・ハワイアンホテル」や「ハレクラニホテル」など、大型客船でハワイを訪れるアメリカ人観光客を狙ったアメリカ本土資本のホテルが複数建設された。

なお、現在は砂浜が有名だが、ワイキキ・ビーチにはもともと砂浜はなく、1920年代から1930年代にかけて、オアフ島北部のノースショアカリフォルニア州のマンハッタンビーチから白砂を運んで作られた人工の砂浜である。

1940年代–1980年代[編集]

第二次世界大戦後には観光客が急増したことに伴い、シェラトン・プリンセス・カイウラニシェラトン・ワイキキヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパハイアットリージェンシーなどの大型高層ホテルやコンドミニアムが1950年代から1980年代にかけて次々と建てられ、ハワイにおける観光の中心地となった。

1963年には日本国際興業シェラトン・プリンセス・カイウラニをシェラトン・ハワイ社から買収、日本資本によるハワイへの投資のさきがけとなった[2]。翌1964年には日本人の海外旅行が自由化され、日本交通公社(現在のJTB)がハワイに支店を開設した[2]

1972年には横浜岡田屋がワイキキに店舗を開設、さらに1980年代末のバブル期にかけては、ワイキキのホテルの90%以上が日系企業の所有という状態になった[2]

2000年代-[編集]

現在は、ホノルル市における最大のリゾート地域、そして繁華街として、メインストリートのカラカウア通りやクヒオ通りを中心に、多数のリゾートホテルやコンドミニアム、ショッピングセンターや飲食店などが建ち並び、季節を問わず世界各国から多くの観光客が訪れる。

なお、ワイキキビーチに隣接して建つホテルの多くが建築後30年から50年以上と老朽化している上、新たに建築するスペースもないことから、世界的に進むリゾートホテルのさらなる高級化、大型化に対応できないとして危惧されていた。しかし、2008年には「ヒルトンハワイアンビレッジ ビーチリゾート&スパ」に新しいタワーがオープンしたほか、2009年には「トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォーク」が新規オープンした。

また、人工砂浜であるワイキキビーチの砂浜の面積が狭くなってきていることから、2011年より250万ドルを費やして砂の補給を行い、砂浜の幅を約10メートル以上拡大することになった。

交通[編集]

カラカウア大通り

ワイキキ地区の中心部にはカラカウア大通りとクヒオ通り、アラワイ大通りの3本の通りが横断し、ルワーズ通りやリリウオカラニ通り、カパフル大通りなどが縦断している。

アラモアナ地区までは車で5-10分程度、ホノルルのダウンタウンまでは15分程度、カハラ地区まで20分程度、ホノルル国際空港までは30分程度である。なお、ワイキキエリア内に州間高速道路の出入り口は設けられていないが、州間高速道路H-1号線のExit 23まで7、8分程度の至近距離にある。

TheBus(市バス)[編集]

オアフ島内に鉄道地下鉄などは存在しないためはないが、ホノルル市の公営バスである「TheBus」の停車場が多数設けられている[3]

トロリー(路面電車風バス)[編集]

私営でエノアコーポレーションによる「ワイキキ・トロリー」という路面電車風のバスも巡っている[4][5]。市内4路線があり、ダイヤモンドヘッド方面の「風景周遊(グリーンライン)」、ダウンタウン、史跡などをめぐる「歴史周遊(レッドライン)」、ワイキキの繁華街、主要ショッピングセンターを回る「買い物周遊(ピンクライン)」、ショッピングセンターワイケレ・プレミアム・アウトレット送迎の「ワイケレアウトレット トロリーツアー」がある。基本的に事前に乗り放題チケット(「ワイケレアウトレット トロリーツアー」は片道と往復のみ)の購入が必要だが、ピンクラインのみ、1回2ドルで乗車できる。また、JCBカード会員とその家族は、ピンクラインに無料乗車できる。

トロリーはワイキキ名物として、他にも多くの会社が運行している。

  • 旅行代理店によるもの

JTBの「‘OLI‘OLIトロリー[6]」、エイチ・アイ・エスの「Lea Leaトロリー[7]」、ジャルパックの「レインボー・トロリー[8]」の3社が存在。いずれもエノアコーポレーションに業務委託している。

JTB、エイチ・アイ・エス、ジャルパック[9]はいずれも日本旅行代理店で、自社のパッケージツアー(またはフリープラン)客用に走らせ、ワイキキ・トロリー同様、ホノルル市街地を循環している(それぞれ少しずつコースは違う)。旅行代理店のトロリーは、ワイキキ・トロリーと同等か、むしろ本数は多く、それでいて原則としてツアー客以外の乗車はできない(エイチ・アイ・エスのみ、7日間乗り放題チケットを別途購入可能)。そのため空いていることが多く、特に日本からの観光客にとって利便性が高い。ツアー客の場合は、ツアー料金に含まれているため、あらかじめ滞在中乗り放題のカードなどを交付される。

  • 送迎用のもの

ショッピングセンターの送迎としてヒロ・ハッティの「ヒロ・ハッティ・ショッピング・シャトル[10]」、DFSギャラリアの「DFSギャラリア・トロリー・エクスプレス」が存在する。この他、潜水艦ツアー「アトランティス・サブマリン」の送迎バスもトロリーである。

いずれも無料送迎で、「ヒロ・ハッティ・ショッピング・シャトル」は帰路でアロハ・タワー・マーケットプレイスアラモアナセンターなども経由する。

主な商業施設[編集]

ヨーロッパやアメリカの高級ブランドブティックが多数入居した大型ショッピングセンターのほか、ハワイ原産のみやげ物を扱う商店、さらにコンビニエンスストアーまで、多数の商業施設が存在している)[11]

  • 「ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター」
  • 「ラグジュアリー・ロウ・2100カラカウア・アベニュー」
  • 「ワイキキ・ショッピングプラザ」
  • 「インターナショナル・マーケットプレイス」
  • 「キングスビレッジ」
  • 「キング・カラカウア・プラザ」
  • DFSギャレリア」
  • ABCストア

主なホテル[編集]

ワイキキビーチやフォート・デルッシー・ビーチのビーチフロントには大型ホテルや高級ホテルが点在してるほか、カラカウア大通り沿いやクヒオ通り沿い、カイマナビーチやアラワイ・ヨットハーバー沿いにも大型ホテルや中級ホテル、コンドミニアムが多数建っている。

ワイキキビーチ沿い[編集]

モアナ・サーフライダー・ウェスティンリゾート
ロイヤルハワイアンとシェラトン・ワイキキ
ヒルトンハワイアンビレッジ ビーチリゾート&スパとデューク・カハナモク・ラグーン
ハレ・コア・ホテル
ニューオータニ・カイマナビーチホテル
  • モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ
    • 1901年に「モアナ・ホテル」として開業した、「ワイキキの貴婦人」と称されるワイキキ最古の高級ホテル。開業当時の建物は正面入口にあるバニヤン・ウイングとして今でも使用されており、アメリカ合衆国国家歴史登録財ホノルル市の文化財にも指定されている。オーシャンフロントの2棟の他に、サーフライダーホテルとして利用されていたタワー棟がある。
  • ハレクラニ
    • 1917年創業の高級ホテル。帝国ホテルと提携している。
  • ロイヤル・ハワイアン
    • 別名「ピンク・パレス」。壁から調度品、タオル等に至るまでピンクで統一されているオーシャンフロントの高級ホテル。ホテル内の「マイタイ・バー」は世界的に有名なカクテルの「マイタイ」で有名。2009年に全面改装して再オープンした。
  • シェラトン・ワイキキ・ホテル
    • 1971年に開業した、ワイキキ中心部のオーシャンフロントにそびえるホノルル有数の大型ホテル。ロイヤルハワイアンとロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターに隣接し、年末にはホノルルでも有数の規模の年越しパーティーの会場となる。
  • アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチ
    • アウトリガー・ホテルズを代表するホテル。ワイキキ中心部のオーシャンフロントにあり、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターに隣接している。

フォート・デルッシー・ビーチ沿い[編集]

  • ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパ
    • ワイキキビーチの西寄りに位置する、タイムシェア・リゾート専用タワーを含めた6つのタワー、総客室数3,000室超の州内最大のホテル。国際会議やミス・ハワイを決める催しなどが開かれる巨大宴会場を備え、世界的なチェーンのスパ「マンダラ・スパ」もある。
  • ハレ・コア・ホテル
    • フォート・デ・ルッシー内にあるアメリカ陸軍関係者専用ホテル。

カイマナビーチ沿い[編集]

  • ニューオータニ・カイマナビーチホテル
    • ワイキキの東側にあるカイマナ・ビーチとカピオラニ公園に面する。

カラカウア通り沿い[編集]

  • シェラトン・プリンセス・カイウラニ
    • カラカウア通り沿い、ワイキキ中心部のモアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパの向かいにある1,152室を持つ大型ホテルで、多くのオーシャンビューの客室を持つ。なお、モアナ・サーフライダーなど同じスターウッド系列のホテルの施設を利用できる。
ハイアットリージェンシー・ホノルル
  • ハイアットリージェンシーワイキキ リゾート&スパ
    • 客室の3分の2弱がオーシャンビューの40階建てツインタワーホテル。カラカウア通りを挟み、ワイキキビーチの前に位置する。
    • 1986年に日本の不動産会社、麻布建物による買収で話題となった。また、テレビ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ)がスタジオアルタ以外で放送された(1990年1月4日・5日)数少ない場所でもある。
  • ワイキキビーチマリオット リゾート&スパ
    • 旧ハワイアンリージェントホテルを、2000年代に入り大規模改修し、新たにマリオットホテルとしてオープンした高級ホテル。カラカウア通りを挟み、クヒオビーチの前に位置する。
  • パシフィックビーチホテル
    • カラカウア通りを挟み、クヒオビーチの前に位置する。巨大な水槽を持つレストランが有名。
  • ワイキキビーチタワー
    • ハイアットリージェンシーに近い高層ホテル。カラカウア通りを挟み、クヒオビーチの前に位置する。

ワイキキ・ビーチ・ウォーク沿い[編集]

  • エンバシー・スイーツ - ワイキキ・ビーチ・ウォーク
    • ヒルトンエンバシー・スイーツ・ホテルグループのひとつ。全室スイートというユニークなリゾート・ホテル。2006年オープン。ワイキキ・ビーチ・ウォーク沿いにあり、ビーチ、レストランやショップにも近い。
  • トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォーク
    • 2009年11月にオープンした高級ホテル。分譲の部屋も多い。フォート・デ・ルッシーの横、ワイキキビーチの前に位置する。

アラワイ・ヨットハーバー沿い[編集]

  • イリカイホテル
    • アラワイ・ヨットハーバー沿いにある大型ホテル。旧ニッコー・イリカイホテル。
  • ハワイプリンスホテルワイキキ
    • 日本のプリンスホテルがハワイ州内で経営する4つのホテルのうち1つ。アラワイ・ヨットハーバー沿いにある。

主なレストラン[編集]

ハワイ料理をベースにした高級レストランや、アメリカ料理チェーンレストランのほか、日本料理タイ料理イタリア料理ファストフードチェーンまで多数のレストランがある。また、日本人観光客を狙った日本のチェーンレストランも存在している。

公園[編集]

  • フォート・デルッシー公園
  • カピオラニ公園

軍施設[編集]

「ヒルトンハワイアンビレッジ ビーチリゾート&スパ」横には、アメリカ陸軍の保養地である「フォート・デ・ルッシー」があり、一般に公開された公園と、アメリカ陸軍関係者専用の「ハレ・コア・ホテル」、アメリカ陸軍博物館が併設されている。

その他の施設[編集]

アラワイ・ヨットハーバー
デューク・カハナモク像
  • アラワイ・ヨットハーバー
  • ホノルル動物園
  • ワイキキ水族館
  • ホノルル市警察ワイキキ分署
  • 郵便局
  • ワイキキ・トレードセンター
  • バンク・オブ・ハワイ・センター
  • デューク・カハナモク
  •  アイナハウ・トライアングル
  • モロカイのダミアン・マリアンヌ記念館 (名称はDamien and Marianne of Moloka'i Heritage Center)。両聖人についての記念館がある。入場無料。

友好関係[編集]

  • ワイキキビーチは、南紀白浜白良浜と“友好姉妹浜”の関係にある。
  • 愛知県幡豆郡吉良町(2011年4月西尾市に吸収合併)にも「吉良ワイキキビーチ」を謳う浜が存在する。当初は自称であったが、2006年にハワイ州観光局の許可を得た[12][13]。その後はハワイ州観光局の後援を得て、フラダンス大会などの催しを毎年開催している[14]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『リゾートR01 ワイキキ&オアフ島』 ダイヤモンド・ビッグ社 2010年12月発行改訂第11版 p29, 68
  2. ^ a b c 『リゾートR01 ワイキキ&オアフ島』 ダイヤモンド・ビッグ社 2010年12月発行改訂第11版 p36
  3. ^ TheBus Routes
  4. ^ ワイキキ・トロリー
  5. ^ いわゆるトロリーバスではなく、外見を路面電車風にしただけの普通のバスである。
  6. ^ ‘OLI‘OLIトロリー活用法|ルックJTB オリオリハワイ ドットコム
  7. ^ LeaLea (レアレア) トロリー乗り放題!!
  8. ^ JAL海外ツアー - ジャルパック専用・レインボー・トロリー
  9. ^ JALマイレージバンクのツアーでも可。
  10. ^ Trolley
  11. ^ アロハストリート「ショッピング」
  12. ^ 旧吉良町観光協会ホームページ 遊ぶ-海水浴場
  13. ^ 雑想 2006年7月11日 「官民一体となって勝ち得た~吉良ワイキキビーチ」
  14. ^ ハワイアンフェスティバルin吉良ワイキキビーチ | 西尾市観光協会

外部リンク[編集]

関連項目[編集]