アイホップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイホップ
IHOP Corp.
IHOP Restaurant logo.svg
種類 株式会社
市場情報
NYSE IHP
略称 IHP
本社所在地 アメリカ合衆国
カリフォルニア州グレンデール(本部)
登記上の本社はデラウェア州
業種 サービス業
事業内容 レストラン
代表者 ジュリア・A・スチュワート(Julia A. Stewart、CEO
売上高 348,023千ドル(2005年度
従業員数 897人(2005年12月末)
外部リンク www.ihop.com
テンプレートを表示

アイホップIHOP)は、朝食メニューに特化した、アメリカ合衆国を本拠とするレストランチェーンである。

メニューにはハンバーガーフライドポテトスープサラダのような品目も用意されているものの、中心となっているのはパンケーキ(ホットケーキ)ワッフルフレンチトーストオムレツブリンツのような朝食向きの食べ物である。

概要[編集]

1958年、ジェリー・ラピン(Jerry Lapin)、アル・ラピン(Al Lapin)とアルバート・カリス(Albert Kallis)がシャーウッド・ローゼンバーグ (Sherwood Rosenberg)の援助を受け、カリフォルニア州ロサンゼルストルカレーク地区に「The International House of Pancakes」を創業した。以後、アメリカ合衆国のほぼ全土に店舗を展開し「アメリカのアイコン」を自称しているほか、カナダブリティッシュコロンビア州メキシコヌエボ・レオン州モンテレイメキシコシティにも店舗を持つ。2006年12月31日時点での店舗数は1,302店舗。本部はカリフォルニア州グレンデール。

伝統的な合掌造りの同社店舗は徐々に減り、より実用的な店舗設計が用いられるようになったが、おなじみとなった青い屋根は残っている。「IHOP」というブランドを設定した当初は、International House Of Pancakesの頭文字「I」「H」「O」「P」部分を強調するロゴが用いられたが、現在は姿を消した。アイホップは、International House of Pancakesという長い名前の使用を段階的に、かつ正式に廃止してきた。

一部店舗は年中無休24時間営業であり、クリスマス正月のような休日にも営業している。

最近の広告キャンペーンには「Why not eat breakfast for dinner tonight?」(今夜のディナーに『朝食』はいかが?)といった特徴的な宣伝文句があった。別のキャンペーンは、斬新な名前の付いたメニュー品目を中心に展開された。例えば「Rooty Tooty Fresh & Fruity Breakfast」(「Rooty Tooty」はラッパの音を表す時に使われる擬音で「Fruity」と韻を踏んでいる)。このメニューは、

のいずれかがトッピングされた2枚のバターミルクパンケーキと、好みの焼き方を注文できる目玉焼きベーコンソーセージで構成されている。

各テーブルにはコーヒーのボトルと、ブルーベリー味、ボイゼンベリーブラックベリーラズベリーの交配種)味、バターペカン味、イチゴ味のシロップが入った容器が置かれている。また、暖かいメープルシロップのサービスもある。

最近は、単なる朝食レストランを越えた存在になるべく、中核メニューに大きな変化が起きている。新しいメニューでは、ランチやディナーのメインディッシュが数々提供されている。

「International」(国際的)というチェーンの名称は、3つの中心的なクレープ風パンケーキに由来する。

などを巻いたクレープが、目玉焼きベーコンソーセージと共に「International Passport Breakfast」(国際パスポート朝食)として提供される。

近年、ヌテッラデンマーク風(果物のコンポートと甘いクリームチーズ)などがメニューに加わった。フレンチトーストやベルギーワッフルのようなメニューが、「国際的」というテーマを更に強化している。

2006年2月28日、年に1度の「全国パンケーキの日」プロモーションを催し、すべての客に「short stack」(ショートスタック、パンケーキ3枚)を無料提供した。ちなみにアイホップの「full stack」(フルスタック)はパンケーキ5枚で、これは無料ではない。

日本のアイホップ[編集]

1978年株式会社長崎屋がInternational House of Pancakes社と提携し、郊外型洋菓子レストラン「アイホップ」(iHOP、iは小文字)を関東地方及び九州地方に展開した。のちに長崎屋の外食事業本部が分社独立し、子会社「株式会社おあしす」となる。

2000年に長崎屋が倒産。2001年、グループ再建の一環として、おあしすはアイホップ32店舗を株式会社ビストロゼンショクへ譲渡した。IHOP社との提携は解消。譲渡された店舗は他の外食店舗へ転換されたため、アイホップは日本から姿を消した。

外部リンク[編集]