ヌテラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌテラのロゴ
ヌテラ、ヌテラを塗ったパン、牛乳

ヌテラ: Nutella)は、ヘーゼルナッツペーストをベースに砂糖ココア脱脂粉乳香料乳化剤などの材料を混ぜ合わせた、チョコレート風味の甘いスプレッドイタリアフェレロ社が発売している製品で、「ヌテラ (Nutella)」という商品名は同社の登録商標である。

パンなどに塗って食べるのが一般的。アメリカやヨーロッパなどでは人気のあるスプレッドである。

日本では、かつてキユーピーが販売していたが、2010年3月31日を以て販売を終了しており[1]、2014年現在では、日本フェレロが取り扱っている[2]

歴史[編集]

ヌテラの原型は、フェレロ社の創業者であるピエトロ・フェレロによって1940年代に作り出された。当時、第二次世界大戦に伴う配給制でココアが不足していたため、ピエモンテ州で豊富に産出されるヘーゼルナッツが使用された[3]

このヌテラの原型は、パスタ・ジャンドゥーヤ(pasta gianduja)と呼ばれた。パスタはペーストの意味である。パスタ・ジャンドゥーヤは塊状だったが、フェレロはこれを瓶詰めにしたものをスーパークレマ・ジャンドゥーヤ(supercrema gianduja)として発売。1964年には名称をヌテラ(Nutella)に変更した。これは木の実を意味する"nut"に柔らかい語感を与える"ella"を組み合わせたものである[4]

1983年からはアメリカ合衆国でも販売されている[5]

なお、2007年にワールド・ヌテラ・デーは2月5日であると制定された。[6]

派生品[編集]

Nutella and Go
ヌテラとグリッシーニ(スティック状のビスケット)を組み合わせて、ひとつのパッケージにした商品[7]
Nutella and Go Estathé
Nutella and Goにさらに紅茶飲料の「Estathé」(エスタテ)を組み合わせた商品[8]

広告[編集]

サッカードイツ代表が出演するCMが制作されている[9]

Gnutellaとの関係[編集]

P2Pファイル交換ソフトのGnutellaの名称は、ヌテラを好きだった元々の開発者によって、GNUとヌテラから名づけられた合成語である[10]。2001年にはフェレロ社がGnutellaに対して法的措置を取ると報じられたこともある[11]

脚注[編集]

  1. ^ 販売終了商品のご案内 キユーピー
  2. ^ 遊ナビ:得だねプレゼント情報 /東京 毎日新聞、2014年07月01日
  3. ^ History 1 FERRERO U.S.A., INC.
  4. ^ History 2 FERRERO U.S.A., INC.
  5. ^ History 3 FERRERO U.S.A., INC.
  6. ^ World Nuttela Day、2015年2月5日更新
  7. ^ Nutella & Go FERRERO
  8. ^ Nutella Snack & Drink FERRERO
  9. ^ World Cup 2014: Germany – the stories behind the players The Guardian、2014年6月5日
  10. ^ Gnutella に関して - GNU プロジェクト フリーソフトウェアファウンデーション
  11. ^ Nutella takes legal action against Gnutella The Guardian、2001年2月28日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]