ダニエル・ペーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペーターの近所に住んでいたアンリ・ネスレ。なめらかな食感をだすために使用した牛乳(コンデンスミルク)はネスレ社の競争相手がつくっていたものだった[1]

ダニエル・ペーター (Daniel Peter 1836年1919年) は、スイスの有名なチョコレート職人であり、1875年に初めて板状のミルクチョコレートをつくったことで知られている[2]

もとはヴェヴェイろうそくをつくっていたが、ランプが出現するや需要は急速に落ち込んだためチョコレート作りに携わるようになった[3]

当時チョコレートに使われていたの品種は苦味が強いものだったため、よりまろやかな風味がもとめられていた[3]。また牛乳コーヒー豆よりも価格が安かったため、チョコレートに加えることでかさ を増すことができるという利点もあった[3]

友人のアンリ・ネスレにすすめられてミルクチョコレート作りに取り組んだペーターだが、そのためにはカビが生えないように牛乳から水分を取り除かなければならないという難題があった[2]。ネスレと協力しあい昼夜をとわずに研究を続け、ついに乳児向けの食品製造会社を営んでいたネスレは市場に製品を売り込むことができたのである。1876年のことだった[3]。その後ネスレ社は今日にいたるまで成長を続けていくことになる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 武田 2010, p. 92.
  2. ^ a b Toms: Chokoladens historie” (Danish). 2012年3月閲覧。
  3. ^ a b c d 武田 2010, p. 91.

参考文献[編集]

  • 武田尚子 『チョコレートの世界史』 中公新書、2010年12月。