フェレロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フェレロ (Ferrero S.p.A) は、イタリア食品会社[1]チョコレートを中心とする菓子類、「ヌテッラ」などのファットスプレッド清涼飲料などを手がけ、世界各国で事業を展開する多国籍企業である。

1946年、イタリア北部ピエモンテ州アルバで創業した[1]。販売上の本社機能はトリノ近郊のピーノ・トリネーゼに移転したが、生産の拠点ならびに登記上の本社はアルバにある。所有関係の上では、ルクセンブルクに本社を置くフェレロ・インターナショナルの100%子会社となっている。

歴史[編集]

1946年、菓子職人ピエトロ・フェレロ (Pietro Ferreroは、ヘーゼルナッツココアパウダーを混ぜたパン用のクリームを作り、Pasta Giandujaとして売り出した。それからしてフェレロはそのクリームの製造・販売を行うための新しい会社を設立した。

1964年にはチョコレートベースのファットスプレッドとしてヌテッラを発売。これと似たような製品は世界中で有名になっている。

また、フェレロはキンダーサプライズ(別名キンダーエッグ)、 Fiesta Ferrero、キンダー・チョコレートバー、キンダー・ハッピー・ヒッポ、キンダー・マキシ、Kinder Délice、Kinder Buenoといったキンダーシリーズも売り出している。

1974年には紅茶飲料の「Estathé(エスタテ)」を発売。ブランド名はイタリア語で「夏」を意味する「estate」と「紅茶」を意味する「thé」を合成した造語となっている。現在同社は「Estathé」ブランドで自転車レースのジロ・デ・イタリアのメインスポンサーを務めている。

2011年、フェレロは冷凍食品 "Gran Soleil"の製造を開始した。この商品は常温保存が可能だが、振って一晩冷凍庫で寝かせるとシャーベットとして食べられるもので、その年の3月に発明の賞を受け取った[2]

主な商品[編集]

ヘーゼルナッツ入りチョコレートのウェハース。
  • ココナツクリームキャンディ
    • Confetteria Raffaello
      フェレロ・ロシェのココナツ版。ミルククリームにくるまれたアーモンドに細かなココナッツが振り掛けられたものである。
    • ガーデン・ココ
  • ミントタブレット
    • Tic Tac
  • 清涼飲料
    • Estathé
      前述した通り紅茶ベースの飲料だが、実際に販売されている製品はレモンなどの果汁がブレンドされたもの。同社のヌテッラ等とセットになったパッケージも有る。
  • 冷凍食品
    • Gran Soleil

RocherとRondnoirとココナツ版であるガーデン・ココの3つはThe Ferrero Prestige collectionとして売り出されている。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]