ペカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペカン
Pecan orchard.jpg
ペカン農園(テキサス州にて)
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: クルミ目 Juglandales
: クルミ科 Juglandaceae
: ペカン属 Carya
: ペカン C. illinoiensis
学名
Carya illinoiensis (Wangenh.) K.Koch[1]
英名
Pecan

ペカン(学名:Carya illinoinensis)は、クルミ科の落葉高木およびその種実。ナッツ類。英名の“Pecan”の異なる読み方からピーカンとも呼ばれる。

脂肪分の多いナッツが採れることから、俗に「バターの木」と呼ばれる。

ペカンヒッコリーとも呼ばれる。アメリカ合衆国テキサス州の州木である。

分布と特徴[編集]

米国中西部ミシシッピ川流域からメキシコ東部原産。オクラホマ州が主要な産地であるが、自然分布から外れたニューメキシコ州南部やテキサス州西部の乾燥地帯でも灌漑栽培されている。日本には大正時代の初期に輸入された[2]

1979年時点で山梨県長野県静岡県岡山県徳島県香川県福岡県などで栽培されていた。ただし、いずれも生産量は多くない。なお、東京都神代植物公園調布市)にはペカンの木がある。

ペカンの品種として、カーチス(カーティス)、サクセス、シュレー、スチュアート、マネーメーカーなどが知られる。

果実は長さ約4cmの長楕円形。9〜10月に果実が成熟すると果肉が裂け、外種皮に包まれた種子が落下する。この外種皮(殻)は薄く、手で容易に割ることができ、この中の胚乳を食用とする。

ペカンナッツ(ピーカンナッツ)[編集]

ペカンナッツはナッツ類の中でも脂肪の割合が多いことで知られており[2]、全体の約72%が脂質で、蛋白質は約11%、糖質は約10%である。この脂質の含有量は、クルミ(脂質約60%)やピーナッツ(脂質約57%)などよりも多く、ほぼマカダミアナッツ(脂質約72%)と同じくらいの割合である。味はクルミに似ているが苦みが少ない。

生、または軽く煎って酒のとしたり、サラダに加えたり、炒め物に加えたりもする。さらに、製菓材料としても使用され、クッキーケーキなどに加えられたりすることがある他、ペカンパイプラリネ、ペカンナッツをチョコレートキャラメルで包んだ菓子も作られる。

搾油した油は植物油(ペカンナッツオイル、ピーカンナッツオイル)としても用いられる。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) 2011年8月15日閲覧
  2. ^ a b 印南 敏 監修 『Cook 料理全集別巻 材料の事典』 p.141 千趣会 1979年発行

参考文献[編集]

  • 印南 敏 監修 『Cook 料理全集別巻 材料の事典』 千趣会 1979年発行

関連項目[編集]