ハレクラニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハレクラニ(Halekulani)は、ハワイホノルルワイキキ・ビーチにある高級ホテルである。

概要[編集]

ハレクラニのバルコニーからの眺め。手前はプールとラウンジ、奥にはワイキキビーチとダイヤモンドヘッドが見える

ハレクラニには約2万平米の敷地に5棟の建物が建っており、客室数は453である。ハレクラニの土地や建物は三井不動産の所有であり、名称の「ハレクラニ」は、ハワイ語で「天国にふさわしい家」を意味している。

ハレクラニは高級ホテルグループである「ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド」、および「帝国ホテル」のメンバーである。ハレクラニはこれまで、トラベル&レジャー誌の『World’s Best 2005』をはじめ、多くの受賞をしている。また、ハレクラニは、モビル・トラベル・ガイドの四つ星、及びアメリカ自動車協会(AAA)の4ダイアモンズという格付けを得ている。

ハレクラニの館内には、「ハウス・ウィズアウト・ア・キー」、「オーキッズ」、「ラ・メール」という3つのレストランのほか、「スパ・ハレクラニ」や、「ルワーズ・ラウンジ」がある。

なお企業としてのハレクラニ・コーポレーションは、ハレクラニの向かいにあるワイキキパークホテル1987年開業)も経営しているため、両ホテルは姉妹ホテルの関係にある。

歴史[編集]

  • 1883年 ロバート・ルワーズが現在のハレクラニの場所に木造2階建の家(ビーチハウス)を建てる。この家を漁師たちに一部開放したことから、漁師たちの間で「ハレクラニ」と呼ばれるようになる[1]
  • 1907年 エドウィン・アーウィンがルワーズから建物を借り、レジデンシャル・ホテル、「ホー・ツリー(Hau Tree)」として開業[1]
  • 1917年 ジュリエット・キンベルとクリフォード・キンベル夫妻がホテルを買収。この際に「ハレクラニ」の名称が復活する[2]
  • 1932年 チャールズ・ディッキーの設計による「ルワーズハウス」(現在の本館)が完成[3]
  • 1962年 オーナーがノートン・クラップ家に移る[1]
  • 1981年 米国三井不動産がハレクラニを買収。アメリカを拠点とする運営会社「ハレクラニ・コーポレーション」が設立された[2]。建物の老朽化が進んでいたため、全面改修を行うべく一時休業する。
  • 1984年 全面改修が完了し再開業[3]ホテルオークラと提携を結ぶ。
  • 2009年 ホテルオークラとの提携を解消し、新たに帝国ホテルと提携を結ぶ[4]

特記すべき仕様・設備[編集]

  • スイミングプールの底には120万個の南アフリカ産ガラス・モザイクタイルが敷き詰められており、それらによってカトレアがかたどられている[5]
  • レストラン「ハウス・ウィズアウト・キー」の外には、樹齢100年のキアエの木(Kiwae tree)がある。
  • Charles W. Watsonが1983年昭和58年)に作成したペア彫刻、「Mahiole(羽のついたヘルメット)」

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第90回 天国に相応しい館という意味の「ハレクラニ」 - ホノルル点描・2009年6月14日
  2. ^ a b ハレクラニの歴史 - ハレクラニ公式サイト
  3. ^ a b 天国にふさわしい館 - 竜王戦中継Plus・2014年10月17日
  4. ^ 「ハレクラニ」、「ワイキキパークホテル」の日本における予約関連業務を帝国ホテルに委託 - 三井不動産・2009年1月9日
  5. ^ Halekulani Hotel - Guest Facilities - Beach & Pool”. Halekulani. 2008年2月14日閲覧。
  6. ^ Celebrity Spotting on Oahu”. Oahu Visitors Bureau. 2007年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯21度16分40秒 西経157度49分55秒 / 北緯21.277878度 西経157.831931度 / 21.277878; -157.831931