フランク・エドガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・エドガー
Frankie Edgar.jpg
基本情報
本名 フランク・ジェームス・エドガー
(Frank James Edgar)[1]
通称 ジ・アンサー (The Answer)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1981年10月16日(33歳)
出身地 ニュージャージー州サミット
所属 リノ・ファイトチーム
→ヒカルド・アルメイダ柔術
身長 168cm
体重 66kg
リーチ 183cm
階級 ライト級
フェザー級
スタイル レスリング
テーマ曲 Kick in the Door
ノトーリアス・B.I.G.
テンプレートを表示

フランク・エドガーFrank Edgar、男性、1981年10月16日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家ニュージャージー州サミット出身。イタリア系アメリカ人。ヒカルド・アルメイダ柔術所属。ブラジリアン柔術黒帯。第4代UFC世界ライト級王者。フランキー・エドガーFrankie Edgar)とも。

ベースのレスリングで培われた組技に加え、打撃の技術にも優れ無尽蔵のスタミナとフットワークを活かした戦法を得意とする。ライト級としては小柄ながら、決して諦めない精神力の強さとリカバリーの速さでUFC世界ライト級王座を3度防衛した[2]

ヘンゾ・グレイシーヒカルド・アルメイダを師に持つ。

来歴[編集]

12歳の時からレスリングを始め、ペンシルベニア州のクラリオン大学在学中にはNCAAディビジョン1レスラーとしてオールアメリカンに選出された。卒業後は総合格闘技へ転向し、父親の配管会社に勤めながら練習を積んだ。

2005年10月29日、Ring of Combat 9でプロデビュー。

The Ultimate Fighter シーズン5のトライアウトに参加するも落選。しかし、その1か月後の2007年2月3日にUFC 67でUFC初参戦を果たし、総合無敗であったタイソン・グリフィンに3-0の判定勝ちを収めた。

2008年4月2日、UFC Fight Night: Florian vs. Lauzonグレイ・メイナードに敗れ、デビュー以来の連勝が8でストップした。7月19日、UFC Fight Night: Silva vs. Irvinエルメス・フランカと対戦し、判定勝ち[3]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年5月23日、UFC 98で元ライト級王者のショーン・シャークに判定勝ちを収めた[4]。12月5日、The Ultimate Fighter: Heavyweights Finaleでマット・ヴィーチと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち[5]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年4月10日、アブダビで開催されたUFC 112BJ・ペンのライト級王座に挑戦。5Rを戦い3-0の判定勝ちを収め、第4代UFC世界ライト級王者となった[6]

2010年8月28日、ペンとの再戦となるUFC 118のライト級王座防衛戦では、全ラウンドを通して手数とテイクダウンの数で上回り、ジャッジ3者とも50-45のスコアを付ける判定で初防衛に成功した[7]

2011年1月1日、UFC 125のライト級王座防衛戦でグレイ・メイナードと2年9か月ぶりに再戦。1Rにパンチで数度ダウンを奪われKO負け寸前まで追い詰められるも、驚異的なリカバリーを見せ、1-1の判定ドローで2度目の王座防衛に成功[8]。大会のファイト・オブ・ザ・ナイトとなった。

2011年10月8日、UFC 136のライト級王座防衛戦でグレイ・メイナードと三度目の対戦。前回同様1Rにパンチで一度ダウンを奪われ、さらにもう一度跳び膝蹴りでダウンを奪われるものの、後半盛り返し4Rに右フックでダウンを奪い、パウンドでKO勝ち。3度目の防衛に成功し、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年2月26日、UFC 144のライト級王座防衛戦でベン・ヘンダーソンと対戦し、判定負けを喫し王座から陥落するも、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年8月11日、UFC 150でベン・ヘンダーソンと再戦。僅差の判定負けを喫し、王座奪還に失敗した。

2013年2月2日、UFC 156でフェザー級王者のジョゼ・アルドと対戦。フェザー級へ転向したエドガーは、一戦目にしてタイトルマッチとなり、脅威の粘りを見せるも判定負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年7月7日、UFC 162チャールズ・オリベイラと対戦し、判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年12月9日、ヒカルド・アルメイダからブラジリアン柔術黒帯を授与された[9]

2014年The Ultimate Fighter 19BJ・ペンと共にコーチを務め、7月6日のThe Ultimate Fighter 19 Finaleでペンとコーチ対決として3度目の対戦。試合では終始圧倒し、3RTKO勝ち。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
17 5 3 9 0 1 0
4 0 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
BJ・ペン 3R 4:16 TKO(パウンド) The Ultimate Fighter 19 Finale 2014年7月6日
チャールズ・オリベイラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 162: Silva vs. Weidman 2013年7月7日
× ジョゼ・アルド 5分5R終了 判定0-3 UFC 156: Aldo vs. Edgar
【UFC世界フェザー級タイトルマッチ】
2013年2月2日
× ベン・ヘンダーソン 5分5R終了 判定1-2 UFC 150: Edgar vs. Henderson 2
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2012年8月11日
× ベン・ヘンダーソン 5分5R終了 判定0-3 UFC 144: Edgar vs. Henderson
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2012年2月26日
グレイ・メイナード 4R 3:54 KO(右フック→パウンド) UFC 136: Edgar vs. Maynard 3
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2011年10月8日
グレイ・メイナード 5分5R終了 判定1-1 UFC 125: Resolution
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2011年1月1日
BJ・ペン 5分5R終了 判定3-0 UFC 118: Edgar vs. Penn 2
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年8月28日
BJ・ペン 5分5R終了 判定3-0 UFC 112: Invincible
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年4月10日
マット・ヴィーチ 2R 2:22 チョークスリーパー The Ultimate Fighter: Heavyweights Finale 2009年12月5日
ショーン・シャーク 5分3R終了 判定3-0 UFC 98: Evans vs. Machida 2009年5月23日
エルメス・フランカ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Silva vs. Irvin 2008年7月19日
× グレイ・メイナード 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Florian vs. Lauzon 2008年4月2日
スペンサー・フィッシャー 5分3R終了 判定3-0 UFC 78: Validation 2007年11月17日
マーク・ボーチェック 1R 4:55 TKO(パウンド) UFC 73: Stacked 2007年7月7日
タイソン・グリフィン 5分3R終了 判定3-0 UFC 67: All or Nothing 2007年2月3日
ジム・ミラー 5分3R終了 判定3-0 Reality Fighting 14: Fall Brawl
【RFライト級タイトルマッチ】
2006年11月18日
デヴィダス・タウロセヴィチウス 5分3R終了 判定3-0 Reality Fighting 13: Battle at the Beach 2006 2006年8月5日
スティーブ・マッケイブ 1R 2:37 ギロチンチョーク Ring of Combat 10 2006年4月14日
ジェイ・アイシップ 1R 3:26 チョークスリーパー Sportfighting 2 2005年12月10日
マーク・ゲットー 1R 4:21 TKO(パンチ連打) Ring of Combat 9 2005年10月29日

獲得タイトル[編集]

  • Reality Fightingライト級王座(2006年)
  • 第4代UFC世界ライト級王座(2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
BJ・ペン
第4代UFC世界ライト級王者

2010年4月10日 - 2012年2月26日

次王者
ベン・ヘンダーソン