K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K-1 PREMIUM 2006 Dynamite
イベント詳細
シリーズ K-1 PREMIUM Dynamite!!
主催 TBS毎日放送FEG
開催年月日 2006年12月31日
開催地 日本の旗 日本
大阪府大阪市
会場 京セラドーム大阪
開始時刻 午後3時
試合数 全14試合
放送局 TBS
入場者数 51.930人
イベント時系列
K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!

K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!(ケイワン プレミアム にせんろく ダイナマイト)は、日本格闘技イベント「K-1 PREMIUM Dynamite!!」の大会の一つ。2006年12月31日大阪府大阪市京セラドーム大阪で開催された。

テレビ放送について[編集]

前年までの放送時間は21:00 - 23:40だったが、この年から放送開始時間も18:00(終了も23:34)に変更され、放送時間枠も5時間34分に拡大した。また、前年まで前座番組だった「第48回日本レコード大賞」も12月30日に放送時期を繰り上がり、2003年 - 前年まで裏番組だった「PRIDE男祭り」がフジテレビのPRIDEの放送契約を解除したため、大晦日の格闘技中継がTBSのみになった。放送編成は18:00 - 19:12に試合のみどころ、19:12 - 23:21頃まで試合中継、23:21頃 - 終了まで試合ハイライトを放送した。ただ、一方で過去の「K-1 WORLD MAX」で行われた試合や前年までの「Dynamite!!」の試合ハイライトがあったため、やや前年の「PRIDE男祭り」の二番煎じだったことから視聴者から批判を買う結果になり、翌年「K-1甲子園」を当てることになった。関西地区のMBSは17.1%と高視聴率だった。

試合結果[編集]

オープニングファイト HERO'Sルール 5分3R
日本の旗 内藤征弥 vs. 韓国の旗 キム・ドンウック ×
3R 1:11 ギブアップ(パウンド
第0試合 HERO'Sルール 5分3R 72kg契約
ナイジェリアの旗 アンディ・オロゴン vs. 日本の旗 金子賢 ×
3R終了 判定3-0
第1試合 HERO'Sルール 5分3R 70kg契約
日本の旗 永田克彦 vs. 日本の旗 勝村周一朗 ×
1R 4:12 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第2試合 HERO'Sルール 1R10分・2R5分・延長5分 85kg契約
日本の旗 金泰泳 vs. 日本の旗 石澤常光 ×
1R 2:48 KO(左ハイキック)
第3試合 HERO'Sルール 5分3R 70kg契約
日本の旗 所英男 vs. ブラジルの旗 ホイラー・グレイシー ×
3R終了 判定3-0
第4試合 HERO'Sルール 5分3R
ブラジルの旗 ジャイアント・シルバ vs. 日本の旗 ×
1R 1:02 チキンウィングアームロック
第5試合 K-1ルール 3分5R
オランダの旗 バダ・ハリ vs. デンマークの旗 ニコラス・ペタス ×
2R 1:28 TKO(タオル投入)
第6試合 K-1ルール 3分5R
日本の旗 武蔵 vs. 韓国の旗 ランディ・キム ×
3R 0:33 KO(右ストレート)
第7試合 K-1ルール 3分5R
オランダの旗 セーム・シュルト vs. オーストラリアの旗 ピーター・グラハム ×
5R終了 判定3-0
第8試合 HERO'Sルール 5分3R 70kg契約
日本の旗 須藤元気 vs. アメリカ合衆国の旗 ジャクソン・ページ ×
1R 3:05 三角絞め
第9試合 HERO'Sルール 5分3R 65kg契約
日本の旗 山本"KID"徳郁 vs. ハンガリーの旗 イストバン・マヨロシュ ×
1R 3:46 KO(ボディへの膝蹴り)
第10試合 HERO'Sルール 5分3R
韓国の旗 チェ・ホンマン vs. ナイジェリアの旗 ボビー・オロゴン ×
1R 0:16 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第11試合 K-1ルール 3分5R 73kg契約
日本の旗 魔裟斗 vs. 日本の旗 鈴木悟 ×
2R 2:22 KO(右ローキック)
第12試合 HERO'Sルール 1R10分・2R5分・延長1R5分 85kg契約
日本の旗 秋山成勲 vs. 日本の旗 桜庭和志
ノーコンテスト
※試合終了時から2007年1月10日時点での試合結果は「1R 5:37 TKO(レフェリーストップ)にて秋山勝利」であったが、桜庭側の抗議を受け、2007年1月11日、主催者である「Dynamite!!実行委員会」によって「試合はノーコンテスト、秋山は失格」と変更された[1]。詳細は秋山成勲#身体へのオイル(ワセリン)の塗布の項目を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 秋山成勲vs桜庭和志戦の裁定に関する結果報告 K-1オフィシャルサイト 2007年1月11日