ホイラー・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホイラー・グレイシー
Royler crop 1.jpg
基本情報
本名 ホイラー・グレイシー
(Royler Gracie)
通称 最強一族の柔術マスター
一族最強の柔術家
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1965年12月6日(49歳)
出身地 リオデジャネイロ州
所属 アカデミア・グレイシー柔術
→グレイシー・ウマイタ
身長 173cm
体重 69kg
階級 ミドル級HERO'S
スタイル グレイシー柔術
テンプレートを表示

ホイラー・グレイシーRoyler Gracie、男性、1965年12月6日 - )は、ブラジル柔術家、元総合格闘家リオデジャネイロ州出身。グレイシー・ウマイタ所属。

エリオ・グレイシーの五男。兄にヒクソン・グレイシー、弟にホイス・グレイシーがいる。アブダビコンバット三連覇、世界柔術選手権四連覇を達成するなど、グレイシー一族の中でも秀でた柔術テクニックを持つが、打撃に対して弱い部分も見せる。

来歴[編集]

1995年、柔術大会でマーカス・アウレリオに敗れる。

1998年3月15日、PRIDE初参戦となったPRIDE.2佐野なおきと対戦し、アームバーで一本勝ち。

1999年11月21日、PRIDE.8桜庭和志と対戦するも、チキンウィングアームロックによりレフェリーストップ負け。

2001年1月8日、DEEP2001旗揚げ戦で村浜武洋と対戦し、時間切れドローとなった。

2004年5月22日、K-1 ROMANEX須藤元気と対戦。タックルを潰されたところに膝蹴りを顔面に受けダウンし、パウンドで追撃されTKO負けとなった。

2005年7月6日、初参戦となったHERO'Sのミドル級世界最強王者決定トーナメント1回戦で吉田幸治に判定勝ちするも、9月7日の準々決勝で山本"KID"徳郁に右フックでKO負け。

2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!所英男と対戦し、判定負けを喫した。

2011年9月14日、Amazon Forest Combatで上田将勝と引退試合を行い、判定負け。

人物[編集]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
11 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 0 4 1 0 1 0
5 2 1 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 上田将勝 5分3R終了 判定1-2 Amazon Forest Combat 1 2011年9月14日
× 所英男 5分3R終了 判定0-3 K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
× 山本"KID"徳郁 2R 0:38 KO(右フック) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2005年9月7日
吉田幸治 5分2R終了 判定2-0 HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2005年7月6日
宮田和幸 2R 2:46 三角絞め Rumble on the Rock World Championship 2004 2004年11月20日
× 須藤元気 1R 3:40 KO(膝蹴り→パウンド) K-1 ROMANEX 2004年5月22日
村浜武洋 10分2R終了 引き分け DEEP 1st IMPACT 2001年1月8日
× 桜庭和志 2R 13:16 チキンウィングアームロック PRIDE.8 1999年11月21日
佐野なおき 33:14 アームバー PRIDE.2 1998年3月15日
朝日昇 1R 5:07 スリーパーホールド VALE TUDO JAPAN '96 1996年7月7日
イワン・リー 1R 1:35 チョークスリーパー Universal Vale Tudo Fighting 2 1996年6月24日

獲得タイトル[編集]

  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯ペナ(-67kg)級 4連覇(1996年 - 1999年)
  • ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯アブソルート(無差別)級 3位(1997年)
  • パンアメリカン柔術選手権(パンナム)黒帯ペナ級 優勝(1997年、1999年)
  • ADCC 1999 66kg未満級 優勝(1999年)
  • ADCC 2000 66kg未満級 優勝(2連覇)(2000年)
  • ADCC 2001 66kg未満級 優勝(3連覇)(2001年)
  • ADCC 2003 66kg未満級 3位(2003年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]