K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!
イベント詳細
シリーズ K-1 PREMIUM Dynamite!!
主催 FEGTBSCBC
開催年月日 2003年12月31日
開催地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市
会場 ナゴヤドーム
開始時刻 午後4時
試合数 全10試合
放送局 TBS
入場者数 43,560人
イベント時系列
K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!! K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!

K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!(ケイワン プレミアム にせんさん ダイナマイト)は、日本格闘技イベント「K-1 PREMIUM Dynamite!!」の大会の一つ。2003年12月31日愛知県名古屋市ナゴヤドームで開催された。

概要[編集]

大晦日に格闘技のオールスターが集う年越しの格闘技イベントとして開催され、TBSJNN系列で放送されていたINOKI BOM-BA-YEの流れを引き継ぐイベントである。

2001年から2002年まで石井和義が率いる立ち技格闘技イベントのK-1総合格闘技イベントのPRIDEを主催するドリームステージエンターテインメント(以下DSE)は、アントニオ猪木と協力して、Dynamite!やINOKI BOM-BA-YEを共同して開催していた。

しかし2002年の年末に石井和義が脱税容疑で逮捕される。これによってポスト石井をめぐって格闘技の勢力図は一変し、K-1とDSEは対立関係に陥った。これに加えて当時は格闘技ブームで格闘技番組が高視聴率を挙げていた状況も手伝って、テレビ局も入り乱れる形で大晦日の格闘技イベントは3つに分裂した。

INOKI BOM-BA-YEはTBSの放送から日本テレビの放送に移籍し、DSEはフジテレビで放送されるPRIDE男祭りを運営することになる。

TBSがついたK-1陣営のFEGが新たに制作することになったのが、TBSで放送されるK-1 PREMIUM Dynamite!!である。石井和義は当時親方だった元横綱曙太郎を口説き落として、格闘家に転向させて、当時大人気だったボブ・サップとの対戦を実現し、大晦日大会の実現にこぎつけた。名古屋が開催地となったのも急遽開催が決定したための苦肉の策であった。曙の格闘家転向とサップ戦は大きな話題となり、民放テレビ局の3局が三つ巴で格闘技を放送したことで、大晦日の格闘技戦争として注目された[1]

テレビ放送の結果は、K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!は、平均視聴率が19.5%を獲得。PRIDE SPECIAL 男祭り 2003の12.2%、INOKI BOM-BA-YE 2003の5.1%を圧倒して、民放1位の高視聴率を獲得した。特にボブ・サップ vs. 曙戦を行った23時00分から23時03分の瞬間視聴率は最高で43.0%を記録して「第54回NHK紅白歌合戦」を超える快挙を見せた[2]

試合結果[編集]

オープニングファイト K-1 MMAルール 5分3R
フランスの旗 クリストフ・ミドゥ・"ザ・フェニックス" vs. アメリカ合衆国の旗 トム・ハワード ×
1R 4:21 チョークスリーパー
第1試合 K-1 MMAルール 5分2R
日本の旗 須藤元気 vs. アメリカ合衆国の旗 バタービーン ×
2R 0:41 ヒールホールド
第2試合 K-1 MMAルール 5分3R
日本の旗 成瀬昌由 vs. 南アフリカ共和国の旗 ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ ×
1R 4:40 チョークスリーパー
第3試合 K-1 MMAルール 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ザ・プレデター vs. ブラジルの旗 マウリシオ・ダ・シルバ ×
1R 0:13 TKO(タオル投入)
第4試合 K-1ルール 3分3R
日本の旗 藤本祐介 vs. フランスの旗 フランソワ・"ザ・ホワイトバッファロー"・ボタ ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-28、30-27)
第5試合 K-1ルール 3分3R
ブラジルの旗 フランシスコ・フィリォ vs. ニュージーランドの旗 TOA ×
3R終了 判定2-1(30-27、30-29、29-30)
第6試合 K-1ルール 3分3R
オランダの旗 アーネスト・ホースト vs. ブラジルの旗 モンターニャ・シウバ ×
3R終了 判定3-0(30-28、30-27、30-27)
第7試合 K-1 MMAルール 5分3R
日本の旗 中尾芳広 vs. グルジアの旗 ダビド・ハハレイシビリ ×
2R 1:13 ギブアップ(パウンド
第8試合 K-1 MMAルール 5分3R
ベラルーシの旗 アレクセイ・イグナショフ vs. 日本の旗 中邑真輔
ノーコンテスト
※当初の試合結果は「3R 1:19 レフェリーストップ(膝蹴り)にてイグナショフ勝利」とされたが、中邑側の抗議によって「主催者預かり」とされ、その後「ノーコンテスト」と変更された[3][4]
第9試合 メインイベント K-1ルール 3分3R
アメリカ合衆国の旗 ボブ・サップ vs. 日本の旗 ×
1R 2:58 KO(右フック)

脚注[編集]

  1. ^ 森功「石井館長初告白 大晦日「格闘技戦争」の内幕 TV3局激突、曙参戦の裏事情を語り尽くす」『文藝春秋』2004年4月号。
  2. ^ 大みそか視聴率 サップ×曙、紅白上回る43%。PRIDEも健闘 BoutReview 2004年1月5日
  3. ^ [Dynamite!!] 12.31 名古屋:サップ、曙をKO。イグ×中邑は無効試合に BoutReview 2004年1月15日
  4. ^ [Dynamite!!] イグナショフ×中邑真輔は無効試合に。今春再戦へ BoutReview 2004年1月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]