ヘスディ・ゲルゲス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヘスディ・カラケスから転送)
移動: 案内検索
ヘスディ・ゲルゲス
Hesdy-Gerges3.jpg
基本情報
通称 斗魂
階級 スーパーヘビー級
ヘビー級
国籍 エジプトの旗 エジプト
オランダの旗 オランダ
誕生日 1984年2月20日(30歳)
出身地 エジプトの旗 エジプト
身長 200cm
体重 108kg
テンプレートを表示

ヘスディ・ゲルゲスHesdy Gerges、男性、1984年2月20日 - )は、エジプトオランダキックボクサーボスジム所属。2013年3月まではパンクレイション/ドージョー・チャクリキ所属。第2代IT'S SHOWTIME世界ヘビー級王者。K-1時代はヘスディ・カラケスと表記されていたが、オランダ語発音ではヘスディ・ヘルヘス、英語とアラビア語発音ではヘスディ・ゲルゲスとなる。

名門ドージョー・チャクリキでピーター・アーツブランコ・シカティックバダ・ハリらを育てたトム・ハーリックから「私が育てたヘビー級選手の中で最高の選手になる」と絶賛されている[1]。2メートルという恵まれた体格を持ちながらも距離を取らず、何度打たれても前へ前へ攻めるというチャクリキ伝統のファイトスタイルを特徴とするため、「Fighterheart」の異名を持ち、これを自身の背中に刺青しており、腹部には「NO FEAR(恐れ知らず)」のタトゥーを彫っている。本人は「斗魂」というニックネームも気に入っている。

格闘技を始めるまでは素行が悪く、ハーリック会長からも「ヘスディとバダ・ハリの強さの素地は喧嘩だ。それがキックをやることで何とか収まっている状態だ。だから油断すると私生活で今でもひょっこりワルの顔が出る。二人のワルさ加減を比べたらヘスディがバダを上回っているよ」と語るほどだが、現在では家族や友人との時間を大切にし、「趣味は練習」と言うほどに成長している[2]

来歴[編集]

17歳の時にキックボクシングを始める。

2008年2月17日、ムラッド・ボウジディに判定負け。

2008年10月5日、ジェレル・ヴェネチアンに2-1の判定勝ち。

2009年3月21日、VIP Fight Nightのヘビー級トーナメントで1回戦、準決勝を勝ち上がるが、決勝でチャクリキジムの同門であるアンダーソン"ブラドック"シルバに2RTKO負けで準優勝。

2009年3月28日、K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMAに初来日し、初代K-1世界スーパーヘビー級王者のセーム・シュルトとの対戦が試合前日に急遽決定。1週間前に一日3試合を戦ったばかりで決勝ではTKO負けを喫し、さらに試合前日に来日という最悪な体調のなか、試合ではダウンを奪われ判定負けしたものの、テレビ解説を務めていた魔裟斗から「ヘスディは負けたけど強いですね。今回みたいな急な参戦でなければもっと強い」と称賛され、序盤から打たれ続けても前に出るチャクリキジム伝統のファイトスタイルも高く評価された。

2009年10月17日、オランダで開催されたGLORY 11でルスラン・カラエフと対戦し、判定勝ちでWFCA・K-1ルール世界スーパーヘビー級王座を獲得。同年のK-1 WORLD GPでベスト8に残っているカラエフから勝利を収めたことで評価が高まった。

2010年1月9日、ポール・スロウィンスキーに3-0の判定勝ち。

2010年3月13日、IT'S SHOWTIMEミラノ大会でブリース・ギドンに判定負け。

2010年5月29日、元同門のIT'S SHOWTIME世界ヘビー級王者バダ・ハリに挑戦。2Rにカラケスが転倒したところにハリからキックを受け反則勝ちとなり、王座を獲得した[3]

2010年9月12日、IT'S SHOWTIMEにてノンタイトル戦でルステミ・クレシュニックにローキックで2RKO勝ち。

前戦から約3週間後の2010年10月2日、K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16に推薦枠として出場。前年度K-1WGP王者セーム・シュルトと戦い、ローキックでシュルトの足を紫色に腫れ上がらせるなどして善戦するも1-2の判定負けを喫した[4]。しかし、1ラウンド終了時にシュルトのセコンドがリングドクターとレフェリーの許可を得ずにシュルトの負傷した右スネにテーピングを巻いたことがK-1ルールに違反しており、「このテーピングが無ければシュルトは試合を続行できずにTKO負けになっていた可能性があり、またドクターとレフェリーの許可なくテーピングをしたことに対するシュルトへの減点が行われなかった」と指摘され、さらに「2R終了時のジャッジの採点は一人がドロー、一人が1ポイント差でシュルトがリードだったが、3Rは明らかにヘスディが優勢だったので判定は1-1のドローになるべきなのに不当な判定が下された」「シュルトは反則負けで失格にすべき」との抗議文がIT'S SHOWTIME責任者サイモン・ルッツとブラック・ラベル・ファイティング責任者レモン・ダールダーから提出されたものの[5]、裁定に変更はなかった[6]

2010年12月11日、K-1 WORLD GP 2010 FINAL藤本祐介の引退試合の相手を務め、1Rに右ローキックでKO勝ちを収めた[7]

2011年2月16日、試合を約3週間後に控えたこの日にベルギー警察がヘスディの自宅に押し入り、ヘスディを連行して拘留取調べを行い、2月25日に釈放された。これは2010年4月にヘスディの母親違いの兄弟アシュラフが125kgのコカイン取引関与でベルギー警察に逮捕されアントワープで拘置されており、クリスマス赦免によってアシュラフはオランダに帰されたが、ベルギー警察はアシュラフの身辺調査から有名なキックボクサーである兄弟のヘスディに疑いをかけたためである。しかし、これは何の証拠も無い見込み捜査の段階にも関わらずヘスディを連行するというベルギー警察の暴挙だった[8]

2011年3月6日、IT'S SHOWTIMEでダニエル・ギタと対戦し、2Rに優勢となり、ダウンを奪って5-0の判定勝ち。試合後、リング上のマイクアピールで警察から不当に拘束されて取調べを受けたことの辛さと、家族と仲間への感謝を語った[9]

2011年5月、試合直前にまたしてもベルギー警察から事情聴取を受けさせられる[10]が、ここでも無罪を証明し、釈放された。

2011年5月21日、IT'S SHOWTIMEでクリス・ノーウェルスを圧倒して2RKO勝ち[11]

2011年11月17日、SuperKombatにてリコ・ヴァーホーベンに1-2の判定負け。

2012年1月28日、IT'S SHOWTIMEレーワルデン大会にてIT'S SHOWTIME世界ヘビー級王座の初防衛戦でダニエル・ギタと再戦し、1R左フック一撃で失神KO負けで王座陥落[12]

2012年6月30日、IT'S SHOWTIME 57 & 58にてリコ・ヴァーホーベンと再戦し、1Rにダウンを奪われ、その後に反撃するが2R終了直前に右拳を骨折して失速し判定負け[13]

2012年10月14日、K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16にて1回戦でセルゲイ・ラシェンコに得意のローキックを効かせて3-0の判定勝ち[14]

2012年12月22日、SuperKombatにてカーター・ウィリアムスに3RKO勝ち。

2013年3月15日、K-1 World Grand Prix 2012 Final 8にて準々決勝でイスマエル・ロントと対戦し、3Rにパンチを浴びて鼻を骨折し、TKO負け。

その後、長年に渡って所属していたドージョー・チャクリキを円満離脱し、ボスジムに移籍。

2013年6月14日、Final Fight Championship 6にてパベル・ズラフリオフに判定勝ち。

2013年10月12日、GLORY初参戦となったGLORY 11 Chicagoにてエロール・ジマーマンに3RKO負け。

2013年12月21日、GLORY 13 TOKYOにてエヴェルトン・テイシェイラにローキックと膝蹴りを効かせて3-0の判定勝ち[15]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
57試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
43 19 22 1 1 0
14 7 7
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
エヴェルトン・テイシェイラ 3R終了 判定3-0 GLORY 13 TOKYO 2013年12月21日
× エロール・ジマーマン 3R 0:38 KO(右フック) GLORY 11 Chicago 2013年10月12日
パベル・ズラフリオフ 3R終了 判定3-0 Final Fight Championship 6 2013年6月14日
× イスマエル・ロント 3R 1:42 TKO K-1 World Grand Prix 2012 Final 8 2013年3月15日
カーター・ウィリアムス 3R KO(左膝蹴り) SUPERKOMBAT WORLD GP 2012 Final 2012年12月22日
セルゲイ・ラシェンコ 3R終了 判定3-0 K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16 2012年10月14日
× リコ・ヴァーホーベン 3R終了 判定0-3 Music Hall & BFN Group present: It's Showtime 57 & 58 2012年6月30日
× ダニエル・ギタ 1R 2:47 KO(左フック) IT'S SHOWTIME 2012 in Leeuwarden 2012年1月28日
× リコ・ヴァーホーベン 3R終了 判定1-2 SUPERKOMBAT Fight Club 2011年11月17日
クリス・ローウェルス 2R KO(右ストレート) Fightclub presents: IT'S SHOWTIME 2011年5月21日
ダニエル・ギタ 3R終了 判定5-0 Fightingstars presents: IT'S SHOWTIME Sporthallen Zuid 2011年3月6日
藤本祐介 1R 1:41 KO(右ローキック) K-1 WORLD GP 2010 FINAL
【スーパーファイト:藤本祐介引退試合】
2010年12月11日
× セーム・シュルト 3R終了 判定1-2 K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16
【1回戦】
2010年10月2日
ルステミ・クレシュニック 2R 2:33 KO(ローキック) IT'S SHOWTIME 2010 Amsterdam II 2010年9月12日
バダ・ハリ 2R 反則 IT'S SHOWTIME 2010 Amsterdam
【IT'S SHOWTIME世界ヘビー級タイトルマッチ】
2010年5月29日
× ブリース・ギドン 3R+延長1R終了 判定0-3 IT'S SHOWTIME OKTAGON 2010年3月13日
アーシュイン・バルラック 3R終了 判定 Amsterdam Fight Club 2010年2月27日
ポール・スロウィンスキー 3R終了 判定3-0 Uprising 12 2010年1月9日
セバスチャン・ヴァン・シーレン 2R TKO BACKSTREET FIGHTS 2 2009年12月12日
ルスラン・カラエフ 3R終了 判定3-0 GLORY 11: A Decade of Fights
WFCA・K-1ルール世界スーパーヘビー級王者決定戦】
2009年10月17日
モー・ボブカリ 2R TKO Next Generation Warriors 2009年5月31日
× セーム・シュルト 3R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2009 IN YOKOHAMA
【スーパーファイト】
2009年3月28日
× アンダーソン"ブラドック"シルバ 2R TKO VIP Fight Night
【決勝】
2009年3月21日
アンディ・シャーデンバーグ 不戦勝 VIP Fight Night
【準決勝】
2009年3月21日
アイタッチ・ヤシ 3R終了 判定3-0 VIP Fight Night
【1回戦】
2009年3月21日
ブライアン・ダウヴィス 3R終了 判定3-0 Beatdown 2009年3月8日
ヤン・ミュラー 判定 European Title Fight
【WFCAタイボクシング・ヨーロッパ・スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2008年11月8日
ジェレル・ヴェネチアン 3R終了 判定2-1 Tough is Not Enough 2008年10月5日
Mutlu Karabulut 5R終了 判定3-0 Slamm
【WFCAタイボクシング・ベネルクス・スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2008年9月21日
リカルド・ヴァン・デン・ボス 3R終了 判定3-0 Amsterdam Fightclub
【WFCAタイボクシング・オランダ・スーパーヘビー級タイトルマッチ
2008年7月5日
× ムラッド・ボウジディ 3R終了 判定0-3 K-1 MAX Netherlands 2008 The Final Qualification
【スーパーファイト】
2008年2月17日
ウェンデル・ロチェ 3R終了 判定3-0 Rings Holland: Risky Business 2007年9月23日
ボブ・ヴァン・ボックスミール 1R終了時 TKO(スネ負傷) Gentleman Fight Night 2007
【WFCAタイボクシング・オランダ・スーパーヘビー級タイトルマッチ】
2007年6月2日
× ギンティ・ブレーダ 1R TKO(レフェリーストップ) Rings "The Chosen Ones" 2007年3月12日
リック・ヴァン・ゾースト 判定 Rings Kickboxing Gala in Amsterveen 2006年9月17日
ロイ・デイクショールン 1R KO Muay Thai Gala in Zonnehuis 2006年5月27日
エロール・トゥルグット 5R終了 判定 Gala in Amsterdam 2006年4月22日
ノーディン・ゾーダニ 5R終了 判定 Beatdown 2006年3月18日
アミール・エル・アルフィ TKO(タオル投入) Dancing with the fighters 2006年2月12日
マルセル KO Gala in Zonnehuis 2005年12月18日

獲得タイトル[編集]

  • WFCAタイボクシング・オランダ・スーパーヘビー級王座
  • WFCAタイボクシング・ベネルクス王座
  • WFCAタイボクシング・ヨーロッパ王座
  • VIP Fight Night tournament 2009 準優勝
  • WFCA・K-1ルール世界スーパーヘビー級王座
  • 第2代IT'S SHOWTIME世界ヘビー級王座

脚注[編集]

  1. ^ トム・ハーリンクインタビュー Chakuriki Pancration 2009年3月17日
  2. ^ 【IT’S SHOWTIME通信 from オランダ】 ヘスディ・カラケスインタビュー J SPORTS公式サイト 2010年5月19日
  3. ^ 5・29オランダでバダ・ハリに何が起こった!? K-1公式サイト 2010年6月1日
  4. ^ K-1 WORLD GP 2010 FINAL16 第10試合 スポーツナビ 2010年10月2日
  5. ^ 【IT’S SHOWTIME通信 from オランダ】 セーム・シュルトへの抗議文 J SPORTS コラム 2010年10月12日
  6. ^ シュルトvsカラケス戦に関する見解 K-1公式サイト 2010年12月13日
  7. ^ 【K-1】アリスター・オーフレイムがGP優勝!決勝でピーター・アーツを下す(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月11日
  8. ^ ベルギー麻薬捜査警察、ヘスディ・カラケス連行事件勃発 「ありゃ悪夢だったよ」3.6ショウタイム直前に何が? スポーツナビ 2011年3月6日
  9. ^ 【IT’S SHOWTIME通信】 2011.3.6 アムステルダム大会試合結果と雑感 J SPORTS コラム 2011年3月8日
  10. ^ 【It's Showtime】ヘビー王者ヘスディ・カラケス出場は? MMA Planet 2011年5月20日
  11. ^ 【It's Showtime】カラケス、ノーウェルスを寄せ付けず MMA Planet 2011年5月22日
  12. ^ 【It's Showtime】新ヘビー級王者にダニエル・ギタ MMA Planet 2012年1月29日
  13. ^ 【It's Showtime】ダウンを喫し、拳負傷。カラケスがリコに下る MMA Planet 2012年7月1日
  14. ^ 【K-1】ミルコが不意打ちのダウンを喰らうも決勝トーナメントへ進出! GBR格闘技ウェブマガジン 2012年10月14日
  15. ^ 【GLORY13】テイシェイラが失速、ヒザでゲルゲス判定勝ち MMA Planet 2013年12月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
バダ・ハリ
第2代IT'S SHOWTIME世界ヘビー級王者

2010年5月29日 - 2012年1月28日

次王者
ダニエル・ギタ