ダグ・ウィリアムス (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグ・ウィリアムス
Doug Williams (wrestler).jpg
プロフィール
リングネーム ダグ・ウィリアムス
ダグラス・ウィリアムス
本名 ダグラス・クレイトン・ダードル
ニックネーム アナーキスト
カオス・セオリー
身長 183cm
体重 107kg
誕生日 1972年9月1日(42歳)
出身地 イギリス
イングランドバークシャーレディング
スポーツ歴 柔道
テンプレートを表示

ダグ・ウィリアムスDoug Williams)のリングネームで知られるダグラス・ダードルDouglas Clayton Durdle1972年9月1日 - )は、イギリスのプロレスラー。レディング出身。

来歴[編集]

1992年柔道72kg級でイギリスチャンピオンとなる。1993年にプロレスデビュー。ヨーロッパでは、FWAに所属し、様々団体に参加。アメリカでは、ROHTNAなどに参戦。

2004年プロレスリング・ノアに参戦。その後ノアに参戦し続けている。2005年1月23日スコーピオとのタッグで第9代GHCタッグ王座を獲得。その後は、同じイギリス出身のナイジェル・マッギネスと英国タッグを組んで活躍している。2006年10月には、GHCタッグ王座決定トーナメントに同タッグで出場するも、1回戦で敗れた。

2006年11月のWWEのイギリス公演では、カリートダーク・マッチで戦った。

2008年6月のノアのイギリス興行では現地においてエージェントを務め、選手のホテルやバスの手配、入国ビザの申請まで行っている。

2009年春頃からTNAと契約。ニック・アディスとタッグを組んで活動。7月22日、アメリカ・フロリダ州オーランドで行なわれたTNA「iMPACT」でのチーム3Dブラザー・レイブラザー・ディーボン)vsブルータス・マグナス&ダグ・ウィリアムス戦にて、IWGPタッグ王座が懸けられ、挑戦者チームであるブルータス・マグナス&ダグ・ウィリアムスが勝利し、王座が移動した[1]。しかし選手権管理者である新日本プロレス側が、この試合はIWGP実行委員会が認める正式なIWGPタッグ王座戦ではないと主張し、王者はチーム3Dのままであると認定した。しかしその後、新日本プロレスリングならびにTNA双方の協議により、この試合を正式なタイトルマッチとして認定し、ブルータス・マグナス&ダグ・ウィリアムス組が第53代IWGPタッグ王者となった。

2012年より傘下団体であるOVWのトレーナーを兼任しながら試合に出場していたが、2013年6月5日にTNAとの契約は解除され、OVW専属となった。

得意技[編集]

ボム・アウェイ
ダイビング・ニー・ドロップ。インディー団体ではボム・スカラという技名で使用している。
カオスセオリー
フィニッシャー。別名をロールスルー・ジャーマン・スープレックスという。相手の背後から両腕で胴を抱き込み、そのまま相手ごと後方へ一回転して立ち上がり、その勢いを利用してジャーマン・スープレックスを繰り出す。
レヴォリューションDDT
トルネードDDT
アナーキー・ニー
ハイ・ニー
ブリティッシュ・フィギュアフォー・レッグロック
裏足4の字固め

獲得タイトル[編集]

TNA TV王者時代
プロレスリング・ノア
新日本プロレス
TNA
ROH

他、アメリカやヨーロッパのインディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、この決着は「ディーボンがマグナスをテーブルに叩きつけたがレフェリーがダウンしていたために決着とならず、その隙にエリック・ヤングがチャンピオンベルトでディーボンを殴打しマグナスとディーボンの位置を入れ替えた事による勝利」である

外部リンク[編集]