ブーイング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブーイングbooing)とは、観客が出演者や選手などに対して不満や怒り、非難を表すために行われる行為である。日本語の「野次(やじ)」もこれに近いが、こちらはむしろ言葉をもって行われる。

概要[編集]

普通、舞台グラウンドにいる出演者や選手などに向って「ブー」などと唸ることを指す。また、現在では、周りから一斉に非難を浴びることを「ブーイングを浴びる」、「ブーイングの嵐を浴びる」と言うことがある。テレビ放送のバラエティー番組では観客が「えー」と言い不満感を表すことさえも「ブーイング」とされることも多い。ブーイングとは逆に、賞賛を表す行為は、立ち上がって拍手をする、スタンディングオベーションである。

ブーイング、スタンディングオベーションのいずれも欧米圏での風習だが、近年では日本でも普通に見られるようになっている。

いわゆる「帰れコール」もブーイングの一種で、出演者や選手が舞台やグラウンドにいること(あるいはイベントや大会等に参加していること)自体を毛嫌いし、舞台やグラウンドからの退場を求める意味で行われることもある。

オペラにおけるブーイング[編集]

特にカーテンコールの際に、個別に登場してくる歌手指揮者演出家に対して行われることが多い。アリアなどの直後に行われることもある。余程ひどい演奏をしない限りは歌手や指揮者がブーイングを受けることはあまりないが、保守的な観客が多いと、特に演出が斬新な場合に、演出家がブーイングを受けることがよくある。あまりのブーイングに、上演が中止になったり、公演が打ち切りになったりした例もある。日本ではブーイングはあまり見られない。 悪役の俳優に対して賞賛の意味でブーイングをすることもある。

スポーツにおけるブーイング[編集]

選手審判プレーに対して行われる。「ブー」と唸るだけでなく、指笛を鳴らしたり、手の親指を立てて逆さまにすることもある(サムズアップに対するサムズダウン)。サッカー野球などではよく見られるが、肯定派と否定派で善悪の意見が分かれている。また、一部のサッカーや野球のファンサイトでは、相手に威圧感を与える行為として、肯定・紹介しているところもある。特にサッカーのゲームでは、世界中のほぼ全てのチームにおいてサポーターの一部がブーイング行為をしているのが見受けられる。また、プロレス試合においては、悪役(ヒールもしくはルード)に対してブーイングを送ることがヒールに対する賛辞となっており、プロレス特有の特殊事例と言える。ただし、ベビーフェイス(善玉)へのブーイングは通常のブーイングと同じ意味である。また、つまらない試合には"boring"(つまらない、退屈)チャントが発生する場合がある。

大相撲では、横綱平幕力士に敗退した際に観客席で“座布団の舞”が起きるが、これは金星力士への賞賛とも横綱へのブーイングともとれる。

ブーイングの例[編集]

選手・チームに対するもの
  • 自分の応援チームと遺恨のあるチームや選手に対して
    • 例:昨年自分の応援チームを出て行った選手に
    • 例:対戦するチームのある選手が応援するチームに対して何らかの遺恨があった場合
  • 自分の応援するチームに対して
    • 例:試合で完敗や大敗、惨敗したとき。格下の相手などに負け又は引き分け、勝ちはしたものの大苦戦したとき。
審判に対するもの
  • 審判の、プレーに対する判断に対して
  • 審判の、選手への制裁に対して
    • 例:自分の応援チームの選手が、退場処分となったことに(サッカー・野球など)
プレーに対するもの
  • 自分の応援する(チームの)選手が攻撃を受けたことに対して
    • 例:死球を受けたことに(野球)
    • 例:激しいチャージを受けたことに(サッカー)
  • 相手(チーム)の卑怯なプレーに対して