真壁刀義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真壁 刀義
真壁 刀義の画像
プロフィール
リングネーム 真壁 刀義
真壁 伸也
本名 真壁伸也
ニックネーム 暴走キングコング
スイーツ真壁
怒りの咆哮
UNCHAINED GORILLA
新日のデスマッチ
独裁コング
スーパースター
ピープルズ・チャンピオン
身長 181cm
体重 110kg
誕生日 1972年9月29日(42歳)
出身地 神奈川県相模原市中央区
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 柔道
学生プロレス
トレーナー 山本小鉄
長州力
デビュー 1997年2月15日
テンプレートを表示

真壁 刀義(まかべ とうぎ、男性、1972年9月29日 - )は、日本プロレスラー。本名及び旧リングネームは真壁 伸也(まかべ しんや)。神奈川県相模原市中央区出身。新日本プロレス所属。血液型B型。神奈川県立城山高等学校帝京大学出身。

経歴[編集]

入門以前 - 若手時代[編集]

中学時代から柔道を経験し、帝京大学在学中に二段を習得。その後はプリン真壁リングネーム学生プロレスで活躍(サークルの後輩にDDTHARASHIMAAV男優ミートボール吉野がいる)した。卒業後の1996年4月に新日本プロレス入団。同期入門者には藤田和之がいる[1]

1997年2月15日、神奈川県いすゞ自動車大和体育館での大谷晋二郎戦で本名の真壁伸也としてデビューを果たす。しかし、藤田と比べ身体能力・技術に著しく劣る上に、地味な風貌と一言多い性格が災いし、藤田や鈴木健想ら同期・後輩が続々とブレイクする中、真壁だけは何年もの間、長州力の雑用係をつとめながら前座のリングに立ちつづける不本意な日々を強いられた。

その後、長州をパートナーにIWGPタッグ王座挑戦やBEST OF THE SUPER Jrに初出場、全日本プロレスアジアタッグ王座を巡ったトーナメントに出場する機会を得るも、いずれも結果を残せず。

2000年 - 2005年[編集]

2000年に開催されたヤングライオン杯では準優勝の好成績をマークするものの、2001年プエルトリコ島流しともいえる形で無期限海外遠征に出発[2]

海外遠征から帰国後の2002年KAIENTAI-DOJO藤田ミノルと結託しヒールへ転身。しかし今度は棚橋弘至柴田勝頼等が頭角をあらわした為、トップ戦線で活躍する第三世代と新闘魂三銃士(棚橋、柴田、中邑真輔)の間に埋もれてしまう。

そんな折、高山善廣とのタッグでプロレスリング・ノア小橋建太本田多聞が保持するGHCタッグ王座に挑戦。敗北を喫するも、奮闘を見せつけ自身の評価を上げる。その後は腰痛に苦しみ、なかなか結果を残せず。2004年8月、G1 CLIMAXに初出場を果たしたのを機に、リングネームを真壁刀義に変更。10月に成瀬昌由と共に下剋上宣言を行い、トップ層との争いを目論むも、頓挫。その後、成瀬がケガで欠場する間に蝶野正洋率いるブラック・ニュージャパンに加入。

2005年、G1公式リーグ戦2日目に対戦した中邑戦でアキレス腱断裂の重傷を負い長期欠場となった。

2006年 - 2009年[編集]

2006年1月に復帰。新日本の別ブランドWRESTLE LANDUNCHAINED GORILLAの二つ名を付与される。これをキッカケに入場テーマ曲を移民の歌に変更。入場時の際に首から掛けたをトレードマークとして使用し始める。

9月24日、アパッチプロレス軍が主催する興行のメインイベントに出場。ストリートファイト有刺鉄線バリケードマットチェーン・デスマッチルールで金村キンタローを破りWEWヘビー級王座を奪取。この一戦を皮切りに新日本、アパッチで怒涛のブレイクを果たし、「これが現実だ!」が決め台詞として定着。「インディーの至宝」とも呼べるWEWヘビー級王座を乗っ取ったことで、「悪の王者」としてインディーファンから多くのブーイングを受けた。その後、天山広吉の呼びかけに応じる形でG・B・Hのメンバーとして活動。

2007年3月に開催されたNEW JAPAN CUPでは決勝で永田裕志に敗れ準優勝に終わる。7月6日には永田が持つIWGPヘビー級王座に初挑戦、G1 CLIMAXでは初の決勝トーナメントに進出を果たす。12月には同じくG・B・Hに所属する矢野通と共に東京スポーツプロレス大賞最優秀タッグチーム賞を受賞した。

2008年

2008年1月4日、矢野と組みTNAチーム3Dブラザー・レイブラザー・ディーボン組)とハードコアマッチルール対戦したが敗戦。2月17日、同タッグでジャイアント・バーナードトラヴィス・トムコ組の保持するIWGPタッグ王座に挑戦。キングコングニードロップでトムコを破り、第51代王者に戴冠。また、同日に怪我から復帰した天山をG・B・Hから追放し改めてリーダーとしてユニットの指揮をとる。

7月、ZERO1-MAX火祭りに初出場し、Aブロックを1位通過。決勝にコマを進めるが田中将斗に敗れ準優勝。日を間もなくして開催されたG1でも決勝で後藤洋央紀に敗れ去り準優勝で終わる。9月21日に全日本プロレスへ流出したIWGPヘビー級王座を所持する武藤敬司とのタイトル戦に臨むも敗戦。G1 TAG LEAGUEでは矢野とのIWGPタッグ王者として出場するも、天コジ(天山、小島聡組)に敗れ準優勝に終わった。

2009年1月4日、ハードコアマッチルールでチーム3Dの挑戦を受けるも、ピンフォール負けを喫し防衛に失敗[3]。海外への流出を許してしまう。2月15日にリマッチとして同タッグチームと対戦するが、やはり自身がピンフォール負けを喫する。

4月5日、中邑真輔とシングルマッチで対決。試合中に乱入してきた矢野から椅子攻撃を喰らう裏切りを受け、敗戦。後に矢野は中邑と旧G・B・Hメンバーと共に新たなヒールユニットCHAOSを結成。唯一G・B・Hに残留した本間朋晃と共にCHAOSと抗争劇を繰り広げ、この頃からベビーフェイス色が強まっていった。6月20日に矢野とのシングルマッチが組まれるも、今度は中邑が乱入し顔面への膝蹴りを浴び、鬼殺しでピンフォール負け。7月20日に再び同カードが組まれ、勝利を収めた。

8月のG1 CLIMAXでは2敗1分と苦戦を強いられるも、その後は勝利を積み重ねていき、勝ち点7点でAブロックを1位で通過[4]。準決勝でプロレスリング・ノア杉浦貴を破り、決勝で中邑と対戦。キングコングニードロップでピンフォール勝ちを収め初優勝を果たした。

9月27日、空位となったIWGPヘビー級王座を賭けた試合で中邑と再戦するも、ボマイェでピンフォールを奪われ戴冠ならず。さらに試合後のコメントブースで飯塚高史の襲撃を受け因縁が勃発。11月8日に飯塚とチェーン・デスマッチを敢行しK.O.勝ちを収めるも、次シリーズで幾度となく襲撃され、12月5日に再度同じルールで対戦。コーナーで逆さ吊り状態となった飯塚の首をチェーンで締め上げ、レフェリーストップとなり抗争に終止符を打つ。12月8日、東京スポーツ主催のプロレス大賞で敢闘賞を受賞した。

2010年 - 2011年[編集]

2010年1月4日、プロレスリング・ノア対抗戦の先陣を切りモハメド・ヨネと対戦。キングコングニードロップで快勝した。9日に開催されたNOAHのグローバル・タッグ・リーグ戦では本間朋晃とのタッグで初出場。2月28日、日本武道館大会では杉浦貴の持つGHCヘビー級王座に挑戦したが敗れた。

5月3日、IWGPヘビー級王座を保持する中邑真輔に挑戦。立ち上がろうとした中邑の顔面にキングコング・ニードロップ投下させ、ピンフォール勝ちを収め同王座に初戴冠。潮崎豪[5]中邑真輔田中将斗を相手に3度の防衛に成功するも、同年に開催されたG1 CLIMAXで初の所属外選手として優勝を果たした小島聡に敗退し、王座から陥落。その後、本間をパートナーにG1 TAG LEAGUEに出場。リーグ戦消化中に抗争を繰り広げていた田中将斗のハードコア殺法を受けて首を負傷。リーグ戦も途中棄権となった。

2011年1月4日、首の負傷が完治しない中でレッスルキングダムVのセミファイナルで田中と対決し勝利。その後は小島聡と抗争を繰り広げ、幾度となくシングルマッチで激突。5月3日のシングル戦で勝ち越しを収めた試合後、タイチTAKAみちのく、さらに突如現れた鈴木みのるの襲撃を受ける小島を救出に入り握手を交わした。

28日の試合で6人タッグながら初めて小島とタッグを組み勝利。試合後の小島の握手を答えた事で晴れて共同戦線を張る。ただし、タッグとしての共闘は互いの目的と利害が一致していただけであり、信頼関係でできたタッグでない暫定的なものである事を小島と共に主張している[6]。6月18日、大阪大会で「鈴木軍[7]」の鈴木みのる、ランス・アーチャー組と対戦するが、小島がみのるにフォールを奪われ敗北。9月19日にG1で黒星を喫しているランス戦でリベンジを果たすと、10月10日に鈴木と対戦。ゴッチ式パイルドライバーで敗北した後、鈴木のセコンドに付いていた高山善廣エベレストジャーマンで追い打ちを掛けられたことで因縁が勃発する。

2012年[編集]

2012年1月4日、レッスルキングダムVIの舞台で高山と対戦。キングコング・ニードロップでピンフォール勝ちを収めて雪辱を果たす。

4月のNEW JAPAN CUPでは優勝こそ逃すものの、新日本参戦後の鈴木みのるに初勝利を収める。6月16日、DOMINION6.16にて、軍団抗争決着戦と銘打たれた鈴木と再度シングルマッチで対戦し、勝利。一連の抗争に終止符を打つと、全試合終了後の勝利者インタビューでIWGPヘビー級王座に返り咲いた棚橋弘至の前に姿を現し、挑戦を表明。7月1日、全日本プロレスとの共同興行サマーナイトフィーバー in 両国 WE ARE PRO-WRESTLING LOVE!におけるトリプルメインイベントのトリを飾り、棚橋の保持するIWGP王座に挑戦するも、ハイフライフローで敗北。

9月23日、DESTRUCTIONで、G1 CLIMAX最終日にリング上に現れた桜庭和志 & 柴田勝頼組の試合終了後に乱入し「この俺が喧嘩を買ってやる」とマイクパフォーマンスを行う。同じく喧嘩を買って出た井上亘とのタッグで二度対戦するが、いずれも敗戦。さらに、試合を重ねるうちに柴田との因縁が激化し、シングルマッチを要求した。

2013年[編集]

2013年1月4日、レッスルキングダム7で柴田と対戦。後頭部へのキングコング・ニードロップを炸裂させ、勝利を収めた。

その後、CHAOS高橋裕二郎と抗争を展開。THE NEW BEGINNINGNEW JAPAN CUP一回戦での対戦を経て、5月3日、レスリングどんたくにて決着戦を行う。試合はキングコングニードロップで真壁が勝利を収め、抗争に終止符を打つ。同日行われたIWGPヘビー級選手権試合で防衛に成功したオカダ・カズチカに対して同王座への挑戦をアピールした。6月22日、DOMINION6.22にて、オカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦するも、レインメーカーで敗北を喫した。

8月、G1 CLIMAXに出場。決勝進出に王手をかけた状態で最終日を迎え、公式リーグ戦の最後の相手であるプリンス・デヴィットと対戦。デヴィットのセコンドについていたバッドラック・ファレの介入を受けて、最後はピンフォール負けを喫し、予選落ちとなる。また、この一連の出来事をキッカケにデヴィット率いるBULLET CLUBとの抗争に身を投じる。

9月29日、DESTRUCTIONでの棚橋弘至 vs デヴィットによるランバージャック・デスマッチで、棚橋のセコンドにつく。試合に乱入してきたBULLET CLUBのメンバーを一掃し、棚橋を勝利に導いた。

11月に開催されたWORLD TAG LEAGUEでは、本間朋晃とのタッグG・B・Hとして出場。リーグ戦を制し、準決勝でBULLET CLUBのカール・アンダーソン & ドク・ギャローズ組と対戦するも、試合中にファレによる襲撃を受け身動きが取れなくなり、孤立した本間がピンフォール負けを喫した。試合後もファレの暴走は止まらず、自身が入場時に首からさげているチェーンで首を絞められ、失神状態に追い込まれてしまった。それから一夜が明けて、真壁はファレに対して「完全決着」ルールによるシングルマッチを要求した[8]

2014年[編集]

1月4日、レッスルキングダム8の舞台で、K.O.、T.K.O、ギブアップのみで決着となる変則ルール、キング・オブ・デストロイヤーマッチバッドラック・ファレと対戦。キングコングニードロップを二連発で決め、ファレからK.O.勝ちを収めた。5月25日横浜アリーナ大会では下顎歯槽骨を骨折するアクシデントを負う、6月21日には、棚橋とのタッグでIWGPタッグに挑戦したが敗戦。

タイトル歴[編集]

新日本プロレス
ZERO1
アパッチプロレス軍
  • WEWヘビー級王座(第2代)
プロレス大賞
  • 2007年度最優秀タッグ賞
    • パートナーは矢野通。
  • 2009年度敢闘賞
英連邦
  • 英連邦インターコンチネンタル王座

単発興行との相性[編集]

  • 他団体を含む、若手レスラーのみの興行「ライオンズロード」にてプロデューサーを務めるも、試合を提供した団体に「そこに戦いはあるのか」などと批判し、物議を醸す。DDT社長の高木三四郎と参戦していた同団体の選手HERO!(HARASHIMA)はこれに対して反論、かつて真壁の大学の後輩だったHERO!は対戦要求し受諾されるも実現には至ってなかった。その後、若手選手の成長もあり、同興行は打ち切りとなった。
  • LOCK UP」第1回興行でメインイベント後に乱入し、当日のメインイベントに出場していた金村キンタローに「真壁は呼んでないよ」と言われるも、空気を読まないギミックを貫いた。この金村の「真壁は呼んでいない」発言が真壁を覚醒させ、現在の“暴走コング”と呼ばれる地位を確立させたとも言われる。第2回興行ではリングから柔らかいコーナークッションを外し、蛍光灯などの凶器で血だるまになるほど殴られている関本大介をクッションで殴打するコミカルな一面を見せた。第3回興行でもコーナークッションを外すが、外すだけでその後は普通に試合を行った。しかし第5回興行ではマンモス佐々木との金網デスマッチでメインイベンターを務め、アパッチプロレス興行では前述の金村率いるアパッチ軍の強大な敵として存在を確立するなど、「単発興行との相性が悪い」というイメージを払拭した。
  • 前述のDDT・HARASHIMAとは、2010年3月14日DDT後楽園大会でシングルマッチで対戦し真壁の勝利。試合後、メインイベンターを務めた前年の新日本・DDTそれぞれの両国国技館大会を例に挙げ、「同じ穴のムジナ」と話した。その後、関本大介とのKO-D無差別級選手権試合を控えたHARASHIMAを新日本道場に招いて合同練習を行い、自らスパーリングパートナーを務めるなど、仮想・関本としてHARASHIMAのKO-D無差別級王座奪取に貢献している。

得意技[編集]

若手時代から得意であったしなやかなブリッジに加えヒールターンしてからはラフ&パワーを前面に押し出したファイトスタイルとなった。メジャー団体所属選手としては珍しいデスマッチファイターである。

フィニッシュ・ホールド[編集]

キングコング・ニードロップ
トップロープから放つニー・ドロップで真壁の絶対的なフィニッシュ・ホールド。かわされ不発となることもあるが、ヒットしたときは未だにこの技を返されたことはない。
下記のラリアット、大一番ではスパイダージャーマンで相手をグロッキー状態に倒した後に繰り出すことが多い。IWGP王座に初戴冠した際にもフィニッシュはこの技だったが、相手が立ち上がろうとしたところを目掛けて放っていくダイビング・ニー・アタックの形に近かった。
G・B・H時代は矢野通との合体技も存在。その際は矢野がカナディアン・バックブリーカーの要領で担いだ相手に対して真壁が同技を繰り出す合体キングコングニードロップの名称として知られ、同タッグでもフィニッシャーとして用いられていたが、短期間で使用を控えている[9]

打撃技[編集]

ラリアット
ロープの反動を利用したラリアットやショートレンジ式ラリアットを得意とする。相手の起き上がりざまに3連発で見舞ったり、鎖を腕に巻き付けたチェーンラリアットも敢行する。また中指を立てて「ファック ユー!」と相手を挑発してから敢行することが多い。
ナックルパート(グーパンチ)
握り拳で相手の顔面を殴りつける技。真壁刀義と改名してから使用するようになった。テーピングでかためた右こぶしでなぐるのが基本的である。他のレスラーと違い、エルボーを使うことがほとんどなく、つねにこの打撃技を使う。本来は反則技であるために、反則カウントをとられていたが、ベビーターンしてからは、この技を使うたびに観客から歓声が上がるためか、レフェリーがカウントを取ることが少なくなった。
キングコングハンマー
両手の指を組み、両腕を相手の顔面にかちあげ式で叩きつける、ダブルアックスハンドル。
袈裟斬りチョップ
走り込みながら攻撃してくる相手へのカウンター技として使用。主に大一番でのみ使用することが多く、この技からキングコングハンマーに繋いでいく。

投げ技[編集]

ジャーマン・スープレックス
若手時代からの得意技。時にロコモーション式も決行する。
スパイダー・ジャーマン・スープレックス
ここからキングコング・ニードロップに繋ぐのが真壁の必勝パターンであるが、何もせずに降りることもある。相手が投げさせまいと粘る際には対角線の鉄柱に顔面をぶつけて敢行する。
ノーザンライト・スープレックス
こちらも若手時代からの得意技。現在でも串刺し式ラリアットやコーナーに上がり連打式のナックルパートを掛け終えた後からの繋ぎ技として使用している。
ドラゴン・スープレックス
真壁の奥の手ともいえる必殺技。ブリッジがきれいなために相手によっては危険角度で落とすことがある。
パワースラム
突進してくる相手にカウンターで出すことが多い。また使用頻度は低いものの雪崩式も使用する事があり、2010年にIWGPヘビー級王座を戴冠した試合で雪崩式を行った際、対戦相手の中邑真輔の古傷である肩鎖関節を脱臼させて勝利を収める要因にもなった。
パワーボム
ジャンピング両膝着地式。担ぎ上げた状態で数秒保ち、タメを作って落とす滞空式パワーボムも得意とする。大一番(主に東京ドーム大会)では机目掛けて相手を投げ落す、投げっ放し式を行う。
デスバレーボム
サードロープに机を掛け、そこへ背中から落とす危険な技も敢行する。デスフォールを開発したことと2010年末に頚椎を負傷し首への負担が大きくなった為、使用限度が減っている。
デスフォール(キングコングデスバレーボム)
ファイヤーマンズキャリーの体勢から自身も前転して背中をマットに叩きつける変形のデスバレーボム。2008年のNJC1回戦で飯塚高史に初公開。おもにシングルマッチで使用し、この技からフィニッシュにつなげることもある。通常のデスバレーボムとよく間違われる。
フィッシャーマンバスター
パイルドライバー
パイプ椅子へのパイルドライバーなどを敢行する。落とすときに軽くジャンプしてから落とす。

関節技[編集]

ドラゴン・クラブ
変形のテキサスクローバーホールド
監獄固め
変形の足4の字固めマサ斉藤の代名詞的技として知られる。2008年のG1 CLIMAXで初披露し、それ以降、この技をフィニッシュホールドとして使うこともある。

その他[編集]

凶器攻撃
ラリアットの欄にあるように鎖を使うことが多い。場外では椅子や鋏などを持ち出すことも。当然ながら反則である故、リング上では、レフェリーのダウンしている時やセコンド介入など、レフェリングのブラインドを突く形で行われる。しかしながら、レフェリー健在でもチェックが殆ど行われないようなことも稀にある。対戦相手が頭部に傷を負い、流血試合になることが多い。

入場曲[編集]

その他[編集]

  • 相手を挑発する際に「3分以内で倒す」と宣言することがあるが、宣言対象に3分以内で勝利したことはない。
  • 同じ新日本所属の天山広吉同様に「かみつく」「叩き潰す」「コラ(オラ)」などの伝統的な罵り方を好んで使う。
  • 新日本プロレス S.X.W のテレビCMで「俺達は飢えたジャッカルなんだよ!」と発言した。
  • 甘党で、業界屈指のスイーツ好きとして知られており、学生プロレス時代のリングネームもそれに由来する。大好物はモンブランである。さらに現在日本テレビの情報番組『スッキリ!!』にてスイーツ担当レポーターとしても活躍。そのため、新日本の地方大会の新聞広告に「TVでおなじみ スイーツ真壁参戦!」と掲載されることもある[10]
  • その他、外食フランチャイズチェーン店「吉野家」の牛丼好きを公言しており、その縁もあって2012年10月、真壁の40歳と新日本プロレス発足40周年を記念して同社と「吉野家×新日本プロレス 牛焼肉丼100円割引クーポン配布」のコラボレーションキャンペーンを行った。
  • ジャイアンツファンで、2010年と2011年の1月最初のジャイアンツの球場練習では、同じジャイアンツファンの4代目タイガーマスクと共に原辰徳監督と対談している。
  • 新日初のアメリカ大会でアメリカに滞在中、『ワールドプロレスリング』の特別企画のクイズコーナーで4代目タイガーマスクとタイガー服部の3人で回答者として参加した(回答場所はタイムズスクエアマディソン・スクエア・ガーデン前、エンパイア・ステート・ビル前)[11]
  • G・B・Hが本間とのユニットとなってからは本隊・ベビーフェイス色が強くなっており、カードゲームのキングオブプロレスリングでも真壁の所属ユニットはG・B・Hと新日本本隊、スタイルはベビーフェイスとなっている(本間はカード化されていない)。
  • 岡山県に立ち寄る際には、笠岡市にある「おっつぁんラーメン」にほぼ毎回、来店しており自身のブログにも写真を載せている。

出演[編集]

TV
CM
映画

名言・迷言集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤田のほうが数ヶ月入門が遅かったので「真壁さん」と呼んでいたが、真壁のほうが年下だった為か「藤田君」と呼んでいたとの事。
  2. ^ 遠征中、ブルーザー・ブロディが刺殺されたプエルトリコの店で不良と喧嘩を起こし、ナイフで刺し傷を負った事を2011年度の週刊プロレスでブロディの特集が組まれた際のインタビューでコメントした。
  3. ^ 本来は天コジ含めて3wayマッチが行われる予定だったが天山の網膜剥離により通常のタッグマッチに変更されたものであった。
  4. ^ 同ブロックで引き分けた棚橋弘至も勝ち点7で同率1位となり、コイントスによる仮順位を着けることとなった。
  5. ^ 本来、初防衛の相手は力皇猛の予定であったが、調印式の後に行った試合で力皇が頚椎を負傷したために挑戦できなくなった為、潮崎が代理で挑戦することとなった。
  6. ^ 新日本プロレス公式ウェブサイト 2011年06月17日更新ページ 「仲良しこよしじゃねぇ!」真壁&小島のファンイベントはまさかのピリピリムード!? 注目発言も続出!
  7. ^ 当時まだ軍団名は「鈴木軍(仮)」だった。
  8. ^ 【WK8】真壁刀義が緊急コメント発表!! バッドラック・ファレをドームの相手に指名!! “完全決着”ルール要求!!”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年12月9日閲覧。
  9. ^ キン肉マンに登場する悪魔将軍の「地獄の断頭台」をモチーフに開発されたのこと。
  10. ^ 秋田魁新報2013年11月28日付の広告から。
  11. ^ 同コーナーではタイガー服部の天然発言に終始圧倒される。クイズ内で自身のデビュー戦だった藤田和之戦の問題が出るも当時の事をきれいさっぱり忘れていた。コーナー内で幾度となく出題されたJ・J・JACKSの問題に終始イライラするといった一面を見せた

外部リンク[編集]