アンチヒーロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンチヒーローantihero)は、フィクション作品における主人公または準主人公の分類のひとつ。

優れた人格を持って、ことの解決にあたる」といった典型的なヒーロー(英雄)の型から逸脱しているが、ヒーロー同様に扱われる人物である。

ウェブスター現代英英辞典』によれば、1714年から使用されている。

概要[編集]

常識的なヒーローの属性、たとえば「正しい人」であったり、「強い人」であったり、「美しい/外見的にカッコいい人」であるなどを部分的あるいは全面的に裏切る主人公、あるいは主要登場人物をアンチヒーローと呼ぶことがある。この記事ではどのような人物がアンチヒーローと見なされてきたかを例をあげて説明するが、アンチヒーローについては明確な定義が見出されておらず「癖の強い主人公/登場人物」とアンチヒーローの境界は曖昧であり、読者や視聴者の主観によるところが大きいことには留意されたい。また、現代では、「正しく強く美しく法や社会道徳に忠実なヒーロー」自体が少数派になっている。

歴史[編集]

いつ頃から、アンチヒーローに分類される主人公がフィクションに登場したのかは定かではないが、紀元前3世紀ロドスのアポローニオスによって書かれた叙事詩アルゴナウティカ』のイアソンアルゴナウタイは、他のギリシアの物語に登場する英雄たちよりも臆病で受動的であり、アンチヒーローであると分類する説がある[1]

アンチヒーローの分類[編集]

「正しくない」ヒーロー[編集]

物語の世界において、多くのヒーローは倫理的に優れている「よい」人物として語られるが、一般的な倫理的観点からは正しくない行動をとるヒーローもまた数多く造形されてきた。それが極端な場合にアンチヒーローと呼ばれるものと考えられる。

例えば、大きな目標のために手段を選ばないという主人公類型が存在し、これは歴史上の人物に仮託されることも多い。『三国志演義』で天下の奸雄として描かれた曹操は、しばしばこのタイプの残忍な英雄として描かれてきたし、日本の戦国時代にあって全国統一事業を進めた織田信長はその残忍・激烈な性格も併せて描かれることが多い。国家統一のために権謀術数を駆使したとされるオットー・フォン・ビスマルクチェーザレ・ボルジアなどといった歴史上、評価の分かれやすい人物もこの例に該当する。アニメ漫画などサブカルチャー作品でも例えば前者の意味では『DEATH NOTE』の夜神月、後者の意味では『機動戦士ガンダム』のシャア・アズナブルなど多くの類例をみることができる。

また、ピカレスク小説悪漢が主人公の小説。悪漢小説)の分野では、多くの場合主人公は最初から犯罪者であるが、この流れは、犯罪小説やフランスのシネ・ノワールやアメリカのギャング映画クライムアクションゲームなどでも同様であり、多くのアンチヒーローを生んできた。また、日本でもヤクザ映画(『仁義なき戦い』シリーズなど)、バイオレンス小説大藪春彦の作品群など)などで窃盗や暴力や殺人などの犯罪に手を染めるヒーローが物語られてきた。これは遡れば盗賊集団を主人公に据えた『水滸伝』や歌舞伎の『白浪五人男』などを先例と見なすことができるかもしれない。このようなタイプのヒーローは、ダーティーヒーローダークヒーローバッドヒーローとも呼ばれることがある。極端な例では『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士などは食人殺人を繰り返しているにもかかわらず、ヒーロー的に描かれている。

これらのヒーロー達が、犯罪、悪事などに至る理由は様々である。なんらかの絶望によるもの、なんらかの強い憎しみとその復讐によるもの、仲間の裏切りや社会からの冷遇によるもの、そしてその復讐のため、愛する者のため、あるいは職業としてなどである。また、本人の性格的な問題から組織をはみ出して法を逸脱する例もある。

「美しくない」ヒーロー[編集]

物語の世界において、多くのヒーローは外観的に優れている人物として語られるが、それを裏切るヒーローもまた少なからず造形されてきた。 妖怪人間ベムや人間・妖怪を問わず悪を挫き弱者を救済するゲゲゲの鬼太郎など外見は冴えなくとも性格、信念等は模範的なヒーローである場合も多く、アンチヒーローと呼ぶかは議論が分かれる。

風采の上がらない主人公としては、TVドラマの『刑事コロンボ』や横溝正史の探偵小説に出てくる金田一耕助などがあげられる。また、ヒーローの出自を魔物や妖怪などに設定する場合もあり、漫画の『デビルマン』など、禍々しい外見が描かれている。外観についての極北を行く主人公としては、『エレファント・マン』ことジョゼフ・メリックなどがいるが、こうした類例をアンチヒーローと呼ぶかどうかは議論が分かれるところである。

「強くない」ヒーロー[編集]

一般的にヒーローとして想像される人物像は、肉体的にも内面的にも強くて逞しい精悍なイメージである。しかし、肉体と精神のいずれか、あるいは双方の意味で脆弱で臆病なヒーローの例もあり、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジなどが該当する。こうした類例もアンチヒーローと呼ぶかは議論が分かれる。藤子・F・不二雄は、「ドラえもん」の強くも美しくもない副主人公である野比のび太について1990年の談話で「のび太はアンチ・ヒーローの典型」と語ったことがある(稲垣高広「ドラえもんは物語る」社会評論社、P11、談話はキネマ旬報掲載)[2]

また、コメディでヒーロー像を逸脱させた例もある。『ニッポン無責任時代』から始まる植木等主演の映画「無責任男」シリーズは、お気楽な性格と運の強さだけが取り柄の主人公が、追従とお世辞を繰り返しながら大活躍する物語であり、異色異能のヒーローぶりを発揮している。

アンチヒーローの実在モデル[編集]

こうしたヒーローは、評判を呼んだ実際の犯罪者がモデルにされているケースも少なくない。例えば、上記の『白浪五人男』は江戸時代に起きた捕物がモデルであるし、『仁義なき戦い』も原作はノンフィクション小説である。アメリカのカップル銀行強盗犯ボニーとクライドは『俺たちに明日はない』で映画化された。『大列車強盗』も実際の犯罪が評判を呼び、国外逃亡先でテレビ出演までした主犯が人気者になったことで映画化されたケースである。

義賊ともてはやされた鼠小僧のように、ある条件が合致した場合には、法を犯した犯罪者をヒーローとみなす庶民感情がそこに介在していると考えられる。つまり、国家や「お上」からみれば犯罪者であっても、庶民の味方であるという存在である。たとえば、TVドラマ『必殺仕置人』をはじめとする『必殺シリーズ』も表の社会で裁けない悪人を非合法に成敗するという話であり、中世文学から現代娯楽メディアまで洋の東西を問わず枚挙に暇がない。

こうした反逆的ヒーローに対する庶民の共感は、プロレスギミックにもよく利用されている。たとえば新日本プロレス蝶野正洋は、体制(会社)の方針に異を唱えて対立するキャラクターを演じ、タイトルマッチに関する反対を表明する(このパターンは古くは長州力維新軍団、さらにはジャイアント馬場に挑戦した若き日のアントニオ猪木にまでさかのぼる)。アメリカンプロレスでも、WWEストーン・コールド・スティーブ・オースチンがこうしたキャラクターを演じている。

また、「自らに課した掟(コード)にのみ忠実で、法的・社会的規則は無視する」という人物をアーネスト・ヘミングウェイはコードヒーローと呼んでおり、反逆的ヒーローの一類型としてその呼称が用いられることがある。

アンチヒーローとは異なるもの[編集]

「普段は駄目人間だが副業としての裏の顔は凄腕」という物語も数多いが、これは『スーパーマン』と同様に変身ヒーローの一種と考えられる。ただし裏稼業が非合法的なものであれば、ある意味ではアンチヒーローとみなせるかもしれない。アメリカン・コミックの登場人物である「デアデビル」ことマット・マードックや、バットマンが該当する。「必殺仕事人」シリーズの中村主水は「普段は嫁や姑にいびられ勤務先でもさえない駄目人間だが非合法の裏の顔は凄腕」というパターンである。

他にも非合法もしくは、それに近い手段を用意るが社会正義の実現や犯罪被害者の救済等、通常のヒーローと同じ目的・信念を持ち、私欲の悪事は一切行わない主人公なども必ずしもアンチヒーローとは言い切れず、刑事ドラマやアクション映画などにたびたび登場する。『シティーハンター』の冴羽獠や『悪党~重犯罪捜査班』の富樫正義刑事、『天誅~闇の仕置人~』などが該当する。また、物語の開始時点では駄目人間だったが物語の進行とともにヒーローぶりを発揮していくのは成長物語の一典型である。ファンタジーなどでも普通の少年や虚弱な少年が異界でヒーローになるという物語が多く見られるが(『ナルニア国物語』、『はてしない物語』など)、通常はそれらの少年を指してアンチヒーローとは呼ばない。ほとんどの場合、彼らは内面的あるいは外面的成長を遂げて異界から帰還するために、これも成長物語に属する。

なお、ヒロインの場合はダークヒロインアンチヒロインと称されている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Haggar, Daley (1996). "Review of Infinite Jest". Harvard Advocate Fall 96.
  2. ^ 『ドラえもん』全体の主人公はドラえもんである。事実作者自身、後のインタビューにおいて「(のび太をこの作品の)主人公、いや、副主人公に持ってきたか」と語っている。