ジャック・ケルアック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・ケルアック
Jack Kerouac
Kerouac by Palumbo.jpg
ジャック・ケルアック(1956年
誕生 Jean-Louis Lebris de Kérouac
(Jean Louis Kerouac)
1922年3月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ローウェル
死没 1969年10月21日(満47歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州セントピーターズバーグ
職業 小説家詩人
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1940年代中頃 - 1969年
ジャンル ビート文学
文学活動 ビート・ジェネレーション
代表作 路上』(1957年)
処女作 The Town and the City』(1950年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジャック・ケルアックJack Kerouac1922年3月12日 - 1969年10月21日)はアメリカ小説家詩人で、ビートニク(ビート・ジェネレーション)を代表する作家の一人。『路上』『孤独な旅人』などの著作で知られる。大半は、コロンビア大学を中退して以来のアメリカ放浪と遍歴の生活をそのまま下敷きにしたもの。出生時の名前はジャン=ルイ・ルブリ・ド・ケルアック(Jean-Louis Lebris de Kérouac、Jean Louis Kerouacとも言われる)。

略歴[編集]

1922年、マサチューセッツ州ローウェルの、フランス系カナダ移民の家庭に生まれる。ブルターニュにルーツを持つケベック出身者の家庭であった。フランス系カナダ人のコミュニティで幼少期を過ごし、6歳で小学校に入るまで英語を使うことがなかった。彼が4歳の頃、兄ジェラールがリウマチ熱により9歳で亡くなる。ジェラールはジャックが最初に影響を受けた人物とされ、小説『Visions of Gerard』に彼に関する話が収められている。

ローウェル高校に進学後フットボールに熱中する。フットボールの推薦でコロンビア大学に進学するが入学後まもなく行われた試合で負傷しフットボールを諦める。第二次世界大戦中は船員として世界中を航海し、戦後は親友であった作家のウィリアム・バロウズや、ニール・キャサディアレン・ギンズバーグらと共にアメリカ中を放浪してまわった。これらの経験から、彼の著作の大半は誕生したといえる。

代表作『路上』は、ヒッピーなどの間で多くの愛読者と熱狂的な信奉者を生み、一気にアメリカのカウンターカルチャーの代表となった。彼らの間で「ビート族の王」「ヒッピーの父」と呼ばれている。アメリカのロックバンド、ドアーズジム・モリソンボブ・ディランなどのミュージシャン達にも影響を与えた。ただ、ケルアック自身はビート・ジェネレーションの代表者として常に攻撃も受けており、「私はビートの王者だが、ビートニクではない」とも語っていたという。彼は元々大人しい性格にもかかわらず、『路上』のアグレッシブな登場人物、ディーン・モリアーティと重ね合わされた事によるギャップが大きかったようだ(実際のディーンのモデルはキャサディであった)。

皮肉にもこの思いがけない成功により彼の生き方は大きく乱れ、アルコール依存症などから徐々に健康を害していった。『路上』以降も著作は多く出されたが、その多くは50年代に書かれていたものだったという。やがてビートニクの友人たちとの親交も途絶え、表舞台から遠ざかっていった。酒をあおりながらベトナム戦争で盛り上がるヒッピーに悪態をつくなど孤独な日々を暮らしたケルアックは、1969年にフロリダ州セントピーターズバーグにおいて47歳で亡くなり、ギンズバークら生前の友人に見送られて故郷ローウェルの墓地に埋葬された。

ちなみに『路上』においては頻繁に車を運転するシーンが出てくるものの、ケルアック自身は1956年まで車の運転方法を学んだことがなく、また生涯運転免許を取得することはなかったという。

ビートニク[編集]

裸のランチ』のバロウズ、『吠える』のギンスバーグ、ゲーリー・スナイダーなどとの交友関係は有名で、これらのタイトルはケルアック自身によって付けられたという。彼らは自分たちを「ビート・ジェネレーション」(この呼称はケルアックが初めて使ったとされる)と呼び、その作品や言動はヒッピー文化の思想的基盤となった。ただ、彼自身はカトリック教徒であった母の影響から政治に関しては保守的だったといわれ[誰によって?]ベトナム戦争にも賛成の立場だった。

1999年公開の記録映画『ビートニク』では、彼らの若き日の姿を見ることができる。彼の生まれた町ローウェルに彼を記念する公園が1988年に作られた。この公園は1990年に建築家協会からアーバンデザイン賞を受賞している。

著作[編集]

  • 『そしてカバたちはタンクで茹で死に』 And the Hippos Were Boiled in Their Tanks (ウィリアム・バロウズとの共著、執筆は1945年、出版は2008年)
  • The Town and the City (1950年)
  • Visions of Cody (1951年)
  • Doctor Sax  (1952年)
  • Maggie Cassidy (1953年)
  • 『地下街の人びと』 The Subterraneans (1953年)
  • Mexico City Blues (1955年)
  • 『トリステッサ』Tristessa (1955年)
  • Visions of Gerard (1956年)
  • 『荒涼天使たち』 Desolation Angels (1956年)
  • 路上』(『オン・ザ・ロード』) On the Road (1957年)
  • 『禅ヒッピー』(『ジェフィ・ライダー物語』『ザ・ダルマ・バムズ』) The Dharma Bums  (1957年)
  • 孤独な旅人The Lonesome Traveller (1960年)
  • Rimbaud (1960年)
  • Book of Dreams (1960年)
  • 『ビッグ・サー』(『ビッグ・サーの夏』) Big Sur (1961年)
  • Pic (1961年)
  • 『パリの悟り』 Satori in Paris (1965年)
  • Vanity of Duluoz (1968年)

参考資料[編集]

  • 『ジャック・ケルアック放浪天使の歌』(著:スティーブ・ターナー、訳:室矢憲治)
  • 『Kerouac-ケルアックに何が起こったのか?』(ドキュメンタリーDVD)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]