路上 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

路上』(ろじょう、原題:On the Road)とはジャック・ケルアック小説。作者が自らの放浪体験を元に書き上げた自伝的内容の小説である。1951年4月に3週間で書かれ、1957年にViking Pressから出版された。

邦訳の題名は、1959年に最初に出版された際は『路上』、2007年に出版された新訳版は『オン・ザ・ロード』。

概要[編集]

作者の体験が反映された小説であるため主な登場人物の大部分はケルアックの友人がモデルである。その中にはアレン・ギンズバーグウィリアム・バロウズニール・キャサディビート・ジェネレーションの指導的立場に立った人物も含まれている。

1940年代から50年代アメリカをケルアックをモデルにした主人公サル・パラダイスがディーン・モリアーティ(ニール・キャサディがモデル)等とともにアメリカ大陸を自由に放浪する姿が刺激的に描かれ、その新しい価値観は世界中に影響を与えた。特にヒッピーからは熱狂的に支持されカウンターカルチャーにも大きな影響を与えた。また例えばアメリカのロックバンド、ドアーズはこの本を読まなかったら誕生してなかっただろう、とも言われている[要出典]

最初の原稿となるものは1951年4月に3週間で一気に書かれたが、紙をいちいち交換していたのでは言葉の流れを妨げて集中の邪魔になるというので、ケルアックは紙をテープでつないで長くしたものを使いタイプで打っていった結果、書きあがった原稿は巻物のように丸まったものであった。長らく幻だったその原稿は2007年の刊行50周年に出版された。

ストーリー[編集]

日本語訳[編集]

  • 『路上』 福田実訳 河出書房新社 1959年
  • 『オン・ザ・ロード』 青山南訳 河出書房新社 2007年(河出文庫 2010年)
  • スクロール版 オン・ザ・ロード』 青山南訳 河出書房新社 2010年(上記概要にある巻物状の草稿版を訳出したもの)

映画化[編集]

ウォルター・サレス監督、フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮により映画化され、2012年に公開された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]