ヒッチハイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒッチハイクの風景(ルクセンブルクにて、1977年)。腕を水平方向にまっすぐ伸ばし、親指を立てている。
親指を立てる
自分の行きたい場所(目的地)を紙や段ボールなどに書いて腹あたりに持ちドライバーに見せる、というのもしばしば行われる方法である(写真はニュージーランド、2006年)
ロシアでヒッチハイクをする車いすの男性
アムステルダム近郊のヒッチハイクをするのに適した場所を示すための道路標識

ヒッチハイクHitch hike)とは、通りがかりの自動車に(無料で)乗せてもらうこと。この方法ですることをヒッチハイキングHitchhiking)、旅行者はヒッチハイカーHitch hiker)と呼ばれる。

概説[編集]

多くの場合、通りすがりの自動車に無料で乗せてもらう行動を指す。交通量の多い道路の脇に立ち、腕を肩から水平方向に目一杯伸ばし、親指を突き立てたポーズを取ることがヒッチハイクの意思表示とされている(決して人差し指を立ててはいけない。写真のポーズを参照のこと)。行き先(目的地)を大きく書いた紙やボードを胸や腹あたりに掲げながらやることも多い。

乗せて貰ったからといって寝てしまったり、運転手の迷惑になる行為をすることは厳禁で、ヒッチハイクの最低限のマナーとされている。

ヒッチハイクをする側の理由としては、旅行費の節約[※ 1]や冒険をしてみたい、などがあげられる。

ヒッチハイカーを乗せてみようと思うドライバー側の動機としては、例えば、困っている人を見るとふと人助けしたくなる心情、若者(特に所持金が少なそうな若者)を応援してあげたいという年配者の気持ち、自分もヒッチハイクをしたことがあり一種の恩返し恩送り)として乗せる、独りで長距離運転している退屈を紛らわしたい気持ち、などである。長距離トラックなどの運転手の好意で成立する場合も多い。

かつてはヒッピー文化の影響で、世界中でヒッチハイクによる旅行を行う若者が相当多数いたが、その後一部の国[※ 2]で法令で禁止されたことなどもあって、現在では世界旅行で縦横無尽に移動する手段としてヒッチハイクを選択する文化は以前に比べると衰退傾向にある。 だが現在でも、特に禁止はされていない国や認められている国は多く、各国の事情に応じて行われている。

日本でも行うことができ、地域・季節によっては(例えば夏の北海道などでは)それなりの数、行われている。ヒッチハイクで日本一周することも可能で、近年も体験本などが複数出版されている(下節参照)。

ヒッチハイクを扱った体験本や作品[編集]

体験本
  • ヒッチハイクで日本一周 - 山添勝志著、2007年。ヒッチハイクの体験本。沖縄から北海道まで、ヒッチハイクで日本一周を企てた珍道中を書籍化したもの。ISBN 4860951883
  • ヒッチハイク女子、人情列島を行く! - 池田知晶著、2011年。ヒッチハイクの体験本。1年4ヶ月かけてヒッチハイクによる日本一周を達成した経験をまとめた本。ISBN 4198631166
他の本
映画 ほか
TV番組

脚注[編集]

  1. ^ いわゆる「節約旅行」「貧乏旅行」「無賃旅行」など
  2. ^ アメリカ合衆国ではヒッチハイクを装った強盗事件が多発したため、現在では多くので法律で禁止されている。

関連項目[編集]