森山大道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森山 大道(もりやま だいどう、本名:-ひろみち1938年10月10日 - )は、日本写真家大阪府池田市生まれ。

日本写真批評家協会新人賞、日本写真家協会年度賞、第44回毎日芸術賞受賞、ドイツ写真家協会賞受賞などを受賞。

日本のみならず、海外でも高く評価されている。アメリカイタリアイギリスフランスオーストリアベルギードイツ中国スペインなどでも個展を開いている。

東京工芸大学客員教授、京都造形芸術大学客員教授、専門学校東京ビジュアルアーツ顧問。 過去に、ワークショップ写真学校や東京写真専門学校(現 東京ビジュアルアーツ)の講師など、さまざまな写真教育活動に当たるなど、教育活動にも力を入れている。

略歴[編集]

評価[編集]

森山大道といえば「アレ・ブレ・ボケ」と形容される作風が特徴とされる。『眼の狩人』(大竹昭子)によると、それは1964年8月号の『現代の眼』が最初だが、ただし1965年の「ヨコスカ」もふくめ、じつはその後ブレボケ写真はそれほどあるわけではないという。


エピソード[編集]

  • 安井仲治を敬愛しており、1987年には写真集『仲治への旅』を出版している。

作品[編集]

雑誌等の作品[編集]

  • 1964年 『東京・国立競技場』「フォトアート」5月号
  • 1964年 『I am a king・通行人』「フォトアート」8月号 グラビアページ
  • 1965年 『無言劇』「現代の眼」2月号
  • 1965年 『アフタヌーン・ヨコスカ』「フォトアート」4月号
  • 1965年 『ヨコスカ』「カメラ毎日」8月号
  • 1966年 『ショウの底辺(見世物の歴史)』「俳句」連載(寺山修司の指名による)
  • 1966年 『街に戦場あり』「アサヒグラフ」9~12月号(寺山修司のエッセイに森山と中平卓馬が交互に写真を担当)
  • 1967年 『にっぽん劇場』「カメラ毎日」連載
  • 1968年 『国道シリーズ』(『北陸街道』『暁の一号線』『みちのく元旦』『東名-人間を駆使する道』『東京環状・国道16号線 オンザロード 疾走する車窓からの狙撃-日本の現在がそこにある』)(ヒッチハイクをしながら国道の写真を撮るシリーズ。ジャック・ケルアックの『路上』の影響)
  • 1969年 『アクシデント』「アサヒカメラ」 1~12月号
  • 1970年 『いまの人は、70年代の百人⑦ 森山大道』「朝日新聞」1月8日
  • 1970年 『スキャンダラス』「週刊プレイボーイ」(ヌード写真)
  • 1971年 『何かへの旅』「アサヒカメラ」1~12月号(『三沢の犬』など、代表作を次々に発表)
  • 1972年 『路上』『撮る決意』読売新聞 連載
  • 1972年 『桜火』「カメラ毎日」6月号
  • 1973年 『地上』「アサヒカメラ」1~12月号
  • 1973年 『日本三景シリーズ』「カメラ毎日」 12月号、翌1974年2・4月号
  • 1981年7月 『光と影』「写真時代」連載
  • 1981年10月 『森山大道アングル'81』「毎日グラフ」連載 (西井一夫の依頼による)
  • 1981年 『大菩薩峠』「アサヒカメラ」12月号
  • 1982年 『犬の記憶』「アサヒカメラ」4月~翌1983年6月号
  • 1983年 「カメラ毎日」の表紙を担当(1年間)
  • 1984年8月 『仲治への旅』「写真時代」連載 (1985年7月まで)
  • 1988年 『中平卓馬への手紙』「文藝」(季刊誌)連載 春期号から連続5回
  • 1989年 『Ⅱ都物語』「文藝」連載 春期号から連続5回
  • 1996年10月 『写された女たち十選』日本経済新聞 連載
  • 1997年1月 『犬の記憶・終章』「アサヒグラフ」連載 (12月まで)
  • 1998年1月 『二都物語』読売新聞夕刊 連載
  • 1998年5月 「10+1」INAX出版 連載
  • 2000年 『カーブミラー2000』読売新聞夕刊 連載(1年間)

写真集[編集]

  • 1968年 『にっぽん劇場写真帖』(室町書房)
  • 1972年 『写真よさようなら』(写真評論社
  • 1972年 『狩人』(中央公論社
  • 1972年 『蜉蝣』(芳賀書店)
  • 1976年 『遠野物語』(朝日ソノラマ
  • 1978年 『続にっぽん劇場写真帖』(朝日ソノラマ)
  • 1982年 『光と影』(冬樹社
  • 1987年 『仲治への旅』(蒼穹舎
  • 1989年 『MORIYAMA Daido 1970-1979』(蒼穹舎)
  • 1990年 『サン・ルゥへの手紙』(河出書房新社
  • 1993年 『Daido hysteric no.4 1993』(ヒステリック・グラマー)
  • 1993年 『COLOR』(蒼穹舎)
  • 1994年 『Daido hysteric no.6 1994』(ヒステリック・グラマー)
  • 1994年 『森山大道新刊写真集展』(オン・サンデーズ)
  • 1995年 『Imitation』(タカ・イシイギャラリー)
  • 1995年 『犬の時間(とき)』(作品社)
  • 1995年 『にっぽん劇場写真帖 フォト・ミュゼ』(新潮社) - 1968年の再版
  • 1997年 『森山大道 狩人』(タカ・イシイギャラリー) - 復刻版
  • 1997年 『日本の写真家37 森山大道』(岩波書店)
  • 1997年 『OSAKA Daido hysteric no.8』(HYSTERIC GLAMOUR)
  • 1998年 『Fragments: Representation of Moriyama』(シナジー幾何学)
  • 1999年 『MORIYAMA Daido COLOR 2』(蒼穹舎)
  • 1999年 『水の夢』(蒼穹舎)
  • 1999年 『4区 Passage』(ワイズ出版) - ポラロイドによる写真集
  • 1999年 『VISIONS of JAPAN MORIYAMA Daido : PARIS』(光琳社出版)
  • 2001年 『DAIDO MORIYAMA 55』(Phaidon Press) - イギリス
  • 2002年 『transit』 - オフィシャルWebサイトでの販売
  • 2002年 『新宿』(月曜社)
  • 2002年 『'71-NY』(Roth Horowitz) - アメリカ
  • 2002年 『PLATFORM』(タカ・イシイギャラリー)
  • 2002年 『新宿』(タカ・イシイギャラリー)
  • 2003年 『Complete Works Vol.1』(ダイワラジエーター製作所)
  • 2004年 『Complete Works Vol.2~4』(ダイワラジエーター製作所)
  • 2004年 『彼岸は廻る 越後妻有版「真実のリア王」写真記録集』(現代企画室)
  • 2004年 『NOVEMBRE』(月曜社)
  • 2004年 『ROUTE 16』 - オフィシャルWebサイトでの販売
  • 2004年 『Daido Moriyama: Remix』(ギャラリー・カメル・マヌー) - フランス
  • 2005年 『森山・新宿・荒木』(平凡社
  • 2006年『t-82』(パワーショベル刊)ISBN 4434085085 (Holgaを使って撮った写真集)
  • 2007年 『記録6号』(Akio Nagasawa Publishing) - オフィシャルWebサイトでの販売
  • 2007年 『凶区/Erotica』(朝日新聞社出版局
  • 2007年 『記録7号』(Akio Nagasawa Publishing) - オフィシャルWebサイトでの販売

そのほか[編集]

著書[編集]

  • 1970年 写真・エッセイ集『まずたしからしさの世界をすてろ』(共著、田畑書店)
  • 1984年 エッセイ集『犬の記憶』(朝日新聞社
  • 1985年 エッセイ集『写真との対話』(青弓社
  • 1995年 エッセイ集『写真との対話』改訂版(青弓社)
  • 1995年 エッセイ集『写真から/写真へ』(青弓社)
  • 1997年 ビデオ『スペシャルアラキネマ 荒木経惟VS森山大道』(クエスト)
  • 1998年 エッセイ集『犬の記憶 終章』(朝日新聞社)
  • 2000年 エッセイ・対談集『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』(青弓社)
  • 2001年 エッセイ集『犬の記憶』文庫版(河出書房新社) - 1984年の復刻版
  • 2001年 エッセイ集『犬の記憶 終章』文庫版(河出書房新社) - 1998年の復刻版
  • 2004年 エッセイ集『MEMORIES OF DOG』(NAZRAELI PRESS)- 『犬の記憶』の英訳版
  • 2004年 DVD『森山大道 in PARIS カルティエファウンデーションにて』
  • 2005年 小説・写真集『あゝ、荒野』(パルコ出版) - 1966年の長編小説に写真集をつけたもの

取り上げられた作品[編集]

  • 1996年2月 「写真家 森山大道 1996 - 路上の犬は何を見た?」(日本テレビ「美の世界」)
  • 1997年 「森山大道特集」(季刊雑誌「プリンツ21」秋号)
  • 2000年3月 「森山大道特集」(NHK「美の朝」)
  • 2001年7月4日 「犬の視線 新宿断片」(東京新聞
  • 2001年9月 藤井謙二郎監督によるドキュメント映画「≒森山大道」公開(2002年8月にDVDとして発売)
  • 2004年4月 「その路地を右へ」(「coyote」創刊号)
  • 2005年4月 「絶対平面都市」(「季刊d/sign」no.10)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]