東松照明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東松 照明(とうまつ しょうめい、男性、1930年1月16日 - 2012年12月14日)は、愛知県名古屋市出身の写真家。戦後日本を代表する写真家の一人。ヨーロッパやアメリカでも写真展を開くなど、海外での評価も高い。近年は長崎、沖縄、愛知、京都など特定のエリアに焦点を当てた写真展を開いている。

経歴[編集]

主な作品[編集]

写真集[編集]

『やきものの町 瀬戸』岩波書店、1954年
『水害と日本人』岩波書店、1954年
『戦争と平和』岩波書店、1955年
『hiroshima-nagasaki document 1961』(共著)原水爆禁止日本協議会 1961年
『〈11時02分〉NAGASAKI』写真同人社、1966年
『サラーム・アレイコム』写研、1968年 ※雑誌『太陽』でアフガニスタン取材した際に撮影
『おお!新宿』写研、1969年
『沖縄に基地があるのではなく基地の中に沖縄がある』写研、1969年
『太陽の鉛筆 沖縄・海と空と島と人びと・そして東南アジアへ』毎日新聞社、1975年
『東松照明の戦後の証明』朝日新聞社、1984年
『廃園』PARCO出版局、1987年
『さくら・桜・サクラ』ブレーンセンター、1990年
『Visions of Japan』光琳社出版、1998年
『時の島々』岩波書店、1998年
日本の写真家30 東松照明』岩波書店、1999年
『東松照明1951-60』作品社、2000年
『東松照明展 沖縄マンダラ』前島アートセンター、2002年
『東松照明:Tokyo曼陀羅』東京都写真美術館、2007年


評論[編集]

上野昂志『写真家東松照明』青土社、1999年
東松照明監修『長崎曼荼羅 : 東松照明の眼1961~』長崎新聞社、2005年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。
  2. ^ 写真家の東松照明氏が死去、長崎や沖縄を撮影 読売新聞 2013年1月7日閲覧

外部リンク[編集]