細江英公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

細江 英公(ほそえ えいこう 1933年3月18日 - )は日本写真家。本名は敏廣(としひろ)。

経歴[編集]

山形県米沢市に生れ、東京で育つ。1951年富士フイルム主催の「富士フォトコンテスト」学生の部で最高賞を受賞する。翌年、19歳で東京写真短期大学(現 東京工芸大学)に入学。評論家の福島辰夫は、土門拳らのリアリズム派にない彼の人間味に注目。美術家瑛九と交流を深め、既成概念に挑む作家の精神を受け継ぐ。1954年同大卒業。福島の主宰する「十人の眼」展に参加。その後写真家集団「VIVO」をともに立ち上げる。三島由紀夫の裸体写真集「薔薇刑」や秋田の農村を舞台に舞踊家の土方巽をモデルにした「鎌鼬」を発表。2003年9月18日英国王立写真協会の記念式典で「生涯にわたり写真芸術に多大な貢献をした写真家」として特別勲章を授与された。2010年10月には文化功労者に選出された。息子の細江賢治も同じく写真家。

略歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]