沖縄県立博物館・美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 沖縄県立博物館・美術館
Okinawa Prefectural Museum & Art Museum
Okinawa Prefectural Museum & Art Museum01bss3200.jpg
施設情報
愛称 県立博物館・美術館
館長 安里進
事業主体 沖縄県
管理運営 文化の杜共同企業体
建物設計 石本建築事務所・二基建築設計室設計共同体[1]
延床面積 23,721.79m²
開館 2007年11月1日
所在地 900-0006
沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
位置 北緯26度13分38.33秒 東経127度41分37.86秒 / 北緯26.2273139度 東経127.6938500度 / 26.2273139; 127.6938500
ウェブサイト http://www.museums.pref.okinawa.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

沖縄県立博物館・美術館(おきなわけんりつはくぶつかん・びじゅつかん)は、沖縄県那覇市おもろまちにある文化施設である。

概要[編集]

博物館機能と美術館機能をあわせ持つ県内初の複合文化施設として開館。 博物館施設としては前身である沖縄県立博物館の2倍の広さを持ち、美術館施設は県立としては戦前戦後通して初めての設置である。

開館までの経緯は沖縄県立博物館・美術館の設置経緯を参照。

当館の館長は博物館長、美術館長を兼任しており、博物館長、美術館長にあたる役職として副館長が2人置かれている。博物館や美術館などに関する法律には博物館法があるが、その中において1つの施設に1人の館長を置くとなっており、館長を1人しか置いていないことから博物館と美術館は別々の施設という扱いではなく、1つの施設としての扱いとなることになった。そのため、沖縄県立博物館・美術館という施設のみが存在し、その中に博物館と美術館が入っているという状況になっており、沖縄県立博物館や沖縄県立美術館という施設は法律上存在しない。

沿革[編集]

施設概要[編集]

  • 構造 - 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
  • 階数 - 地上4階、地下1階、塔屋1階
  • 高さ - 最高 21.80m
  • 敷地面積 - 31,287.44m²
  • 建築面積 - 13,452.20m²
  • 延床面積 - 23,721.79m²
博物館、美術館共用施設
  • 延床面積 - 5,707.78m²
  • エントランスホール - 756.45m²
  • 情報センター - 217.11m²
  • 講堂 - 349.51m²
  • ミュージアムショップ - 129.9m²
  • 喫茶室 - 108.41m²
  • 事務室 - 会議室等:309.33m²
  • その他 - 3,837.07m²
博物館施設
  • 延床面積 - 10,478.31m²
  • 常設展示室 - 2,596.31m²
  • 企画・特別展示室 - 809.09m²
  • ふれあい体験室 - 110.29m²
  • 講座室 - 191.40m²
  • 収蔵庫 - 2,975.31m²
  • その他 - 3,795.91m²
美術館施設
  • 延床面積 - 7535.70m²
  • 常設展示室 - 871.94m²
  • 企画展示室 - 884.80m²
  • 県民ギャラリー - 388.14m²
  • 県民・子供アトリエ - 162.63m²
  • 講座室 - 109.56m²
  • 収蔵庫 - 1,229.63m²
  • その他 - 3,889.00m²

企画展[編集]

博物館
  • 博物館新館開館記念展「人類の旅-港川人のきた道-」:2007年11月1日~2008年1月20日
  • 「新収蔵品展」:2008年2月13日~2008年4月20日
  • 「国宝から見る琉球王国の歴史と文化」:2008年2月18日~2008年3月10日
  • 「大嶺薫コレクション展」:2008年2月27日~4月20日
  • 「人体の不思議展 からだ=未知なる小宇宙」:2009年3月20日~2009年5月17日
美術館
  • 美術館開館記念展「沖縄文化の軌跡1872-2007」:2007年11月1日~2008年2月24日
  • 「世界の現代アーティスト50人展-ガルシア・ロルカを顕彰して-」:2008年3月15日~2008年5月11日
  • 「情熱と戦争の狭間で~無言館と沖縄の画家たち~」:2008年5月17日~2008年6月29日
  • 「哀愁と血の造形-嘉手川繁夫の世界-」展:2008年7月15日~2008年8月31日
  • 「しまくとぅば 未来へつなぐアート展」:2008年9月9日~2008年10月5日
  • 「『南』から『南』へ 美術家たちの『南洋群島』展」:2008年11月7日~2009年1月18日
  • 美術館開館一周年記念展覧会「移動と表現-変容する身体・言語・文化-」:2009年1月31日~2009年3月29日
  • 「アトミックサンシャインの中へin沖縄-日本国平和憲法第九条下における戦後美術」:2009年4月11日~2009年5月17日

問題[編集]

美術館問題
作品非展示問題

2009年4月11日から開催された憲法9条に関する美術館企画展において昭和天皇の写真を用いた作品が展示されないという問題が発生した。展示されなかったのは14作品で、沖縄県教育委員会や主催者側からなどから「教育的観点から展示に関して配慮してほしい」と要請され、協議行った結果同年2月末にこれらの作品の展示を取りやめることに決定した。これに対し、作品を制作した作家からは「表現の自由を否定するもの」と批判された。

なお、これらの作品は1986年富山県立近代美術館で展示され、富山県議会議員や右翼から批判を受けた美術館が作品を非展示にし、後に売却、図録470冊を焼却処分した経緯があった。

アクセス[編集]

モノレール
路線バス
  • 県立博物館前バス停下車、徒歩1分。

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ BCS賞受賞作品”. 日本建設業連合会. 2014年2月14日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]