九州国立博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 九州国立博物館
Kyuhaku-approach 1.jpg
施設情報
専門分野 歴史
管理運営 独立行政法人国立文化財機構
開館 2005年10月16日
所在地 818-0118
福岡県太宰府市石坂4-7-2
位置 北緯33度31分6.08秒 東経130度32分17.87秒 / 北緯33.5183556度 東経130.5382972度 / 33.5183556; 130.5382972
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

九州国立博物館(きゅうしゅうこくりつはくぶつかん)は、福岡県太宰府市にある歴史系の博物館独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館の1つで、2005年10月16日に開館。太宰府天満宮裏で、同宮所有の丘陵地に建設された。

概要[編集]

100年以上の歴史を誇る東京・京都・奈良の3つの国立博物館が美術系博物館であるのに対して、九州国立博物館は歴史系博物館として設立された。九州が日本におけるアジア文化との交流の重要な窓口であった歴史的かつ地理的背景を踏まえ「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える博物館」を基本理念に、旧石器時代から近世末期(開国)までの日本の文化の形成について展示している。

また、アジア地方各地との文化交流を推進する拠点としての役割も持って建設され、アジア各地の民族美術の展示や、実際に体験できるようになっている。

岡倉天心が九州にも国立級の美術館・博物館が必要であると説いてから100年。太宰府天満宮をはじめ関係各所の熱意により念願は結実し、現在では年間100万人以上の来場がある施設となっている。なお、九州で最も初詣の参拝客が多い同天満宮そばにあることから、他の国立博物館とは異なり元日から開いている。ただし、年末には12月25日頃から閉館するので注意が必要である。

日本において国立文化財機構が運営する「国立博物館」を称する博物館としては1897年設立の京都国立博物館以来、108年ぶりに新設された。日本の国立文化財機構が運営する国立博物館の中で最大の敷地面積と、1つの建物としては30,085m²と最大の延床面積を持つ博物館であり、開館当時はこのことが話題となった。(ただし東京国立博物館のメインとなる5つの展示館の合計延床面積60,420m²には大きく届かない。また国立文化財機構運営ではないが、国立歴史民俗博物館の延床面積の方が35,548m²、国立民族学博物館の延床面積の方が51,225m²と大きい)。

沿革[編集]

出典[1]/[2]

  • 1893年7月 - 江藤正澄・西高辻信厳(太宰府天満宮宮司)・吉嗣拝山が菅公千年祭記念の「鎮西博物館」設置を計画。福岡県の認可の元、募金活動を始めたが、翌年の日清戦争により挫折。
  • 1896年 - 『鎮西博物館歴史参考之備品』が発表される。展示品として須恵器器台や石包丁狛犬などが図示されている。
  • 1899年2月 - 岡倉天心が、古来からの外交の要としての九州に注目し、歴史討究のための九州博物館の必要性を主張。
  • 1899年9月29日 - 『福岡日日新聞』(現在の『西日本新聞』)紙上に森鴎外の「我をして九州の富人たらしめば」が掲載される。
  • 1927年2月 - 第52回帝国議会で山内伴造ら福岡県選出の代議士によって「九州博物館ニ関スル建議案」が提出され、衆議院本会議で可決。政府に提出。
  • 1948年1月 - 文部省が昭和24年度予算に国立博物館長崎資料館の設置予算を計上したが、長崎市が原爆被害復旧優先を理由に返上。
  • 1949年 - 福岡県が国立博物館九州分館誘致を決定。文部省に陳情。
  • 1966年11月 - 総理府明治百年記念準備会議が「歴史民族博物館」建設を採択、閣議はこれを承認(最終的に千葉県佐倉市国立歴史民俗博物館として建設)。
  • 1967年11月 - 福岡県が国立歴史博物館の誘致を開始。
  • 1980年4月 - 「博物館等建設推進会議」発足。機関紙『文明のクロスロードMuseum Kyusyu』刊行を中心とした建設運動が活発化。
  • 1994年6月 - 第1回「新構想博物館の整備に関する調査研究委員会」開催。文化庁長官が九州設置について諮問。
  • 1996年3月 - 文化庁が新構想博物館の設置候補地を福岡県太宰府市とすることを決定。
  • 1999年5月 - 同委員会が「九州国立博物館(仮称)基本計画」を策定。
  • 2002年4月 - 福岡県及び財団法人九州国立博物館設置促進財団が共同で建設工事(3年計画の第一年次)に着手。
  • 2005年4月1日
    • 九州国立博物館設置。
    • 三輪嘉六が館長に就任。
    • 人事を発表。
  • 2005年10月15日 開館。
  • 2005年10月16日 一般公開開始。
  • 2005年10月30日 最多入館者数21,797人。
  • 2005年11月21日 入館者数50万人突破。
  • 2006年2月19日 入館者数100万人突破。
  • 2006年5月14日 入館者数150万人突破。
  • 2006年8月31日 入館者数200万人突破。
  • 2006年10月16日 開館1周年。入館者数220万人。
  • 2007年3月2日 入館者数300万人突破。
  • 2007年10月16日 開館2周年。入館者数約378万人。
  • 2007年10月31日 今上天皇皇后が常設展示を視察
  • 2008年8月14日 入館者数500万人突破。
  • 2008年12月13日 日中韓首脳会議(麻生太郎温家宝李明博)が開催される。
  • 2010年6月11日 入場者数600万人突破。
  • 2010年7月9日 国宝「奈良県藤ノ木古墳出土品」のうち、馬具「鉄地金銅張鐘形杏葉」1箇が、特別展に係る輸送中に毀損。
  • 2010年11月3日 入場者数800万人突破。
  • 2012年10月9日 入場者数1000万人突破。

特別展[編集]

指定文化財[編集]

周茂叔愛蓮図 狩野正信

国宝[編集]

重要文化財[編集]

  • 絹本著色浄土曼荼羅図(大津市・円満院伝来)
  • 紙本墨画布袋図 簡翁居敬賛 - 中国・南宋時代
  • 紙本墨画淡彩山水図 2幅 狩野正信
  • 紙本淡彩陸奥奇勝図 池大雅
  • 唐詩残篇
  • 古今和歌集巻第二・第四断簡(亀山切)
  • 大燈国師墨蹟 上堂語(凩墨蹟)
  • 孤峯覚明墨蹟 与保樹大姉法語 南北朝時代
  • 馮子振墨蹟 与放牛光林語 中国・元時代
  • 宋版圜悟心要(えんごしんよう)
  • 三尊仏龕(ぶつがん) - 中国・唐時代(長安・宝慶寺伝来)
  • 三尊仏龕 - 中国・唐時代(長安・宝慶寺伝来)
  • 銅造弥勒仏立像 - 中国・北魏時代、太平真君4年(443年)
  • 木造阿弥陀如来立像(京都府亀岡市・元明院伝来)
  • 木造観音菩薩立像(京都市・清和院伝来)
  • 木造観音菩薩立像
  • 奈良三彩壺 - 奈良時代
  • 緑釉四足壺 - 猿投窯、平安時代
  • 色絵藤棚文大皿 - 鍋島
  • 菊蒔絵手箱
  • 亀甲地螺鈿鞍
  • 油滴天目茶碗 - 中国・南宋時代
  • 芦屋楓流水鶏図釜
  • 孔雀文鎗金(そうきん)経箱 - 中国・元時代、1315年
  • 銅鐘 高麗時代、金の承安六年銘
  • 対馬宗家関連資料 14,033点
    • 印章(図書・木印)37点
    • 朝鮮国書契・書簡 16点
    • 文書・記録類 13,780点
    • 書画・器物類 200点
    • 附:文書箱 45点
  • 琉球国中山王書翰並貢物目録 23通(東京国立博物館と分有)
  • 小早川家文書(三百六通)31巻(国(文化庁)所有)
  • 白釉経筒 福岡県四王寺山経塚出土
  • 金錯銘直刀身(国(文化庁)所有)
  • 彩画人馬鏡
  • 多宝千仏石幢(せきとう) - 中国・遼時代(京都国立博物館より移管)

観覧料(文化交流展)[編集]

2014年4月1日現在

  • 大人 - 通常料金430円/団体料金220円
  • 大学生 - 通常料金130円/団体料金70円
  • 下記該当者は無料。
  • キャンパスメンバーズ会員

入館料支払いには、電子マネー[5]が使用可能。

アクセス[編集]

館長[編集]

建築概要[編集]

  • 設計 - 菊竹清訓建築設計事務所・久米設計
  • 照明 - 近田玲子デザイン事務所
  • 竣工 - 2004年
  • 施工
    • I工区
      • 建築:鹿島・間・高松特定建設工事共同企業体
      • 空調:大氣・大成温・菱熱特定建設工事共同企業体
      • 電気:きんでん・佐電工・キデン特定建設工事共同企業体
      • 衛生:空研工業
    • II工区
      • 建築:大成・西松・松尾特定建設工事共同企業体
      • 空調:三晃・大成設・大橋特定建設工事共同企業体
      • 電気:九電工・六興・島田特定建設工事共同企業体
      • 衛生:新永設備
    • I・II工区
      • 特殊消火設備:能美防災
      • 昇降機設備:ダイコー
  • 敷地面積 - 160,715m²
  • 建築面積 - 14,623m²
  • 延床面積 - 30,085m²
  • 構造 - S造、SRC造
  • 規模 - 地上5階、地下2階
  • 所在地 - 〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
  • 受賞 - 日本免震構造協会賞(2005年)、照明普及賞(2005年)

スーパーハイビジョンシアター(旧称:シアター4000)[編集]

4階の文化交流展示室内に「スーパーハイビジョンシアター」と呼ばれるスーパーハイビジョンシアターがあり、「受け継がれるおもい、小さな島の教会群」「不思議・再発見!200年前の日本地図」「じろじろ ぞろぞろ 南蛮屏風」「海の正倉院・沖ノ島」「世界をとらえた日本のわざと美」「シルクロード 敦煌の仏たち」と題した映像ソフトを10:00〜16:30の間、30分ごとに上映している。

脚注[編集]

  1. ^ 「国立博物館誘致の歩み」 博物館等建設推進会議編『文明のクロスロードMuseum Kyusyu』第72号 2002年 ISSN0287-2757
  2. ^ 福岡市博物館常設展示室(部門別)解説272「おもしろ博物館2005年
  3. ^ 身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳の3種類(本人及び条件付きで介護者1人を含む)
  4. ^ 生年月日がわかる証明書(生徒手帳健康保険証運転免許証等)の提示が必要。
  5. ^ WAONnanacoiDEdynimoca及び相互利用可能な交通系IC乗車券

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]