青森県立美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 青森県立美術館
Aomori Museum of Art
青森県立美術館(2008年5月)
施設情報
専門分野 美術品
事業主体 青森県
開館 2006年7月13日
所在地 038-0021
青森市安田字近野185
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

青森県立美術館(あおもりけんりつびじゅつかん)とは、2006年7月13日に開館した青森県青森市の郷土文化を紹介するための施設である。所在地は青森県青森市大字安田字近野地内。三内丸山遺跡の隣に位置する。「県美」と呼ばれることが多い。

概要[編集]

青森県文化観光部県立美術館開館準備局が計画を行ってきた。2005年9月には建築関係者向けの内覧会が行われ、300人の建築業界の人が全国から集まった。2005年10月30日には「始動する青森県立美術館」と題して、東京芸術大学助教授の熊倉純子をコーディネーターに、青木淳、青森出身の奈良美智、青森県知事三村申吾による「竣工記念シンポジウム」があり、青森県立美術館は抽選により選ばれた県民の見学者に一般公開された。

美術館運営に独立採算制を求める青森県知事三村申吾の意向により、開設直前に館長になると見られていた学芸員青森県立近代文学館へ更迭される。以来しばらく知事が館長兼任という体制で運営が行われていたが、2009年1月に七戸町の鷹山宇一記念美術館の館長を務める鷹山ひばりが館長に就任した。

建築[編集]

入り口のネオンサイン
  • 設計者 - (株)青木淳建築計画事務所
  • 設備設計 - (株)森村設計
  • 敷地面積 - 129536.37m²
  • 建築面積 - 7129.82m²
  • 延床面積 - 15837.41m²
  • 構造 - 鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
  • 工事期間 - 平成14年10月~平成17年9月20日
  • 工事費(既契約額) - 約110億円

伊東豊雄が審査委員長を勤めた国際建築設計競技コンペの結果、建築設計者として、建築家青木淳が入選した。地下2階、地上2階で、遺跡の発掘現場のような土の大きな溝(トレンチ)に凹凸の白い構造体を被せるという設計で、三内丸山遺跡と一体化したデザインとなっている。この、上向きと下向きの凹凸の間にできる隙間を「土の展示室」とし、それ以外は「展外展示室」や「創作ヤード」とすることで、全体が美術館として利用できるように設計されている。

美術館の中心には「アレコホール」という空間が設けられ、マルク・シャガールによって作られた、プーシキンの詩、ラフマニノフの音楽、巨匠レオニード・マシーンの振り付けによるバレエ「アレコ」の背景画3点(縦9メートル、横15メートル)を一度に傍観できる。この他、常設展示室や企画展示室、シアター(220席)、コミュニティーギャラリー、キッズルーム、コミュニティホールなどがある。また、奈良美智が、『あおもり犬』(高さ約8.5メートル)と「八角堂」の展示空間を手がけている。

美術館及びホームページで使用されているオリジナルフォント・サインは菊地敦己によるもの。

収蔵作品[編集]

郷土出身の芸術家[編集]

県外出身の芸術家[編集]

海外出身の芸術家[編集]

などの作品を展示。

開館記念展ではシャガールの数々の作品を集めた展覧会が開催された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]