ルネ・ユイグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルネ・ユイグ(René Huyghe、1906年5月3日 - 1997年2月5日)はフランス美術史家随筆家フランス学士院アカデミー・フランセーズ会員(1960年1997年)。フランス北部のアラス生まれ。

1927年ルーブル美術館の絵画部長。1951年コレージュ・ド・フランスの教授(造形芸術心理学)。国立博物館協議会の会長、ジャックマール・アンドレ美術館の館長等を歴任。1966年には「エラスムス賞」を受賞。1995年春には、在外外国人として、日本の「勲二等旭日重光章」を受章している。

1959年1974年の2度、来日している。

著書(邦訳)[編集]


前任:
ロベール・カン
アカデミー・フランセーズ
席次5

第16代:1960年 - 1997年
後任:
ジョルジュ・ヴェデル