豊田市美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 豊田市美術館
Toyota Municipal Museum of Art
Toyota Municipal Museum of Art, Kozakahon-machi Toyota 2012.JPG
施設情報
正式名称 豊田市美術館
専門分野 現代美術、近代美術、デザイン
収蔵作品数 約3000点
館長 吉田俊英
管理運営 豊田市
建物設計 谷口建築設計研究所
延床面積 11,120.75m²
開館 1995年
所在地 471-0034
愛知県豊田市小坂本町8-5-1
位置 北緯35度4分49秒 東経137度9分6秒 / 北緯35.08028度 東経137.15167度 / 35.08028; 137.15167
ウェブサイト 豊田市美術館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

豊田市美術館(とよたしびじゅつかん、英語:Toyota Municipal Museum of Art)は、愛知県豊田市にある公立美術館1995年平成7年)に開館した。市街地の中心部に近く、かつて挙母城(七州城)のあった高台の一角に建設され、建築家・谷口吉生の最高傑作として名高い。

20世紀美術デザインの収蔵、現代美術の意欲的な企画展で全国的に知られ、また芸で高名な作家・髙橋節郎の作品を収蔵する髙橋節郎館を併設している。

平成26年9月16日から平成27年10月9日(予定)までの約1年間、老朽化やバリアフリーに伴う改修工事のため長期休館する。しかし、工事業者を決める入札で、唯一参加した業者の見積もりが設定金額を上回ったため不調に終わり、業者が決まらないまま休館した。来年10月に予定されているリニューアルオープンが遅れる可能性がある。

概要[編集]

建築[編集]

豊田市美術館

建築は、土門拳記念館葛西臨海水族園丸亀市猪熊弦一郎現代美術館ニューヨーク近代美術館新館で知られる谷口吉生による。鉄とガラスのシンプルな形態のモダニズム建築で、展示や鑑賞や収蔵品の管理に対する配慮の行き届いた機能的な建築である。また、展示室から別の展示室がわずかに見えたり、順路の途中の廊下から豊田市の眺望が開けるなど、意外性や面白さも併せ持っている。

建物は地形の傾斜にあわせて、1階部分も2階部分も地面に接している。1階部分は芝生の広場に面したエントランスで、2階部分のレベルは広大な人工池に面し、アメリカ製の緑色の特殊鋼板や白いガラスを用いている美術館本体や髙橋節郎館など、回廊状に連なった四角い建築群が水面によく映えている。池の対岸には彫刻の散歩道や茶室、復元された七州城の櫓がある。ランドスケープデザインピーター・ウォーカー

茶室「童子苑」は、かつての美術館の敷地の一帯を指す「童子山」(どうじやま)という地名にちなむ[1]。また七州城の隅櫓は当時の石垣を生かして1977年に再建されたものである。隅櫓に隣接する書院は「又日亭」(ゆうじつてい)といい、明治まで寺部城の城内にあった書院である。明治年間に千足町の竜寿院に移築され、その後解体される予定であったが、1977年、隅櫓再建とともに、豊田市によって現在地に移築された[2]。茶室では美術館営業日には観客に立礼席茶会を提供しているほか、茶室・隅櫓広間・又日亭とも市民の利用に開放されている[1]

コレクション[編集]

池に浮かぶ松澤宥の作品『白鳥の歌』

コレクションは20世紀初頭の日本画アーツ・アンド・クラフツ運動、ウィーン分離派バウハウスシュルレアリスムに属する作家の美術作品、同時期の家具などデザイン作品にはじまり、20世紀の主な美術運動を網羅し、1990年代以降の日本における現代美術の作品までを収集している。特に日本の同時代作家の収集や展覧は、リアルタイムの日本美術の研究や活性化のためにも重要でユニークな活動である。コレクションでは、同じ作家の作品を複数所蔵していることが多く、所蔵作品だけで常に小さな企画展を行うことが可能である。またアルテ・ポーヴェラなど戦後のイタリア美術の作品ほか、ヨーロッパの戦後美術の主要な作家に力を入れている。その他、遺族からまとまった寄贈を受けた小堀四郎宮脇晴宮脇綾子の作品を多数所蔵し、記念室で常設展示を行っている。サルバドール・ダリの作品の中でも極めて質の高いものを収蔵しているが、何故かあまり注目されていない。

展覧会活動[編集]

髙高橋節郎館

大規模巡回展の誘致ではなく、コレクションを軸にした活動を行っており、コレクションの常設展示に特に力を入れている。時代順に所蔵作品を並べるのではなく、展示室ごとに「テーマ展」と称する小規模な展覧会を随時行い、所蔵する作品を作家別やテーマ別に切り口を変えて展示している。また、企画展も20世紀初頭から現代のものまで、コレクションに関連したテーマで行っており、全国的に見ても特に意欲的な自主企画をすることが多い。その他、コレクションに直接関係はないが、バチカン美術館などイタリアに関連した古代・中世の美術品などの大型展覧会を行うことがある。

ワークショップ、教育普及[編集]

美術作家を招いて、児童生徒らに対する教育普及活動やワークショップも頻繁に行われる。美術家・川俣正による『ワーク・イン・プログレス:プロジェクト・イン・トヨタ・シティ』(1999年 - )では、豊田市の中心部の矢作川に木材を使って遊歩道、東屋、展望台などを設置するプロジェクトを、観客やボランティアとともに進めているところである。なお、当該プロジェクトの総合プロデューサーは『さんまのSUPERからくりTV』(TBS)への出演でも知られる、デザインプランナー・クラシック音楽評論家の加藤淳であることはあまり知られていない。

問題点[編集]

場所も特に悪くなく、美術館建築も入りやすい雰囲気のものであるが、高台のやや市街から隔たった場所にあること、評価の定まらない同時代美術や、あまり一般的でない20世紀美術を扱うことから、観客が大勢集まるといったようなことはない。このため、市民や議会から美術館の路線について批判を受け、今後を検討する委員会が開かれて議論が交わされたことがある。

主な所蔵品[編集]

建物と一体型の作品[編集]

ジョセフ・コスース『分類学(応用) No.3』、およびジェニー・ホルツァー『豊田市美術館のためのインスタレーション』

建物外部の作品[編集]

日本画[編集]

  • 菱田春草 『春色』『鹿』
  • 速水御舟 『果物(林檎)』『菊に猫』
  • 今村紫紅 『秋風五丈原』『大井川』
  • 安田靫彦 『風来仙人』『梅花定窯瓶』
  • 村上華岳 『牡丹花遊蝶之図』『瞻部樹下悉達太子禅定之図』『山澗含春図』

日本洋画[編集]

  • 岸田劉生 『麗子洋装之図(青果持テル)』『自画像』
  • 藤田嗣治 『自画像』『美しいスペイン女』
  • 熊谷守一 『高原の秋』『シヂミ蝶』

日本の近代彫刻[編集]

日本の戦後美術[編集]

  • 松澤宥  『白鳥の歌』
  • 斉藤義重 『三ツノ円 A』『作品』『作品 10』
  • 猪熊弦一郎 『都市概念』
  • 白髪一雄 『無題』
  • 吉原治良 『無題』
  • 元永定正 『作品 65-3』
  • 河原温 『"TODAY"シリーズより』連作(1971年5月分)、『100万年(過去)』
  • 草間彌生 『No.AB.』『チェア』
  • 堀内正和 『D氏の骨抜きサイコロ』
  • 篠田守男 『TC-5113 DOG RACE 1, TC-5204 DOG RACE 2』
  • 若林奮 『大風景』『熱変へ II』『胡桃の葉』
  • 高松次郎 『赤ん坊の影 No.122』『紐(黒)』『布の緩み』『板の単体』ほか多数
  • 李禹煥 『点より』『線より』『風より』『風とともに』『照応』ほか多数
  • 野村仁 『'moon' score』シリーズ、『宇宙はきのこのように発生したか?』『赤道上の太陽』ほか多数
  • 彦坂尚嘉 『P.W.P73(緑神太鼓)』『P.W.P124 絵画都市(自転車)』
  • 北山善夫 『図 絵画』シリーズ、ほか多数
  • イケムラレイコ 『ドローレス』『黒に浮かぶ』ほか多数
  • 川俣正 『ワーク・イン・プログレス:プロジェクト・イン・トヨタ・シティ』
  • 中原浩大 『無題(レゴ・モンスター)』『果物グラフ』ほか多数
  • 小沢剛 『グローブ・ジャングル』
  • 大岩オスカール幸男 『エイジアン・ドラゴン』『古代美術館』
  • 会田誠 『あぜ道』

日本の工芸[編集]

  • 黒田辰秋 『赤漆彫華紋飾手筐』『楠杢拭漆器局』『欅拭漆飾棚』ほか多数
  • 河井寛次郎 『碧釉扁壷』

海外の美術[編集]

海外のデザイン[編集]

建築概要[編集]

  • 竣工:1995年
  • 設計:谷口建築設計研究所
  • 延床面積:11,120.75m2
  • 階数:地上3階、地下2階
  • 展示室:展示室1~5(常設展示室)、展示室6(小堀四郎室)、展示室7(宮脇清・綾子室)、展示室8(企画展示室)、展示室9(市民ギャラリー)、髙橋節郎館展示室1~2
  • アメニティ施設:レストラン、ミュージアムショップ併設
  • 所在地:〒471-0034 愛知県豊田市小坂本町8-5-1

交通[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]