大阪市立美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 大阪市立美術館
Osaka municipal museum of art01s3200.jpg
施設情報
専門分野 日本美術、東洋美術
事業主体 大阪市
延床面積 7,006平方メートル
開館 1936年5月1日
所在地 543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
位置 北緯34度39分0.4秒
東経135度30分37.9秒
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

大阪市立美術館(おおさかしりつびじゅつかん)は、日本の大阪府大阪市天王寺区にある美術館。館の所在地は住友家本邸のあった場所で、住友家から美術館の建設を目的に日本庭園慶沢園」とともに敷地を寄贈され、1936年(昭和11年)に開館した。名誉館長(前館長)は蓑豊

施設[編集]

本館は伊藤正文海上静一によって設計された。1927年(昭和2年)12月より建設に着手され、途中工事が中断されるなどしながら10年近くの歳月を費やして1936年(昭和11年)4月完成した。鉄骨鉄筋コンクリート構造の地下1階、地上3階、塔屋1階付にして建築面積は4,033平方メートル、延床面積は12,716平方メートルである。

1942年(昭和17年)、陸軍に接収され高射砲第3師団司令部が置かれ、1945年(昭和20年)より1947年(昭和22年)までは占領軍が接収したため活動休止を余儀なくされた。

美術団体展を複数並行して行える地下展覧会室(4室)が1992年(平成4年)増築された。併設されている美術研究所では素描、絵画、彫塑の実技研究を行っており、ここから日本画、洋画、現代美術、建築など多くの作家を輩出してきた歴史がある。

主な収蔵品[編集]

正面入口
中央ホール
伏生授経図 伝・王維筆(重要文化財)

大阪市立美術品の所蔵品には個人コレクションの寄贈または購入によるものが多い。市による購入の他、主に大阪市民などのコレクターの寄付で8,000点を超える収蔵品が形成されてきた。仏教美術エトルリアなど地中海文明の美術、充実した中国の絵画や書、日本の江戸期・明治以降の絵画、ほか金工漆工陶磁など貴重な工芸品を数多く有する東洋美術の宝庫である。

代表的なものに、中国書画の阿部コレクション、中国石仏の山口コレクション、日本の蒔絵、根付、印籠等のカザール・コレクション、日本古美術の田万コレクションなどがある。また、展示品の中には大阪府を中心とした関西地区の社寺からの寄託品もある。日本の国公立美術館の中でも歴史は古く、美術団体展や大規模企画展の貸し会場となるだけではなくコレクションを持ち常設展示をする意向が当初からあった。

重要文化財[編集]

  • 絹本著色伏生授経図 1巻 伝王維 宋時代(唐画の模本か)(阿部コレクション)
  • 紙本墨画明妃出塞図(めいひしゅっさいず)宮素然筆 中国・金時代(阿部コレクション)
  • 絹本淡彩盤谷図 董其昌筆 明時代(阿部コレクション)
  • 尾形光琳関係資料 一括 小西家伝来(明細は後出)
  • 絹本著色潮干狩図 葛飾北斎
  • 絹本著色木村蒹葭堂像 谷文晁筆(大阪府所有)
  • 堀河中納言家歌合・一条大納言家歌合
  • 米芾(べいふつ)草書四帖 宋時代 
  • 蘇軾(そしょく)書李白仙詩巻 宋時代(阿部コレクション) 
  • 天命極楽律寺尾垂釜 文和元年(1352年)
  • 萩薄扇面双雀鏡(田万コレクション)
  • 松喰鶴鏡(田万コレクション)
  • 湯瓶(田万コレクション)
  • 大和国横井廃寺址出土品(田万コレクション) - 金銅菩薩立像一、山雲双鸞鏡一、銅銭八、銅鋺残闕一箇分、刀装具残片若干等

以上の重要文化財は大阪市・大阪府所有物件のみ。他に寺院、神社などからの寄託品が多数ある。

慶沢園から望む館

尾形光琳関係資料(重要文化財)の明細[編集]

  • 紙本墨画図案小品集(18図)1帖
  • 紙本墨画円形図案集(33図)1帖
  • 紙本墨画衣裳図案集 3冊
  • 紙本墨画及淡彩画稿類 4幅9巻
    • 桜花山水図、唐美人図、業平東下り図、松鶴図、大黒天及人物図(6図)、歌仙図(6図)、 花卉図(7図)、人物花卉図等、人麿図、表梅花裏人物図、達磨図、鶴及虎図(3図)、梅蒔絵箱図案
  • 自筆書状及文書(4通)3巻
  • 装束付百二十番 1冊
  • 諸能仕様覚書 1冊
  • 花伝抄 1冊
  • 尾形宗謙書状等(14通)1巻
  • 尾形宗謙書状(2通)1巻
  • 尾形宗謙譲状(3通)1巻
  • 和歌 尾形宗謙筆(3首、草花下絵)1巻
  • 詩歌 尾形宗謙筆 1巻
  • 尾形藤三郎文書(2通)1巻
  • 尾形乾山書状(5通)2巻
  • 尾形家・小西家文書(6通)1巻
  • 小西家文書 7通
  • 附:俳句井に日月図 1巻
  • 附:扇子 1握

その他の主な収蔵品[編集]

交通[編集]

市立近代美術館計画[編集]

このほかに、大阪市は19世紀以降の近代美術現代美術のコレクションを形成している。その中には、日本画北野恒富島成園、写真の安井仲治、現代美術の吉原治良など大阪を舞台に活躍した作家、佐伯祐三ら大阪にゆかりのある作家、モディリアーニコンスタンティン・ブランクーシゲルハルト・リヒターなど海外の重要な作家の作品がある。佐伯祐三の作品を一括して寄贈されたことがきっかけとなり、1988年、市制100年を記念して大阪市立近代美術館建設計画が発表され、以後コレクションの形成が進んできた。特に16億円で購入したモディリアーニの作品は話題となり議論を呼んだ。

大阪市立近代美術館は、中之島にある国立国際美術館北隣の大阪大学医学部跡地に建設される予定だった。1998年には近代美術館基本計画委員会が「近代美術館基本計画」の答申を行い、延床面積24,000平方メートルの建物を、敷地面積16,900平方メートルの土地に整備費280億円で建設する計画だった[1]。しかし、予定地から蔵屋敷跡が発掘されたことに加え、市が財政難に陥り建設費(約280億円)が捻出できず計画は凍結状態となった。2004年(平成16年)からは長堀通沿いの東急ハンズ心斎橋店傍にある出光美術館跡のスペースを、「大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室」という名前で使用して所蔵品の展示を行ってきた。建設予定地だった中之島の土地は時間貸し駐車場となっているが、2007年(平成19年)新年度予算案に約500万円を調査費として計上し、当初の事業計画を見直した上で約5年ぶりに建設に向けて事業が再開されることとなった。

2010年には「近代美術館あり方検討委員会」が設置され、翌2011年には「大阪市立近代美術館整備計画(案)」が発表され[1]、1998年の答申より規模は縮小されることになった。2012年11月25日には大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室は閉館している。

2013年には大阪市の戦略会議が中之島への新たな美術館の建設を決定し、その中で天王寺の市立美術館を中之島の新美術館に統合して、古代から現代までを扱う総合美術館とすることも検討された[2]。後に美術館の統合は行わず経営のみを統合することとなったが[3]、この過程で新しい美術館の建設準備室は「近代美術館建設準備室」から「大阪新美術館建設準備室」へと名称を変更している。

脚注[編集]

  1. ^ a b 大都市で暮らす楽しさ、豊かさを実感できる美術館~「文化が薫る都市格を備えたまち」の実現~ 大阪市立近代美術館整備計画(案)を発表します
  2. ^ 新しい美術館の整備事業について(平成25年2月18日)
  3. ^ 新美術館を含めた大阪市の美術館のあり方について(平成25年6月19日)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]