国画会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国画会(こくがかい)とは、美術家の団体。

概要[編集]

伝統的な文展の審査のありかたに不満・疑問を持った京都在住の日本画家、入江波光小野竹喬榊原紫峰土田麦僊野長瀬晩花村上華岳によって、“西洋美術と東洋美術の融合と、新しい日本画の創造”を目指し、大正7年(1918年)に「国画創作協会」として結成された。展覧会は「国展」と称する。

当初、日本画部と洋画部の2部を擁したが昭和3年(1928年)に解散、第2部が国画会として独立。以後、絵画部に版画部・彫刻部・工芸部・写真部を加え、5部による美術団体として、昭和20年(1945年)を除き、毎年春期に東京都立美術館にて公募展を開催。平成19年(2007年)より、国立新美術館に国展の会場を移している。

日本画部の有志は昭和3年(1928年)に「新樹社」を結成したが、会員間の確執から昭和6年(1931年)に会員が大量に脱退し、活動停止した。

外部リンク[編集]