中山岩太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中山 岩太(なかやま いわた、1895年8月3日 - 1949年1月20日)は、戦前の日本新興写真を代表する写真家の1人。福岡県柳川市出身。

1918年東京美術学校臨時写真科を卒業(第1期生)すると、農商務省の派遣で、アメリカカリフォルニア大学で学ぶ。その後、ニューヨークにて、菊地東陽のスタジオで働いたり、「ラカン・スタジオ」を開設したのち、1926年には渡仏。マン・レイ未来派エンリコ・プランポリーニと知り合う。

1927年に日本に帰国したのちは、芦屋カメラクラブハナヤ勘兵衛ら地元の写真愛好家を集め結成し、欧米での経験を生かして活躍。

1932年には、野島康三木村伊兵衛と雑誌『光画』を創刊。

日本の戦前において、福原信三と並んで、海外の同時代の写真を、自分の身をもって体験した数少ない写真家の1人で、海外の前衛的な写真動向を的確に理解・消化し、帰国後、自作を持って、広く紹介した。フォトグラムフォトモンタージュなど、高度な技術をも駆使して、スタジオ内で作り上げられた華麗な作品群は、単なるヨーロッパ前衛写真物まねにとどまらず、中山独自の美意識を十分に表現したものとなっており、戦前の日本の写真の1つの到達点として、高く評価できる。

日本における主要展覧会[編集]

  • 写真のモダニズム 中山岩太/ザ・コンテンポラリー・アートギャラリー(西武池袋店6F)/1985年
  • 写真のモダニズム2 知られざる中山岩太/ザ・コンテンポラリー・アートギャラリー(西武池袋店6F)/1989年
  • モダンフォトグラフィ 中山岩太展/芦屋市立美術博物館・渋谷区立松濤美術館/1996年~1997年
  • 芦屋カメラクラブ 1930-1942/芦屋市立美術博物館/1998年
  • 甦る中山岩太:モダニズムの光と影/東京都写真美術館/2008年12月13日(土)-2009年2月8日(日)

日本語による主要参考文献[編集]

  • ハイカラに、九十二歳 写真家中山岩太と生きて/中山正子(未亡人)/河出書房新社/1987年
  • 「モダンフォトグラフィ 中山岩太展」カタログ/芦屋市立美術博物館・渋谷区立松濤美術館/1996年
  • 中山岩太(日本の写真家・第7巻)/岩波書店/1998年
  • 中山岩太―Modern photography/芦屋市立美術博物館編/淡交社/2003年

関連項目[編集]