東京都美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 東京都美術館
Tokyo Metropolitan Art Museum
Toukyoutoartmuseum.jpg
施設情報
前身 東京府美術館
専門分野 美術館
管理運営 公益財団法人東京都歴史文化財団
開館 1926年
所在地 110-0007
東京都台東区上野公園8-36
位置 北緯35度43分1.87秒 東経139度46分22秒 / 北緯35.7171861度 東経139.77278度 / 35.7171861; 139.77278
アクセス JR・東京メトロ上野駅
京成本線京成上野駅より徒歩
ウェブサイト http://www.tobikan.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

東京都美術館(とうきょうとびじゅつかん)は上野恩賜公園内にある美術館

歴史[編集]

設立までの沿革[編集]

明治後期から大正にかけて日本の美術界では、美術館、特に明治以降の日本画や洋画など同時代の美術を展示する近代美術館の必要性が議論されていた。内国博覧会の際に建てられた仮設の美術館などが展覧会に使用されていたが、設備は不十分なものであった。文部省による美術館建設の構想はあったが、予算不足のため頓挫していた。そうした折、北九州の石炭王と言われた佐藤慶太郎から東京府に100万円の寄付金が申し出され、それをもとに1926年(大正15年)、東京府美術館が建設された(岡田信一郎設計)。

設立当初の美術館の性格[編集]

当初から美術品のコレクションはほとんど持たず、美術界の要望もあって国展二科展といった公募展やフランス現代美術などの企画展(主に新聞社などの主催)を中心としていた。このため、豊富なコレクションを持つ欧米の美術館に比べ貧弱であり、特定団体が優先的に使用する貸し館に過ぎないなどと批判も受けてきた。

こうした東京府美術館の性格は、美術への関心が高まる一方で、美術展覧会(団体展、企画展)に使える会場は、博覧会のときに設置される仮設会場や呉服店(デパート)の一角、あるいは小規模なギャラリー程度しかなく、まず様々な展示ができる会場が求められていたことに由来すると考えられる。また、近現代の日本美術は、歴史に根ざした蓄積の上に立って現代や未来を形作っていくものなのではなく、西欧の近代美術の営みを近代化の一環として導入することによって始まり、海外から導入した現代的な先端こそを啓蒙する行為として行われてきた要素が強いことも無視できない。そして、博物館の一種としてコレクションという資産(ストック)を重視する欧米の美術館と異なり、特別展での動員人数(フロー)を重視する展示場的な要素を主体とする傾向は以後日本の美術館を支配することになる。

コレクションを持った近代美術館の登場は、倉敷の大原家が開設した大原美術館や、1933年(昭和8年)に誕生した京都市美術館、戦後の国立近代美術館を待たねばならない。

新館の建設とコレクション形成[編集]

入場ゲート

開設当時の建物が老朽化した上、来館者や使用団体の増加に対応できなくなったので、1968年(昭和43年)に今後のあり方が検討された。ここではじめて公募展への貸し館機能を拡充させながら、独自の現代美術コレクションを構築・展示し、都民への教育活動もあわせて行う機能をもつ美術館をめざすことになり、1971年(昭和46年)に美術館に隣接する野球場に新館を建設することが決定した。そして1975年(昭和50年)に前川國男設計・大林組建設により総工費50億円の新館が完成した。これ以降、貸し館以外の自主事業として、自主企画展覧会の開催や美術図書室の運営を行うようになった。なお、開設当時からあった旧館の建物は取り壊しとなり、上野恩賜公園の敷地となった。

1995年(平成7年)に東京都現代美術館が開館すると、現代美術コレクションの収蔵品や常設展示や関連図書はそちらに移管され、再び公募展への貸し館とマスコミとの共催による企画展を中心に行うようになった。1996年(平成8年)から東京都教育文化財団が運営を行い、1999年(平成11年)からは同財団が組織変更した東京都生涯学習文化財団が運営を行った。

2002年(平成14年)以降は東京都歴史文化財団が運営を行っている。なお、東京都美術館はまたもや公募展数の増加や作品数の増加などで、展覧会を十分に捌く物理的能力に限界をきたしたことから、公募展側の要望もあって、国が巨費を投じて六本木に新しい貸し会場となる国立新美術館を設置・運営することが決まり(ナショナル・ギャラリー構想)、国立新美術館は2007年に開館した。

新館の大規模改修工事と再開業[編集]

1975年(昭和50年)に竣工した前川國男設計の新館が築30年を超えたことから大規模改修工事が行われることになり、2010年(平成22年)4月5日より休館し、2年間の工期を経て、2012年(平成24年)4月1日に公募展示室、レストランミュージアムショップ、美術情報室、アートラウンジなどがリニューアルオープンした。同年6月30日には企画展示室もリニューアルオープンし、これをもって全館リニューアルオープンとなった。リニューアルオープン記念として6月30日から開催された展覧会「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」[1]の入場者数は、2012年度に開かれた世界中の展覧会の中で最多となった[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【特別展】リニューアルオープン記念「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」東京都美術館
  2. ^ Attendance survey 2012: Tour de force show puts Tokyo on topThe Art Newspaper 28 March 2013

関連項目[編集]

外部リンク (公式サイト以外)[編集]