梅原龍三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1952年

梅原 龍三郎(うめはら りゅうざぶろう、1888年明治21年)3月9日 - 1986年昭和51年)1月16日)は、日本の洋画家京都府京都市下京区生まれ。1914年(大正3年)までは梅原 良三郎(うめはら りょうざぶろう)を名乗った。

ヨーロッパで学んだ油彩画に、桃山美術琳派南画といった日本の伝統的な美術を自由奔放に取り入れ、絢爛な色彩と豪放なタッチが織り成す装飾的な世界を展開。昭和の一時代を通じて日本洋画界の重鎮として君臨した。

来歴[編集]

梅原は京都府京都市下京区に生まれた。生家は染物問屋だった。京都府立第二中学校(現・京都府立鳥羽高等学校)を中退し、伊藤快彦の画塾・鍾美会で学んだ後、浅井忠が主催する聖護院洋画研究所(現・関西美術院)に入った。同時期に安井曾太郎も学んでいた。

1908年(明治41年)、後に美術史家となる田中喜作と共にフランスに留学。パリに滞在しアカデミー・ジュリアンに通った。翌年にはルノワールの指導を受ける機会を得た。知人の有島生馬を通して1910年(明治43年)にはルノワールやパリの芸術についてを雑誌『白樺』に寄稿している。

1913年(大正2年)に帰国すると、白樺社の主催により東京神田で個展「梅原良三郎油絵展覧会」を開催。このとき白樺社同人の武者小路実篤志賀直哉柳宗悦らの知遇を得た。翌1914年(大正3年)には二科会の設立に関わる。この年洋画家・亀岡崇の妹・艶子と結婚。二人の間には翌年長女・紅良が、その3年後には長男・成四が生まれた。1920年(大正9年)には前年に死去したルノワールを弔問する名目で再び渡仏している。

その後は、1922年(大正11年)に春陽会の設立に参加、数年後にその春陽会を去ると、1925年(大正14年)には土田麦僊の招きで国画創作協会に合流し、国画創作協会洋画部、通称「第二部」を設置した。3年後に協会が解散することになると、洋画部は独立して国画会となった。

1935年(昭和10年)には帝国美術院(現・日本芸術院)会員となる。1944年(昭和19年)には帝室技芸員[1]となり、またこの年には東京美術学校(現:東京芸術大学)教授にもなっている。

1952年(昭和27年)に日本が主権を回復し海外渡航が再びできるようになると、梅原は早速東京美術学校教授を辞任して渡欧、ヴェネツィア・ビエンナーレの国際審査員を務めた。同年文化勲章受章。翌1953年(昭和28年)に軽井沢アトリエを設けた。1957年(昭和32年)には日本芸術院会員をはじめさまざまな役職を辞し、以後は渡欧を繰り返して自由な立場から制作に励んだ。少年時代からの良きライバルだった安井曽太郎とともに洋画界の頂点を極め、「日本洋画壇の双璧」と謳われたのもこの頃である。

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 梅原龍三郎『ルノワルの追憶』 養徳社、1944年
  • 梅原竜三郎『ベニスとパリ』 求竜堂出版部、1954年

画集[編集]

  • 『梅原竜三郎画集』 アトリエ社、1926年
  • 『梅原竜三郎画集 1926年至1930年作品』 番町書房、1931年
  • 『梅原竜三郎画集』 春鳥会、1933年
  • 『梅原竜三郎小品版画集 第1至4』 加藤潤二、1937–39年
  • 『梅原竜三郎近作画集』 石原求竜堂、1940年
  • 『梅原竜三郎北京作品集』 石原求竜堂、1944年
  • 日本現代画家選『梅原竜三郎 第1–3』 美術出版社、1953-54年
  • 『梅原竜三郎仏伊近作画集』 朝日新聞社、1957年
  • 『梅原竜三郎 第1–3部』 求竜堂、1958–73年
  • 『梅原竜三郎 自選画集』 読売新聞社、1960年
  • 『梅原竜三郎 1964–1965 Cannes, Paris, Versailles』 求竜堂、1965年
  • 『梅原竜三郎』 三彩社、1970年
  • 座右宝刊行会編『現代日本美術全集 12 梅原龍三郎』 集英社、1971年
  • 『日本の名画 46 梅原龍三郎』 講談社、1973年
  • 『梅原竜三郎の字』 求竜堂、1974年
  • 『日本の名画 18 梅原龍三郎』 中央公論社、1977年
  • 『天衣無縫』 求竜堂、1984年
  • 『梅原龍三郎版画集』 エディトリアルさあかす、1987年
  • 『梅原竜三郎 生誕百年記念』 集英社、1988年
  • 岡村辰雄『「書簡集」梅原竜三郎先生の追憶』 岡村多聞堂、1995年
  • 『梅原龍三郎』 新潮社、1998年、のち新潮日本美術文庫

補注[編集]

  1. ^ 『官報』第5239号、昭和19年7月3日

参考文献[編集]

  • 真船豊『梅原竜三郎』 石原求竜堂、1944年
  • 高峰秀子『私の梅原竜三郎』 潮出版社 1987年、のち文春文庫

外部リンク[編集]