浅井忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅井忠
浅井忠
浅井忠
生誕 安政3年6月21日1856年7月22日
江戸佐倉藩中屋敷)
死去 明治40年(1907年12月16日
国籍 日本の旗 日本
分野 洋画家
影響を受けた
芸術家
国沢新九郎アントニオ・フォンタネージ
テンプレートを表示

浅井 忠(あさい ちゅう、安政3年6月21日1856年7月22日) - 明治40年(1907年12月16日)は、明治期の洋画家。教育者としても貢献した。

生涯[編集]

江戸佐倉藩中屋敷に藩士・浅井常明の長男として生まれる。少年時代は現在の佐倉市将門町で1863年から1872年までを過ごし佐倉藩の藩校・成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身。父・常明は、この成徳書院の校長をしていたこともある)で四書五経などの儒教武芸を学ぶかたわら、13歳の頃から佐倉藩の南画家・黒沼槐山花鳥画を学び、「槐庭」(かいてい)の号を与えられ、この頃から才能の一端を現した。

1873年に上京。はじめは英語の塾で学んでいたが、1875年彰技堂国沢新九郎の指導のもと油絵を学び、1876年工部美術学校に入学、西洋画を学び特にアントニオ・フォンタネージの薫陶を受けた。卒業後は、新聞画家としての中国派遣などを経て、1889年には忠が中心になって明治美術会を設立した。1894年日清戦争に従軍。1895年、京都で開催された第4回内国勧業博覧会に出品して妙技二等賞受賞。1898年東京美術学校(現在の東京芸術大学)の教授となる。その後、1900年からフランスへ西洋画のために留学した。

1902年に帰国後、京都高等工芸学校(現在の京都工芸繊維大学)教授となり、個人的にも、1903年聖護院洋画研究所(1906年関西美術院)を開いて後進の育成にも努力した。安井曽太郎梅原龍三郎津田青楓向井寛三郎を輩出しており、画家としてだけではなく教育者としても優れた人物であった。また、正岡子規にも西洋画を教えており、夏目漱石の小説『三四郎』の中に登場する深見画伯のモデルとも言われる。

1907年12月16日没。墓地は京都の金地院

代表作品[編集]

  • 「春畝」(東京国立博物館蔵・重要文化財指定)
  • 「収穫」(([東京芸術大学]]蔵・重要文化財指定)
  • 「グレーの秋」(東京国立博物館蔵)
  • 「グレーの洗濯場」
  • 「雲」
  • 「農家(日傘のある風景)」
  • 「八瀬の秋」
  • 「漁婦」
  • 「藁屋根」
  • 「農夫とカラス」
  • 「フォンテンブローの森」
  • 「桜」
  • 「裸婦座像」
  • 「八王子付近の街」(愛知県美術館蔵)

関連文献[編集]

  • 「浅井忠」新潮日本美術文庫・第26巻(新潮社) ISBN 4106015463

関連項目[編集]

外部リンク[編集]